2005年10月13日(木) 12時46分54秒

サバイバル

テーマ:けんたまが読んでいる本はこれだ!
以前から読みたいと思っていてやっと読んだ漫画。たまに歯医者なんかにあるけど分厚くて読む気しないっすよね~。でもついに読んでみました。読んだらハマって一気に読んでしまった・・・、まあ3日くらいかかったけどね。

ストーリーは、主人公のサトル君が山登りに行くんですよ。そこで大地震がおきて、気が付くと洞窟で仲間とはぐれていて、しかたなくサトル君は生きていくための手段を試行錯誤していきます。で、洞窟をやっとこ抜けるんだけど、その後大変な困難が彼を襲ってきたと・・・。


まあドラゴン・ヘッドみたいな話ですね。ドラゴン・ヘッド読んでないからわからんけど(´Д`)

ぐいぐいと本の世界に飲み込まれていき「うわ、この後どうなっちゃうんだよ!」とハラハラドキドキのこと間違いなしです。個人的にあそこで終わるのはどうかな~って感じなんだけど、どうなんでしょ?

ちなみにけんたまは大地震がおきたら1週間以内に死ぬ確率が高いです、超文明人なので。


さいとう たかを
サバイバル (1)
AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
2005年10月11日(火) 14時38分15秒

風子のいる店

テーマ:けんたまが読んでいる本はこれだ!
岩明均シリーズ第3弾。第3弾と言ってもこれが連載初作品。寄生獣の一個前。前から読みたかったのだがどうもめぐりあえず今回やっと出会う作品。でも読んでから「読んだのが2回目」だったことに気がつく。

簡単なストーリーを紹介。高校生の風子は人と話すとどもってしまう内気な性格。そんな彼女は喫茶店ロドスのウエイトレス。喫茶店に集まる客や風子の仲間とのほのぼのとしたストーリー・・・ほのぼのはしてないか?まあレイプ騒ぎがあったりヤクザがでてきたりいきなりキスされたり風子の回りにいろいろなやっかい事が起きるのである。まあ風子が全部解決するわけじゃないけど、日常のささいなことをちょっとだけ切り離したような話である。


これが面白くないかと言えば嘘になる。読んでいるうちにすっかり風子に感情移入してしまうのがこのマンガのすごいところ。なんかロドス行きたくなっちゃったもん。また風子がかわいいんだ。こういう子を見てるとアイツを思い出すね・・・アイツって誰だよ(´Д`)これを読んで淡い学生生活を思い出すのもまた一興である。

岩明 均
風子のいる店 (1)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年10月07日(金) 14時07分06秒

寄生獣

テーマ:けんたまが読んでいる本はこれだ!
知っている人は知っている、知らない人はまったく知らない(当たり前)隠れた名作。ストーリーは謎の寄生生物が人間に宿り脳を乗っ取っちゃう、主人公に寄生した生物は脳の乗っ取りに失敗、しかたなく彼の右手として共同生活をするはめになる。

このマンガ、けんたまが好きなベスト3に入る。ストーリーが抜群によく、飽きさせない内容展開。最後には何かを考えさせられる。その何かも人によって異なり、また読んだ時期によっても変わる。もう20回以上は読んでいるが読後感はいつも異なる。


個人的に好きなシーンはシンイチが母親(偽者)に殺されてミギーが助けるシーンと、田宮良子が死ぬシーンでシンイチが涙するところ。つーか全部好き。後藤対決シーンも親父がシンイチにどなるシーンも最後にエッチするシーンも、もう全部好き。


読み疲れしない巻数だし一気に読んでしまうことうけあい。マンガ喫茶に行ったらとりあえず読んだほうがいいと思います。

岩明 均
寄生獣 (1)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年10月04日(火) 19時24分17秒

韓国人につけるクスリ

テーマ:けんたまが読んでいる本はこれだ!

