08年マイベストゲーム(後編) | 旧M☆G☆M+etc...
2009-01-03 08:30:00

08年マイベストゲーム(後編)

テーマ:ゲームの話

M☆G☆M+etc...


お待たせしました!いよいよ08年に

僕が初めてプレイして面白いと思ったソフト上位10本を発表します!


(Wii)

大乱闘スマッシュブラザーズX

メトロイドプライム3コラプション

マリオカートWii

リンクのボウガントレーニング

風来のシレン3~からくり屋敷の眠り姫~

テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士

ワリオランドシェイク

街へ行こうよ どうぶつの森

428~封鎖された街の中で~

(Wiiウェア)

小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル

ロックマン9

Wi-Fi 8人バトル ボンバーマン

(VC)

がんばれゴエモン!からくり道中

スーパーマリオRPG

ファイアーエムブレム トラキア776

ロックマン2

(DS)

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

世界樹の迷宮II 諸王の聖杯

めっちゃ!太鼓の達人DS

大合唱!バンドブラザーズDX

リズム天国ゴールド

シグマハーモニクス

すばらしきこのせかい

風来のシレンDS2~砂漠の魔城~

RIZ-ZOAWD(リゾード)

(PSP)

ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲

(PS2)

大神

ゴッド・オブ・ウォー

(PS)

クラッシュ・バンディク―

クラッシュ・バンディク―2~コルテックスの逆襲~

スパイロ・ザ・ドラゴン

(Xbox360)

インフィニット・アンディスカバリー

グランド・セフト・オートIV

バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦

バンジョーとカズーイの大冒険(Xbox LIVE アーケード)


果たしてこの中で1位になるソフトは!?では、10位から行ってみます♪


10位 メトロイドプライム3コラプション


シリーズ3作目ですが、ボリュームは相変わらずとても多くて

クリアするのに50時間くらいかかってしまいました。

今作で特筆したいのは、Wiiリモコンを活かした操作性。

グラップリングビームとかWiiリモコンを振って凄い一体感を感じました。


今後メトロイドプライムシリーズは、GC版をWii用に焼き直したWiiであそぶシリーズが

発売されますが、それは今作の成功も大きかったのではないでしょうか?

フレンドチケットで他の方ともコミュニケーションが取れましたし、

個人的にはかなり楽しく遊べました!残念だったのが、ハイパーモード

このモードのおかげで自分が強くなった実感があまり湧かなかった。

使い方を間違えると自爆してしまうし、扱いが難しいのも残念。


M☆G☆M+etc...

9位 リズム天国ゴールド


夏のピーク時にはこのゲームばっかりやっていたような気がします。

最初はタッチペンを使った弾く操作に違和感を覚えてなかなか上手く出来ませんでしたが、

慣れてくるとこれはこれでありだなと思い、いつしか同じミニゲームを

何時間も遊んでおりました。このゲームを遊んで、改めてゲームってグラフィックだけじゃ

ないんだなと思い知らされましたね。ぶっちゃけこのゲームは今年発売された

ゲームの中でも、最低クラスのグラフィックだと思いますが、それでもこれだけ

売れているって事は、ゲームはグラフィックがすべてじゃないんだと言う事が世間に

認められた証拠なのではないでしょうか?タッチペンを使った操作がちょっと難しいので、

GBA版ほどは万人に勧められないかもしれませんが、個人的には楽しめました。


8位 ロックマン9 野望の復活!!


無印版ロックマン久しぶりの新作。グラフィックやサウンドが

ファミコン風に退化してしまいましたけど、それが逆に味となって良いなと思いました。

難易度も相変わらずの歯ごたえで、クリアした時の達成感は半端無かったです!

一時期は本気になって、仕事と睡眠以外の時間は全部このゲームのプレイ時間に

なっていましたw今時ファミコンレベルのゲームにここまでハマるとは・・・。

9位のリズム天国ゴールド同様、改めてゲームは

グラフィックだけじゃないんだなと思いましたね。

(もちろんグラフィックが綺麗になると面白くなる

           ゲームの存在も認めます。ですが本質はそこでは無い。)


M☆G☆M+etc...

7位 グランド・セフト・オートIV


現実の世界で言う”市”3つ分くらいの広大なマップに用意されたミッションを

クリアして行くクライムアクションゲーム。このマップの広さと密度の濃さは、

HD機でないと絶対に実現できない物だと思いました。

とにかくプレイしていて開発者の苦労がひしひしと伝わって来ました。

自由度も半端無いので、なんとなーくフラフラしてハマってしまいましたw

しかし、ゲームとしてはまだまだ作りが甘く、インターフェース、操作性等、

良くも悪くも洋ゲーって感じで楽しさが半減している個所がいくつか見られました。

犯罪を犯す事が目的のゲームですし、非常に人を選ぶゲームですね。


6位 大神


06年に発売されたPS2の名作アクションRPG。

2年前からずーっとやってみたくてなかなかやる機会が見つかりません

でしたが、ようやく去年プレイすることが出来ました。

この作品で特筆したいのは、日本の美しい風景を描いた世界観

ゲーム攻略の息抜きとして、いつも綺麗な景色を眺めておりました。

僕は、このブログにも何回か書きましたが、日本と言う国が大好きなんです!

食事も和食が好きですし、音楽では「和」のテイストが入った曲を好みます。

この作品をプレイして、さらに日本が好きになりました。


その他評価したいのは、めちゃくちゃ親切な道案内。

このゲームはゼルダのような謎解きがいくつも用意されていますが、

それらの謎解きにいつも絶妙なヒントをくれます。

この辺りの調整が、本家ゼルダと同じくらい上手く出来ていて、

ゼルダの伝説がNO1ゲームだと思っている僕は悔しくて仕方がありませんでした。

いつか、ゼルダの伝説と大神を色々比較して記事にしたい位です。

難点としては、難易度の低さ。難易度調節が出来ないので、

人によっては簡単にクリアできてしまうのでは無いでしょうか?

まあこの辺は最近のゼルダにも言えることかもしれませんが・・・。


M☆G☆M+etc...

5位 バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦


国内では8年ぶりの新作となる、バンジョーとカズーイの大冒険の最新作。

この順位は、僕のレアに対する思い入れが含まれているかもしれませんが、

今回の作品も面白いです!僕がこの作品で特筆したいのが、

プレイヤーの数だけクリアの方法が用意されていると言う事。

このゲームはマシンを組み立てて、チャレンジをクリアして行くのが

目的のゲームですが、そのチャレンジをクリアするのに

必要なマシンを自分で作れる(一部作れないチャレンジがあるけど)ため、

本当にクリアの方法が無限大に用意されているんですよ!

一時期、どうやったらあのチャレンジをクリア出来るのか?と色々なマシンを

試行錯誤作ってチャレンジに挑戦しておりました。


残念なのが、レア社の微妙なセンス。相変わらず演出が下手くそで、

日本人だったら本作の所々で違和感感じるはずです。

たまに微妙な面白さのチャレンジもあるので、人によっては本作を酷評してしまうかも?

しかし面白さの土台は出来ているので、少しだけ我慢して最後まで遊んで欲しい作品です。

国内で1,900本程度しか売れないのは勿体ない!


M☆G☆M+etc...

4位 街へ行こうよ どうぶつの森


海外では「最も進化の少ない続編賞」をもらってしまいましたが、

僕は今作は今までの作品の中では一番進化したものだと思っています。

例えば家具なんかもほとんどWii用に直されていましたし、

住人の部屋だって今までの作品からガラッと変わっていました。

そして何より通信機能と街が加わりました。

まあ、それでも1、5程度の進化かもしれませんけどね^^;

でも今までの作品と比べたら、今作はかなり進化しているのではないでしょうか?

(DS版では通信機能が加わりましたが、その他の部分がGC版から劣っているので論外。)


このブログではフレンドの募集をしてみなさんとの交流を深めれましたし、

中には今まで聞けなかった声をWiiスピークを通して聞くことが出来たので、

今作は今までの作品以上に楽しめられました。

これからも定期的にみなさんとはコミュニケーションを図っていきたいです。


M☆G☆M+etc...

3位 428~封鎖された街の中で~


サガサターン等で発売されてきた、街の流れを組むサウンドノベルですが、

とにかく複雑に絡み合った人間ドラマを上手く描いています。

このゲームには複数の主人公が存在しますが、

ある主人公の選択肢によって、他の主人公にも影響が出ると言うのがとにかく斬新!

