福島イベントでの収穫 | 切手と郵便に親しみ 時代を読み解く

切手と郵便に親しみ 時代を読み解く

切手コレクター必見! 経済評論家にして郵便・切手評論家でもある池田健三郎が、辛口トークと共に「ゆうびん」や「切手」を通じて時代を読み解きます。
単なる「切手あつめ」や「郵便物コレクション」とは次元の違う、奥深き大人のライフワークの醍醐味をお伝えします。


テーマ:

9月15-16日の両日、飯坂温泉で開催された南東北三県郵趣会合同例会の懇親会では食事が終わると、お酒を飲みながらのチャリティ・オークションが行われますが、場を盛り上げようと思って適当に手を挙げていたら、写真のようなものを落札していました。

 

翌朝、冷静になって「どうしてこれを購入したんだろう」と自問しても答えが出ない場合がありますが、使いみちはこれから考えることにしましょう。

 

kenzaburo-ikedaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス