【小樽】カフェ&こどもカフェ 手宮次郎(昼次郎編) | 小樽と趣味人

小樽と趣味人

道産子システムエンジニアが気ままに北海道ネタ(小樽寄り)やライブレポートをお届け

今回は、小樽の旧手宮線跡地横に7月にオープンした、カフェ&こどもカフェ 手宮次郎さんの話です。

小樽市内で数少ない、子どものコミュニティカフェとなる手宮次郎は、

店主さんいわく、

「9月の売り上げ状況結果をみて、カフェを継続するか、撤退するかを決める」との状況。

 

まずは手宮次郎さんの行き方。

今回は小樽駅前通りから、次郎さんに向かってみました。

小樽駅より、運河方向に向かって進みます。

 

そのまま進むと、観光客にも人気のスポットである旧手宮線が登場。

 

左に曲がり、小樽市民センター マリンホールの後ろを見る形で視線を移すと、

目の前に次郎の家が見えます!

 

手宮次郎さんから拝借した地図、

ちょうどマリンホール後ろ&旧手宮線沿いに次郎の家があります。

 

こちらはマリンホール側から見た次郎の家。

 

窓にはメニューが描かれています。

ドリンクは店内はもちろんのこと、持ち帰りも可能。

 

その他、こどもカフェの案内も描かれています。

※こどもカフェのご案内は後半に!

 

店内はアットホームな雰囲気が漂う、まるで誰かの家のような雰囲気。

 

有志の方が提供してくださったという、年季入りの雪印アイスクリームの冷凍庫や、

 

こども達が作ったというレジンの作品も販売されています。

 

 

レジにはメニューが貼られています。

市内散策や観光の休憩で一息つけるドリンクも揃ってますよ。

 

今回はビネガーソーダを注文。

レモンとライムで爽やかな味わいでした。

 

さらに、店主さんにビネガーソーダのおかわりをオーダーすると、今度はレモン&ライム&ピンクグレープフルーツという、

フルーツ盛りだくさんなソーダにしてくれました!

こういうちょっとしたサプライズも嬉しいです。

 

手宮次郎の名前の由来は、

 

手宮…旧『手宮』線

次郎…石原裕次郎の『次郎』

 

からだと店主さんが話してくれました。

また、お店を支援協力してくれる人達の集合体が次郎だとも言ってました。

 

また、手宮次郎さん、

こどもカフェ という活動も曜日を決めて行っています。

小樽市内で、いじめ等で学校に行けない事情のある不登校の子や、家で居場所がない子、

そういった子達のために居場所を作って、学習したり、

何かしらの活動ができるための場を、提供しています。

 

店主さんの話、

「勉強しなくても良いので、ふらっと遊びに来れる場所、

こどもにとってのサードプレイスになりたい。

遊んでもいいし、寝ててもいいし、ご飯食べてもいいし、何でもいい。

家の、家族の監視やプレッシャーから逃れて、こどもなりにホッとする場所にしたい。

イメージは、街の中にある保健室です。

看護師であると私があそこにいて、子どもたちを待っているのです。」

と、店主さんが話していました。

 

手宮次郎さん、今年の7月にオープンしたばかりのため、まだまだ試行錯誤の日々ですが、

そういった子供達のために、何かできる事はないかと、店主さんは頑張っています。

 

知恵やお金を出さないのに文句だけは一丁前に言う人、

肩書き大好きで、肩書きだけ持ってて市民が困ってるのに行動もしない人、

学生の頃から、残念ながら少なからず市内でそういう大人を見てきた事がある私は、

そういう大人に店主さんは負けて欲しくないなと思いました。

 

まだまだ少ない子供のコニュニティカフェ、せっかくだから継続していってほしいですし、

末永く旧手宮線沿いで子供達を見守ってくれる場所でいてほしいと私は思っています。

 

この日は外が強風のため、

看板マスコットのオラウータンのぬいぐるみは、窓辺でのんびりしていました。

 

14時閉店ということでしたが、

店内でのんびりしていると、

常連の近所のご老人や、散歩に来られた年配の方達、

海外から来たという外国のご夫婦など、

たくさんの方が来店し、気付けば閉店時間も過ぎていました!

 

外の看板もお洒落です。

 

お店前の柱には次郎にちなみ「26」の文字。

 

ドリンク持ち帰り時はこちらの窓から!

 

旧手宮線沿いに溶け込む、お洒落なカフェでした。

 

 

-----

『手宮次郎』

小樽市色内2丁目(旧手宮線沿い)

https://twitter.com/temiyajiro

https://instagram.com/temiyajiro?igshid=8y8ojqcikyam

 

※営業時間はTwitterをご覧ください。

※毎週月曜日の子どもカフェは会員制です。

 

 

-----

 

 

 
 

 


人気ブログランキング