今月も行ってまいりました。富士山

今回は閉山後の9月30日


予報では

「天気は良いが山頂は強風が吹き荒れる」と

風速が20M近いそうなのでちょっと注意です。


麓の「水ヶ塚公園」から富士山を見上げると・・・



ん~見事な傘雲!

山頂は強風確定です。


開山期中は毎日行われたマイカー規制も終わり

ようやく車で行ける富士宮ルート



個人的には一番好きなルート

「富士宮ルート(富士宮登山道)」

簡単にどんな登山道紹介しますと


一般的な4登山ルート

(常軌を逸したこれ以外のルートも多数存在しますが(笑))の中で

   一番登り始めの標高が高くて

   山頂までの距離が短い

それが富士宮ルートの特徴

その分傾斜が「他のルートよりきつい」

と言われますが店長はあまり気になりません。


比較的短時間で登れるので
登山後に麓で観光がゆっくりできるのも

もう一つの嬉しい理由です。


到着!

富士宮ルート5合目、標高はすでに2400M



いい天気です。風が少し出てきましたが

紅葉がきれいな秋の富士山


では早速登って行きましょう!(高度順応を忘れずに!)

15分ほど登ると6合目の山小屋

「雲海荘・宝永山荘」到着



現在、唯一営業しているのがこちらの2軒


山小屋のとなりにある山頂に続く登山道は

閉山を告げる看板が設置されていて



これから山頂までの道のりは

営業中の山小屋は一切なし

完全「自己責任」の登山となります。

トイレもありません・・・


それでは登ります

ひたすら登り



まず「新7合目 御来光山荘」



そして「元祖7合 山口山荘」



「8合目 池田館」

ここは5合目の駐車場から見える一番高位置にある山小屋で

鳥居などもあるので始めての方は

山頂と勘違いすることの多い山小屋。

店長も初めて登った時、

この先のまだまだ遠い山頂をみて

心が折れそうになりました(マジかー!って 笑)


さぁ、まだまだ登ります・・・



「9合目 万年雪山荘」



(7月1日同場所にて撮影)
7月1日時点では3M近い残雪がありましたが

今は全然ありません。

子連れ登山だとこのあたりの残雪で

子供はすごくテンションがあがったりして・・・

「あと少しだから雪遊びして登ろうね」

と子供を雪ではぐらかす重要なポイントです。(苦笑)


かなり高度を上げました。離れ笠雲らしきも確認できます。


写真では分りませんが
風がかなり強くなってきました。時折キツイ突風が吹いてます・・・


「9.5勺 胸突山荘」に到着



山頂まで最後の山小屋

いよいよあとわずかでゴールです。

このあたりは通称「胸突き」高い標高とここまでの登山で

胸を突くような苦しさからこのように呼ばれます。

一番の頑張り所ってことです・・・


昔ここで見知らぬお父さんがお子さんに

「ここにタクシーあんのか!」

「ないだろ自分で登らないとダメなんだよ!」

って訳わかんないこといってキレてました・・・

子供は高山病のようでした

子連れ登山はとくに行動が制限されますので

子供中心の登山計画を立て状況に応じては下山する勇気も必要です。

体力違うんですから

子供と大人とでは・・・


ここまで来たらゴールは目の前!

頑張って登ると・・・



山頂手前の鳥居

を潜り・・・


やりました!山頂到着

丁度3時間、まずまずのタイムです。



山頂の「浅間神社奥宮」は建て替え工事中

ですが・・・

すごい!ほとんどできてる?

7月の時は前の社殿がまだ建てましたが

この3が月で姿が一変!新品です。



笠雲の中に入ってるので

風が強く火口もガスが掛かっています。



人を寄せ付けない雰囲気

コワイです。これが今噴火したら一たまりもありません。

大自然の驚異です。


寒いにで早々に下山します。

下山途中で

富士山のレジェンド「實川欣伸さん」と遭遇!!

(実は7月にもお会いしてます。)



御年69歳にして富士山登山回数1673回の日本新記録を樹立

18時間不眠不休で0合目(海岸)からの登頂や

一日2往復の富士登山

通称「2登」を当たり前のようにこなす超人

息一つ乱れず優雅に里山を歩くがごとくの足取りは

これぞまさに「レジェンド」

私、店長など足元にも及びません。

これからも応援してます!


引き続き下山中・・・

途中天候が急変!



あっという間にガスが・・・

こんなことも普通に起こります



下山後の駐車場では軽く雨も降り始め・・

もう一回登って2往復する予定でしたが・・・

自分の器量を判断して中止

でも無事1回登り下りできたので良かったです。


ちなみに冒頭の「水ヶ塚公園」

帰りの風景は・・・



恥ずかしがり屋の富士山は完全に雲の中


時間はまだ12時30分

時間がたっぷりあるので予定を変更して

世界遺産めぐり


構成資産の一つ

「富士御室浅間神社」



広い境内に



立派な社殿です。珍しい作りで

かなり古い歴史があります。



カエルもいます(笑)


次に

「河口浅間神社

ちなみにこちらの神社は「センゲン」じゃなく「アサマ」

と読みます。



ひっそりとした森の中に



威風堂々の社殿

かなりデカイ!何100年も富士山を見守り続けてます。


さぁ~今日も!

いっ~ぱい!!富士山を堪能させて頂きました!

賑やかな夏山シーズンもいいですが

閉山後の静かな富士山もまたいいものです。

風が吹きちょっと寒かったですがまだ全然登れると

店長は思います。

逆におすすめです

今の富士山。


今度はうっすら雪でも降った時に遊びに行きますかねぇ~


話は変わりますが・・・

今回の御嶽山、犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

富士山もいつ噴火してもおかしくないと言われています。

悲劇があっては困りますが

自己責任であるがゆえの登山

自分の身をしっかり守るためにも

店長も次回からはヘルメットの導入を検討しています。


ここまでご覧いただきありがとうございます!


最後に番外編

リニアの実験線



早く乗ってみたい未来乗り物

昔「つくば万博」ではじめて乗ったリニアは今でも

強烈に覚えてます!


景色がほとんど見られないのは残念ですが

その超スビードを早く体験したいものです。





AD