米中貿易戦争でどうなるの??? | 大阪の不動産・介護会社社長 kentのブログ

大阪の不動産・介護会社社長 kentのブログ

関西で介護事業と不動産オーナー業をしている社長の
日常感じた事や出来事を綴っています。


テーマ:

なんかアメリカと中国の貿易交渉が暗礁に乗り上げ、解決策が見当たらないままに懲罰的な関税の掛け合いとなってきていますね。

 

こんな事をしていて一体誰が勝者となるのか???

 

でも、中国の台頭ってすごい勢いですね。

 

1990年代の中国改革開放

 

あの天安門事件を受け国際的な評価を落とし、中国悲観論が巻き起こっていましたが、あれから僅か30年でアメリカと互角に渡り合えるほどの力を付けたって事ですよね?

 

軍事的にも経済的にもアメリカに肩を並べるところまできた中国をアメリカが放置して置く事はないでしょうし、中国もアメリカを除いた国との経済圏を築いていこうとするでしょうね。

 

その時に日本はどんな立ち位置を保持するのか???

 

今の流れではアメリア追随でしょうが、今の様な保護主義的な政策のアメリカに付いていって果たして大丈夫なんでしょうかね???

 

自国の事は自国で守らなければ国家としての存在意義がない様に思います。

 

そんな国家の為に何故税金を支払う必要があるのか?って思う人は増えてくるでしょうね。

 

アメリカも中国や北朝鮮でも政治家は国内世論を気にするモノですし、国内世論を味方につけて政治的な力を保持しようとするものです。

 

それが政治と言うものでしょうしね。。。

 

でも、その国内世論を重視するあまりに保護主義に走しる事に繋がりますし、その結果が先の戦争だったのでは?って思うんですが…

 

このまま米中貿易戦争が長引けば、為替は安全資産とされる円高に誘導され、結果、日本の輸出産業は大きな打撃を受けます。

 

そしてアメリカ国内でも穀物などを中国に輸出している企業の倒産、金融機関の破綻などを受ければ金融恐慌の再来となるでしょう。

 

当然中国企業はもっと早くに多くの企業や産業が淘汰され、倒産ラッシュに見舞われると思います。

 

それに中国に大きく依存しているオーストラリアや近隣諸国も同様に、壊滅的なダメージを受けるのでは?

 

って考えると、一体誰が勝者なのか?

 

そして万一米中武力衝突があった場合にはどうなってしまうんでしょうね???

 

EUや中東はどう動くのか???

 

誰か米中の衝突を止める事ができる国や機関があるんでしょうか???

 

台湾海峡を舞台とした米中戦争は非現実的な事ではなく、今そこにある危機だと思います。

 

その時に日本はどんな立場を取れるのでしょうね?

 

そんな事態になったとしても戦争放棄、武力放棄って呑気な事言ってられるのでしょうか?

 

なんか怖い話ですね。。。

 

米中貿易戦争は日本にも多大な影響を及ぼすと思いますし、そうなれば国の財政は更に厳しくなるでしょう。

 

そんな事を見越して事業を構築していかないとダメでしょうし、国に売上の多くを依存している事業はリスクが高過ぎますね。

 

仮に財政再建と言う錦の旗印を上げ、医療介護報酬に抜本的なメスを入れ、大きく報酬額を削減するって事になれば余裕のない経営をしている多くの医療介護会社は倒産するかも知れません。

 

でも、いつまでも今の体制が続くと考える事はリスクです。

 

ただ、全ての事業所がなくなってしまう様な事にはならないので、今の内に会社に貯えを備えて置く事が大切なんでしょうね。

 

売上高を伸ばす事と同時に、売上高経常利益率、自己資本比率の向上に努めてキャッシュフロー重視の経営を行って参ります。

 

頑張ります!」