さてこの本である。昨日紹介の本とは違って韓国の生活をしている日本人が見た視点で書かれている。しかもこの本はわずか半年で100万アクセスを突破した有名ブログ『今だからこそ…韓国斬り!!』の書籍化なのである。

俺のブログも半年やってるけどそんなアクセスねーよ(´Д`)もっと売れなくちゃだめかけんたまよ。ちなみに「今だからこそ…韓国斬り!!」は現在サイトを閉鎖している。韓国に住んでいる著者が身の危険性を感じたとか。

あー閉鎖する前に全部読んでおいて良かった(´Д`)

でもこれを読むとあらためて文化の違い、なぜ日本人との対立が起きるのかなどよくわかったりする。隣同士だからね、もっとわかっておいたほうがいいと俺は思います。交流するかしないかは別として。

あ、昨日の続き。個人的にTBSと朝日は見ない読まない。サムソンの電化製品、ロッテのお菓子は買わないなんて不買活動を個人的に行ってるとか行っていないとか。シナリオライターだからTBS観ないってわけにはいかんざき。神崎代表個人的に嫌い。

中岡 龍馬
韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年10月03日(月) 19時06分14秒

マンガ嫌韓流

テーマ:けんたまが読んでいる本はこれだ!

最近「嫌韓流ブーム」ということで買ってみた。「ホワイトバンド」と二極を成すブームである(笑)


感想は2ちゃんねるを見てればほとんどわかることだが初心者には読みやすいと思った。でもマンガにしなくても別にいいのでは?なんて思っちゃったりもする今日この頃。韓国に対するイメージも140度くらい変わった。あとマスコミを疑うようになった。


この本と他の媒体によってほとんど右傾化してしまったけんたまは早速某六大学大学院社会学部在籍のK君に電話、「日本のマスコミはあかん」とか「在日って○○」等30分くらいに渡って演説した。


K君はこのブームに乗っていないのにさすが社会学部「あ~それは○○だよね」などとけんたまの話に乗ってきた。けんたまが数日で集めた知識と渡り合えるなんてコイツやるなと思っていたら


「つーかけんたまが(ネットに)踊らされてるんじゃねーの?」と。


(´Д`)


マスコミからネットに変わっただけの話かっつー話。結局は踊ったもん勝ちみたいな?K君はその後「本当に危ないのはアメリカだ!」などと一時間に渡って論説。反米精神をかもしだしていた。けんたまはアメリカに夢を求めて旅立つ娘とかは嫌いだが(日本で大成しないような奴はどこ行っても一緒)アメリカは特に嫌いじゃなかったのでふんふんと聞いていた。大体こないだのブッシュ、ゴアの選挙で「誰が大統領になって欲しいですか?」の質問に「シュワルツネッガー」って本気で答える国民だぜ?なんで知ってるかって?六本木ビルズ歩いていたらTBSに声かけられたんだよ!あれ、ブログで言ったっけ?


なんか長くなったから続きは明日。


山野 車輪
マンガ嫌韓流
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年10月01日(土) 18時40分31秒

富井副部長

テーマ:けんたまが読んでいる本はこれだ!

さて、けんたまブログ10月初めは富井副部長こと「トミィ」の酒乱について考察する。


トミィって誰?というアナタ、今すぐ「美味しんぼ」を買いなさい。


■富井富雄■東西新聞社文化部副部長。上司にはゴマをすり、部下には厳しい。
とんでもない恐妻家で酒グセも悪いが、根はいい人間なので憎まれてはいない。


性悪説のこの漫画(ぶっちゃけいい人が少ない)でも群を抜いているキャラクターの個性、それが「トミィ」である。この人、外人に中指立てるわ餃子屋のシャッターをガンガン叩くわ目上の韓国人の前でタバコを吸うわ・・・言うとキリがないほどの悪行三昧なのである。今日は特に上司である小泉局長に行った失態の数々を紹介する。


「キノコの真実」(36巻1話)

小泉局長に一升瓶を飲ませるトミィ。普通ならここでクビである。


「副部長解任?」(52巻4話)