僕は昔漫画を描いていて、ストーリーも作っていましたが、

このゲームをプレイしている時にはいつも「よく考えられているな~」

ただただ感心の連続でした。このゲームのストーリーは、下手な映画や小説、ドラマよりも

ずっと細かく練られているなと思いました。実写にする事での味も感じられましたし、

何より撮影に凄いお金がかかっている事がひしひしと伝わって来ました。

クリア後のおまけもチュンソフトの懐の深さを感じられましたし、

Wiiユーザーはぜひともこの作品を触っていただきたいですね!


2位 マリオカートWii


同梱されているハンドルでの操作は、細かい操作には不向きだけど、

ライトユーザーとの対戦時に大活躍しました。

コースもGC版から倍増しており、ボリュームも申し分なし!


さらにうれしいのが、Wi-Fi通信が出来ること!

このブログでは過去に8回もの大会を開催しましたが、いずれも大いに盛り上がって

開催の度に燃え尽きていたような気がします。以前マクラウドさんとも話しましたけど、

このゲームがWiiスピークに対応していたらとんでも無いくらい盛り上がるん

じゃないかな?ある意味本作は、最強のコミュニケーションツールだと思います。

残念なのは、一部の理不尽なアイテムと、カートとバイクの性能差かな?バイクが

速いので、僕はバイクばかりを使ってほぼマリオバイクWii状態になっていましたw


1位 大乱闘スマッシュブラザーズX


そして第1位は上半期ランキングと同じくスマブラX!

今回のスマブラって、前作に比べてゲームスピードが遅かったり、

前作で使えたテクニックが使えなかったりして、一部では不評のようですが、

僕は大丈夫でした(最初の方はすっごく戸惑って売ろうかと思っていましたけどw)

ボリュームは前作からさらに大きくなって、食べ尽くせないほどの量で

コースエディット、名作トライアル、Wi-Fi対戦とこれでもか!と言うくらい要素も

詰め込められており、最高としか言いようが無い内容でした。


でもこのゲームが08年マイベストゲームになった理由ってそれだけじゃないんです!

そう、Wi-Fi対戦を通じて出来た思い出。本当にこのゲームのWi-Fi対戦のおかげで

沢山の人と仲良くなれて、このブログのアクセスアップにも繋がりました。

スマブラXには本当に感謝しています。ありがとう!スマブラX!

あ、ちなみにフレンドは64人全部埋まっていますので、受け付けは出来ないですからねw

ついでにマリカWiiとどうぶつの森も・・・w

(この2作品も、Wi-Fi通信機能のおかげでここまで上位に来れたんですよね)




以上08年マイベストゲームでした!

なんだか上位のゲームはかなり熱く紹介してしまいましたね^^;

(タイピングし過ぎて指が痛い・・・w)


08年に発売されたタイトルのみのランキングはこちら↓


1位 大乱闘スマッシュブラザーズX(Wii)

2位 マリオカートWii(Wii)

3位 428~封鎖された街の中で~(Wii)

4位 街へ行こうよ どうぶつの森(Wii)

5位 バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦(Xbox360)

6位 グランド・セフト・オートIV(Xbox360)

7位 ロックマン9(Wiiウェア)

8位 リズム天国ゴールド(DS)

9位 メトロイドプライム3コラプション(Wii)

10位 世界樹の迷宮II 諸王の聖杯(DS)

11位 ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲(PSP)

12位 大合唱!バンドブラザーズDX(DS)

13位 風来のシレンDS2~砂漠の魔城~(DS)

14位 ワリオランドシェイク(Wii)

15位 風来のシレン3~からくり屋敷の眠り姫~(Wii)

16位 めっちゃ!太鼓の達人DS(DS)

17位 リンクのボウガントレーニング(Wii)

18位 RIZ-ZOAWD(リゾード)(DS)

19位 インフィニット・アンディスカバリー(Xbox360)

20位 Wi-Fi 8人バトル ボンバーマン(Wiiウェア)


しかしこうして見るとWiiタイトルが多いですねw

これはWi-Fi通信の効果も大きいと思いますが、ゲーム自体の面白さ

しっかりしていたのも大きかったと思います。中にはWiiソフトには駄作が多いなんて

思っていらっしゃる方もいると思いますが、ソフトを選んで買えばそんな事は

ないんですよね。Wiiは性能は他機種に比べて劣りますが、面白いゲームも沢山あります!


今年はHD機のソフトも積極的に買って行きたいと思います。

HD機は今年も主流にはならないと思いますが、やっぱりゲーマーとしては

最先端のゲームも触っておくべきだと思うので、胃が持たれない程度に

付き合って行きたいなと思います。


M☆G☆M+etc...

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス