「航空切手特集」 | 切手と郵便に親しみ 時代を読み解く

切手と郵便に親しみ 時代を読み解く

切手コレクター必見! 経済評論家にして郵便・切手評論家でもある池田健三郎が、辛口トークと共に「ゆうびん」や「切手」を通じて時代を読み解きます。
単なる「切手あつめ」や「郵便物コレクション」とは次元の違う、奥深き大人のライフワークの醍醐味をお伝えします。


テーマ:

今日は速達カバーの紹介はちょっとお休みして、今月26日に行われる、第456回JPSオークションについて少しPRをさせていただきます。


次回は、わが国の航空郵趣の大家のコレクションがまとめて出品されるということで、オークションカタログは豪華な装丁のものを特別編集。前半は「航空切手特集」として、433ロットの売り立てになります。後半は、いつも通りのレギュラーセールと追加の部ですが、こちらも内容は充実しています。


もちろん、「航空切手特集」には、過去に展示や文献でみたことのある、「あのカバー」も「この切手」も含まれます。以下にカタログの表紙を掲載しておきますので参考になさってください。


カタログはこの号に限り、1冊2,000円という頒布価(JPSオークション係にお申し込み下さい)ですが、年間購読者にはもちろん無料で送付されます。ご期待下さい。発送は、今月半ばとなる予定です。


456h1

456h4

kenzaburo-ikedaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス