{664F7A77-31EF-4ACE-8704-1DBF661C058C}

真風涼帆&星風まどか、新宙組トップコンビプレお披露目公演。
ウェストサイドストーリー、略してWSS。
観てきました!


朝夏まなと政権の宙組さんとのチケット運の良さは次世代の真風涼帆さんのにも引き継がれたようで。

チケット難といわれているこの公演。
運良く初日を観劇してし参りました。



ウェストサイドストーリー。
WSS、予想をはるかに超えて。
いい!!
素晴らしい!!


著作権が厳しいという前評判のこの公演。
取れたチケットが平日でしたが。
DVD化も危ぶむ声の多さを知り、多少無理してでもお休みを取り観劇して、本当に良かったと思いました。


有名な作品なので、ストーリーも音楽も素晴らしいというのは重々承知しておりましたが。

とにかく踊りまくり。
カッコよく踊りまくる宙組さんが、素晴らしくて。
まさしく目の保養という公演でした。


そして、要所要所で、ロミオとジュリエットを思い起こす(笑)

ロミジュリがWSSの元ネタなのですが。
いかんせん、ロミジュリがけろりんの宝塚初観劇作品なので、思い入れがあるので、ロミジュリが基本とってしまうんです(笑)

ロレンス神父的役割に、英真なおきさんのドクもいらっしゃったので
それも、仕方がないということで!!



ウェストサイドストーリーといえばあの。
片足上がってるあの振りですが。
宙組のみなさまの足があがることあがること!!

ダンスの迫力。
美しさが、とにかくすごかったです。


そして。
何よりも。
衝撃だったのは和希そらのアニータですよ、アニータ!!
アニータがとにかく色っぽくて、イイ女感満載でした。

正直、アニータのインパクトが凄すぎて。
プレお披露目のトップコンビ様には申し訳ないのですが、アニータの印象しかない。


登場して最初の方に、感じるのは見たときじゃないね・・・。
というセリフがあったのですが。
その破壊力の凄まじいこと!!

お子ちゃまなマリアには目に毒!!
きゃっ!ってなってしまいました(笑)


和希そら、本当になんでもできる。
歌もダンスもピカイチでした。
そして、マリアとの包み込むような慈愛に満ちたお芝居がいい!


凄いよ、その実力。
ひとり外部の舞台みたいでした。
その宝塚の枠をはみ出てたような気がします。

お衣装の力も借りてるとは言え、
アニータさん。
スゴイセクシーな格好で登場されてました。

セクシーで艶めかしくて。
おかま感どころの話ではない。
いる、ああいう南米の女性いる!!
それくらい違和感ない、姉御肌のアニータでした。


さらに、宙組に組み替えしてきた、芹香斗亜さん@ベルナルドですよ!

もう、本当に立派になられて・・・。
どんな立ち位置だよという感じですか。
そんな感じです(笑)

せりかさんのアニタに対する、オレの女感が凄かったです。


今回はこのカップルがお色気担当。
きゃ!
と。見てはいけないものを見てしまう感じ(笑)



宝塚の清く正しく美しくの範疇には収まらない雰囲気。
ここのカップルがアダルティであれば、あるほど。
トニー、マリアの初心な初恋が際立ってました。





今回のこの公演の主役。
トニーを演じられた8代目宙組トップ様に就任された、真風涼帆さん。
トップ就任おめでとうございます。
ますます。
リアルメンズ感に拍車がかかり。


舞台上に間違いなく、ひとり性別の異なるひとがいるわ〜。
と思って眺めてしまいました(笑)

白シャツに、ジーンズ姿がお似合いになること。
遠目に見ても女性に見えない。
その漢らしい立ち姿に度肝を抜かれました。。


マリアを演じた相手役の星風まどかさんとの身長差がますます。
トニーを素敵に見せてくれて。
素晴らしいトップコンビの誕生だなと感激して参りました、



マリアを演じた。
星風まどかちゃん。
トップ娘役就任が発表された時は、まどかちゃん。
若い、幼いなんて思ってしまいましたが。
お歌が素晴らしくて。
純真無垢なマリアがとても愛らしかったです。



踊れるメンバーが揃っているとは言え。
激しいダンスの数々に、圧倒された公演でした。

 
宙組。安泰だな。
そして、次の作品。
天は赤い河のほとり。
何が何でも見なければと決意改めました(笑)



なんなら。
梅田芸術劇場での再演。
夏休み期間だし、遠征してしまおうかと思ってしまいました。


本当に、いいもの観せてもらったわ〜と。
思いました(笑)



来週からのお仕事頑張れそうです。



記憶が定かなうちに、記しておきたくて。
興奮冷めやらぬ・・・という感じですが。
ブログにアップしてしまいます。




昨年新しくできた、タカラヅカ友だちにお声をかけていただき。
もう一度、観劇できることになったので。
次回はもうちょっと、落ち着いて観劇できると信じております(笑)



追記

決闘の場面。
フェンスの超え方が、カッコヨスギル。
宙組の皆様の身体能力の高さを垣間見ました!