またも酔っ払って小泉に絡むトミィ。山岡の機転によりなんとか場は納まる。この漫画は恋愛から世界経済まで全て料理で解決できる。


「史上最低の肴」(84巻2話)

今まで迷惑をかけたトミィ。禁酒をすると断固決意。その心意気に打たれた社員たちは催しを興す。しかしその場でまたも飲む、飲む、飲むトミィ。しまいには大原社主と小泉局長の口にお銚子をぶちこむ有様。


「ショウガの利きめ」(85巻5話)

前巻で宣言したにもかかわらずまたもや飲みだすトミィ。小泉局長に絡みだす。「紅ショウガが怖くて赤信号が渡れるかってんだおう!」と意味不明の発言。


他にもトミィの失態は目を見張るものがある。この機会に「美味しんぼ」を読み直してみるのも面白いかも!


雁屋 哲, 花咲 アキラ
美味しんぼ (36)
雁屋 哲, 花咲 アキラ
美味しんぼ (52)
雁屋 哲, 花咲 アキラ
美味しんぼ (84)
雁屋 哲, 花咲 アキラ
美味しんぼ (85)
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年09月29日(木) 10時08分47秒

ウイングマン

テーマ:けんたまが読んでいる本はこれだ!

桂正和の連載デビュー作。今読んでも面白い、桂作品の中では結構好きな部類。「電影少女」や「アイズ」はエロすぎて読後にむなしくなるのであまり好きではない。「シャドウレディ」や「ゼットマン」もお勧め。


なんだかんだ言って結構観てるな~俺。今ケーブルテレビでアニメやっているんですよウイングマン。まあラブコメ重視なので原作のヒーロー像が出てこないのが難点。でも今流行りの仮面ライダーやウルトラマンのパワーアップ化を何年も前にやっていたんだから「すげー」と思っちゃう。


あと主人公の名前がけんたまと一緒なのが共感持てる。ちなみに「まいちんぐまちこ先生」の生徒も同じ名前だったrする。小学校の時は「エロの代名詞」みたいなもので冷やかされたものだ(は・・・だから大人になったらこんなにエロくなってしまったのか!?)最終的に美紅ちゃんではなくあおいを選ぶところがちょっと残念。個人的にはピンクが好きだったりします。


桂 正和
ウィングマン 1 (1)
ハピネット・ピクチャーズ
夢戦士ウイングマン DVD-BOX 1
桂 正和
電影少女 1 (1)
桂 正和
SHADOW LADY 1 (1)
桂 正和
I"s (1)
桂 正和
ZETMAN 1 (1)
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年08月02日(火) 07時26分57秒

NANA

テーマ:けんたまが読んでいる本はこれだ!

バイトの女の子に恋愛相談をされました。


結構気に入ってる娘なので相談されるのはツライっすね~。感情移入しちゃうもん。「○○(男の名前)が私の○○を○○で~」なんて赤裸々に語られると「おいおい、あなたどこまでけんたまを信用しているんだ?」と首をかしげちゃいます。俺が人がよさそうなだけか?


10年ほど前に別れた彼女に恋愛相談されたことあるんですよ。それもキツかったですね~。こっちは「どうにかして元サヤに戻そうか?」しか考えていないのに今の彼氏との性生活の相談とかされたんですわ。「○○って男の人は○○(もうブログ上では言えない)」そのとき運転していた彼女の隣で号泣した事があります。彼女は「もう仲のいい友達」くらいにしか思っていないから話すのかもしれないけど、こっちはまだ好きだったのに・・・。人間って時には残酷になります。彼女わかってなかったもん。「え、なんでけんたま君泣いているの?」って。


まあそんな残酷さを描いたマンガがこれ「NANA」!


