ゲーム障害

テーマ:

ゲームのし過ぎに注意とは、夏休みになって親が子供に促す

 

正直、子供だけではなく夢中になっている親の方も・・・

 

 

 

夢中になるのが【依存行動】

 

それをするごとに、脳に快感物質が出る。

毎日するうちに快感物質が出るのが当たり前となって、

出ないのが異常だと認識して、脳がその行動を促す。

 

 

こう話すのは、国内で初めてインターネット依存外来を開設した

国立病院機構久里浜医療センターの三原聡子先生。

 

 

特に、思春期の子の脳は、欲望を抑える部分が発達段階で、

理性が欲望に負けやすいそうです。

 

 

でも、

 

これって、思春期の子供だけ?

 

そういう、大人は?

 

 

ゲームには夢中にさせる仕掛けが盛りだくさん!

 

その結果、昼夜逆転の生活、体力低下や食生活の乱れ

睡眠障害など・・・

 

 

何かに依存するのは、孤独やストレスも関係が?!

 

 

リアルの生活での達成感や充実感がないことが、

ゲーム(ネット)依存に走らせる一因にもなっている。

 

 

リアル生活でのコミュニケーションが不得意

ならば、ネットでのコミュニケーションは大丈夫なんでしょうか?

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巣作りを始めて、卵を発見したのが約1か月半前

 

 

 

 

 

無事に4羽が生まれて

 

 

 

 

 

巣立つっていきました。

 

 

 

 

巣作りから巣立ちまで約1か月半の間、親鳥2羽は休み間もなく動き回ってました。

 

この雛が大人になって帰ってくるのは、数パーセントの確率らしいのです。

 

遠くに飛んで行って、帰ってくる間には多くの難関が待ち受けているようです。

 

 

たった1っヵ月半で世の中に出ていって生きていくツバメ

 

人間の子は1っヵ月半では巣だってはいけません。

 

 

今頃、大空を元気よく飛んでいたらうれしいなぁ~

 

 

 

 

 

           家庭で喜ばれる、足から脳へのリラクゼーション 
                 足からの心とからだの健康法

            【足操術(そくそうじゅつ)講習】
 

 

足を気持よく揉んで脳内モルモンや自律神経に働きかける♪
 

「足操術」は、リラックスを目的としたリフレクソロジーや足ツボ。 リンパマッサージやスポーツマッサージと異なり、足を揉むのですが、自律神経とホルモンの中枢に働きかける脳科学・精神医学的側面から編み出されました。
 

ご病気をお持ちのご家族に対してご指導している手法です。
 

脳にアプローチする【間脳調整法】と呼ばれ、ストレスなどによりバランスを失った脳を鎮め、自律神経・ホルモン・脳内神経伝達物質・中枢神経の興奮を鎮める・・・などに作用する事を目的とした、新しい概念の手技の方法です。
 

脳科学・精神医学から編み出された療法で、自律神経やホルモンバランスの不調、睡眠障害、うつなどに効果があり、自然治癒力を上げるため癌治療中の患者さんにも喜ばれている。「ストレスや思春期の子どもさん」などにもお勧めです♪
 

足操術を受けておられる方は、瞑想をしている時のような脳の状態になり、眠ってしまうほどの気持ちよさを味わって頂けます(^^)

 

<こんな方にオススメ>
●自律神経・ホルモンバランスの乱れ
●アトピー・アレルギーの方
●がん
●うつ・パニック障害
●睡眠障害
●思春期のお子さん
などの、
ご家族がいらっしゃるご家庭を癒しの場にする療法になるでしょう♪
 

**********************************************************************
 

開催日:8月25日(土)
時間: 10:00 ~ 12:00
場所: 古民家カフェ「楽時屋」(築139年の古民家)
http://tanoshiya2015.com/
    大阪府藤井寺市岡1-10-20  TEL 072-959-4116
講師: 山口 利和(あさひカイロプラクティック院 院長)
https://www.asahi-fujiidera.com/
参加費:3000円(ペアでご参加の方は、お二人で5000円)
定員:6名

お申し込み:0120-713-118 まで
info@asahi-fujiidera.com