バスマスターオープン第3戦 | キムケンブログ
2014-09-14 21:19:27

バスマスターオープン第3戦

テーマ:ブログ

アーカンソーリバーで開催されたバスマスターセントラルオープン第3戦が終わりました。

昨年の同時期に開催された時は、時間の使い方や釣り方含め、試合当日の自分自身のアメリカのリバーシステムに対する認識の甘さや要領の悪さを痛感させられる結果に終わり、この上ない苦手意識を感じていましたが、今年のレッドリバー戦で少しリバーシステムでの戦い方が掴めてきた気がしてたので、何となくいい感じで初日を迎えました。

スタート地点からは上流にも下流にもロック(水位調整用のダムにボートが通行できるゲートがあり、30分ほど時間が掛かります。)があり、昨年はロックスルーして下流部の南端まで片道1時間45分ほどかけて行ってましたが、プラクティスであまり手応えがなかったことと、今回は時間を有効に使いたかったので、あえてロックスルーせずに、近いところで勝負することに。

プラクティスではどちらかというと場所云々よりも、魚の食性やクセを重視して、リバーのどこにいても見切りをつけてシンプルに釣って回れるように準備してました。

初日は中洲に囲まれた水通しのいい単発のウッドカバーを3つローテーションする形で、バークレーのチガークワッド(日本で未発売のチガーシリーズ)の5/16ozテキサスをフリップしていいサイズを3本、その後昨年の経験で、ボートの引き波でタフになることを踏まえてメインリバーから少し外れたウッドカバーをイヴォーク1.2で釣っていき、グッドサイズで揃えて入れ替えまで出来て…

photo:01


初日15ポンドで8位スタートクラッカー

3日間続けて釣れば確実に優勝出来るビッグウエイトだけに、手応え充分得意げ

が、ここからが本当の勝負なわけです。

リバーシステムでのトーナメントで上位陣の入れ替わりが激しい理由は、川の状況が毎日変化するからです。

崩れる上位陣に自分が入ってしまわないように、慎重に、かつ拘りを捨てて…シンプルに状況を見極めていく最大のチャンスと考えて釣っていきました。今回一番踏ん張ったのは、この2日目でした。
何とか12ポンド弱追加して6位に少し順位を上げて昨年のロス バーネット戦以来のトップ12入りで決勝進出合格

photo:02


最終日はコールドフロントの影響で、2日目までとは別の国みたいに寒くなってました…
12人だけで静かなこの最終日の雰囲気、それぞれ優勝がすぐそこに掛かってるという何とも言えない緊張感がたまらなく好きですラブラブ

上位のメンツがどうであれ、捲る事が出来るのがリバーのいいところ。

一日どころか、試合中の10分間の出来事で全て覆すことも出来るのがアーカンソーリバー。

朝イチは初日から釣ってたエリアにダメもとで入ってみましたが、10時を過ぎて小さいキーパーが一本のみ…

来るべき、勝負の時ですメラメラ

完全に見切りをつけて、新しいエリアを探しに行きましたDASH!

2日目までメインにしていたドシャローのウッドカバーよりも、メインリバーにある流れがぶち当たるロック+ウッド、ロック+マンメイドなど、とにかく魚が付きそうな場所を、プラクティスからやったことも無いような場所も含め走り回り…

photo:03


春にアメリカ用にデザインしたオリジナルジグ+チガークワッドに待望のビッグサイズが!!

さらにイヴォークで釣りまくって完全燃焼メラメラ

出来る限りのことはやりました。

photo:04


最終日のウェイイン会場は、タルサ(オクラホマ)のバスプロショップスに設営されたステージでトレーラーウェイインビックリマーク

photo:05


自分自身、16ポンドは釣らないと優勝に絡めないと思っていたので、あまり期待してなかったんですが、、

photo:06


14ポンドオーバーで、暫定首位アップ

photo:07


目の前に、バスマスターズクラシック出場権が、アメリカ初優勝が置かれたステージ上のシートに座り、残りのウェイインを見守るという、状況叫び

2位に付けていたオクラホマのレジェンドであり、優勝最有力候補のエリートプロ、トミー ビッフルが僕のウエイトを上回らなかった時は、正直鳥肌が立ちました。

photo:08


そして暫定首位で、ローカルアングラーでもある元エリートプロのマーク タイラーのウェイイン。

この時ばかりは、頼むからハズしてて欲しいと思いましたが…

2日目までの3ポンド差が響いて、1ポンド11オンス差でステージを降りることになりましたしょぼん

photo:09


夢は、来年にお預け。

2位という結果は、リバーシステムでの苦手意識を完全に克服できたこと、「次こそは!」という思いをより強くさせてくれる結果となりました。

photo:10


バスマスターズクラシック出場権、賞金共に優勝とは雲泥の差で、悔し過ぎる試合となりましたが…今後もネバーギブアップでいきますメラメラ

詳しくは、バスマスターのホームページにも掲載されてます(注注意 全文英語)
http://www.bassmaster.com/tournaments/2014-bass-pro-shops-central-open-3-presented-allstate


悔しい思いとは裏腹に…いいこともアップ

今回もコ アングラー部門で遊び半分に出場してたトビーが、なんとあっさり優勝して副賞のボートを獲得汗

コ アングラー部門とはいえ、2回だけエントリーしたレッドリバーで3位、アーカンソーリバーで優勝とは…

昨年ももらってたし、一体トビーは人生で何台バスボートを勝ち取るんだ!?

かつてFLWツアーでプロだった頃に僕がコ アングラーとしてずっと一緒に旅をしてきて、兄弟のように付き合ってきた人なだけに、自分の事のように嬉しいですアップ

本人に来年ボーターでのエントリーを勧めてみたところ…「コ アングラーも悪くない。」とのこと。そらそうなるわ。笑


帰国まであと数日あるので、ゆっくりしつつグランドレイクで釣りでもしていきます。














キムケンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。