君はとても素敵

テーマ:


どうも、竹下健人です。


あと1週間。
そうです、えんとつ町のプペルが本番を迎えるのです。


今日も昼から今の今まで稽古をしていました。
ヘトヘトだけど次の稽古が待ち遠しい。


毎日毎日作品のことや役柄のことを考えられるなんて幸せです。


絵本のえんとつ町のプペルとはまた違う
心が震える場面がたくさん生まれてきました。


昨夜配役発表がありましたが
みんな愛してあげられるような、
魅力いっぱいのキャラクターたちばかりです。


楽しい時は思いきり笑って
悲しい時は思いきり泣く


これって意外と普段出来ていなかったりするんだけど
今稽古をしていると


この感覚がとてもこう呼び起こされる衝動にかられます。


これまでなんども
失敗したり悩んだりするたびに
自分を責めてふさぎこんで
周りにも迷惑をかけてしまっていましたが


みんなを信じれば
みんなを頼れば
そして自分を信じれば


なんとだってなるんだって。


不器用な自分も
大事にしてあげられたら
もっと自分の事を好きになれるかもしれない。


そう思える現場です。


僕が演じる"おしゃべりスコップ"はかなり強敵です。
僕の逆をガンガン進むんです。


相手にとって不足なし。
彼のおもしろさに負けないように
最後まで戦い続けます。


明日は衣装付き通し。
この前の衣装が着られる。やったね。


残り数回の稽古。
ひとつひとつ大事に。


それでは。

シャキッといこう。

紅葉みにいきたいな。