・・・嘘です。そんな部分もないとは限りませんが基本的には女の友情を描いた話。・・・だと最初は思っていたけど、読んでいくうちにハチ(主人公)に腹立ってきました。詳しくは書かないけどノブの事件ね。あれ、男の読者ってほとんどノブに感情移入すると思うな。少なくとも俺は移入した。そしてノブが幸せになったとき心から「おめでとう」って言えた。マンガ喫茶でだけど。そんなノブの心をあやにしたハチが許せない。それでもノブはハチを許す。あんた男の中の男だよ。AV嬢とやっとけって思った。


多分矢沢あいはハチを聖人化しないことで女性にも「あ~私もハチみたいなこと考えたことある~」と共感を得ているんだと思うな。だからウケるんだろうな。ナナもかっこいいしな。


しかも映画化するみたいですね。原作でも言っていますが面白いんですかね?あの長い話をどこまで描くんだろう。主演はけんたまのブログを読んでいる人ならわかっているだろう、俺がリスペクトする宮崎あおい。宮崎あおいはこんなに売れる前から知っている。ちょっと親みたいな気分。あ、マニア的発言をしてしまった・・・。


こないだ「はなまる」に出ていたんですよ宮崎あおい。番宣だろうけど、このはなまるの司会が薬丸はじめダメダメでした。岡江久美子なんか「私は原作読んだことないんですけど・・・」って


ゲストで来るんだから読んでおかんかい!読んでなくても下調べくらいしておかんかい!


案の定話は盛り上がらず、終わりを迎えるのですがいくら番宣でも「はなまる」やる気なさすぎ!ていたらくに嫌気が感じました。主婦はあんなの観て何が面白いんだ?


まあそういうことで「NANA」買いです!読んでみて。


矢沢 あい
NANA (1)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月28日(木) 10時37分24秒

32歳ガン漂流エヴォリューション

テーマ:けんたまが読んでいる本はこれだ!
先日紹介した「ガン漂流」の続編。

脳に腫瘍ができていることから始まる日記。それから徐々に体を蝕む病魔に対して客観的に距離を置いて自分を見ている著者の強い心。一文字一文字が心強く読者に刻まれる文章です。読み物としても面白く、自分の日常を鮮明に捕え、表しています。

けんたまは二日で読破。最近面白い本がなくて暇を持て余しているこの頃、この本は読み終わりそうになるとき「もう終わっちゃうのか」と少し寂しい感覚に捕らわれます。そういう本って大概面白いけどなかなか出会わない部類ですよね。


この一週間後くらいに最後の続編を買うんだけど、まあその話はまた今度。


奥山 貴宏
32歳ガン漂流エヴォリューション
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月27日(水) 09時51分52秒

おーい竜馬

テーマ:けんたまが読んでいる本はこれだ!

ひねもす毎日寝てばかりいるけんたまです。ああー疲れが抜けない(´Д`)今週は漫画を読んでみたりビデオを観たりしています。んで今日読んでいるのが小山ゆうの「おーい竜馬」坂本龍馬が好きな人はとっくに読んでいるかもしれないけど、去年ブームになった新撰組で登場した龍馬くらいしか知らない人は読んだ方がいいかも。


けんたまもそれほど詳しいわけでもなく読む前は「薩長同盟」と「海援隊」くらいしか知識がなかったのでさくさく読めました。坂本龍馬関連の本のレビューを見比べると、この本は結構面白い部類に入るみたい。まあ俺でもわかる竜馬誕生のエピソード(背中に鬣が生えてたので)は「おいおい、嘘だろう」なんて思ったけど、史実にあるところは忠実に、ないところはバイタイリティ溢れる表現になっています。それが小山ゆうの画風と重なってとても面白い。けんたまお気に入りの「芹沢鴨」がブサイクに書かれていたのでちょっと残念だけど・・・。


こういう漫画を中学校くらいの時に読んでおけば歴史嫌いにはならないと思います。でも大人が読んでも絶対面白い。「人斬り以蔵」が死ぬシーンは涙なしでは読めないかも。


武田 鉄矢, 小山 ゆう
お~い!竜馬 (第1巻)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。