めばるの部屋
  • 04Nov
    • 約束ね!

      言葉遣いも顔立ちも ますますハッキリしてきて微笑ましいな おチビちゃん来ると早々 今日もばーまちゃんと遊ぶのぬいぐるみのワニさんも一緒で給食ごっこ木のお皿にエアーメニュー いただきま〜す! おいしいですね!ウㇷㇷ お腹いっぱいですね!アㇵㇵあ!歯磨きしなくちゃ そうだ お風呂も!電気消してくださ~い! 寝る時間ですよ!)^o^( 次々と付き合わされて もう大変です )^o^(そろそろお帰りの時間ですよ! ママの声イヤだ イヤだ ばーまちゃんと遊びたいのじゃぁ 約束しましょ! 来週も遊びに来てねイヤだ まだ遊びたいの!  来週も一緒に遊んでちょうだいね 約束ね! は〜ぃ・・・

      テーマ:
  • 28Oct
    • 波枕

      その人その人が感じる美的表現がある身近に 踊る人 描く人 奏でる人 ダンスで今年はプリティー賞都立美術館・新国立美術館では力作の絵画 師範目指して筝曲温習会 娘の琴を運び込み会場を後にする車中ラジオからゴッホの話題存命中に売れた絵はただの1枚芸術は波枕を重ねる旅のような 揺れて励む鼓動が聞こえてくるここに目を引く鑑賞の人 芸術の秋を堪能 

      テーマ:
  • 22Oct
    • 胸ポケット

      子どものようにまっしぐら 大笑いして 泣きべそかいて滑って転んだ昨日はきのう今日また元気出して 前へ進む隠れて見えない胸ポケットに落ち葉や木の実を包み込み季節の詩を口遊む明日また気分換えて 一歩踏む 

      テーマ:
  • 14Oct
    • フランス語

      語学 入門クラスなら何とかなるはず 初学半年を過ぎてフランス語はとても面白く 何ともかんとも難しく 思うに何年やっても 堂々巡りと想像が付く語学力の乏しさを痛感しながら 自ずとフランス語絡みで諸々を好きになるスペインやイタリアのワインも良いけれどフランスワインを楽しむひと時サグラダファミリア ヴェニスへも行ってみたいが予てから惹きつけられる モンサンミッシェルサンマロ湾に浮かび聳える修道院をいつの日か訪ねてみたい語学を通して再燃する憧憬の名所観光地

      テーマ:
  • 04Oct
    • 切っ掛け

      それなりの切っ掛けがあったのでしょう2011年8月にブログ開始名目 『めばるの部屋』で アメーバブログに加入 自由に書き記せるパネル枠をいただいて知らず知らずの7年間 この居所のお蔭で納得のいく幾編かを残すことが出来ましたここ10カ月間 ちょっと長い休憩中に1つの立案から区切りをつけて葉色変わりゆく 四季第3の秋に投稿を再開   

      テーマ:
  • 11Jan
    • ワン ワンワン

      今日はけんたが生まれた日捨て子の幼犬が保護されて 推定換算した誕生日わが家にとっては偶然なのか 必然だったか1月11日は 一代目のコロが旅立った日12年前 コロが永久の眠りについた同日ごろどこかの母犬がけんたを産んだはずけんたのママ・パパは どんなワンちゃんだったのかワン ワンワン おめでとう今日はけんた12才の誕生日

      2
      テーマ:
  • 02Jan
    • 幸福な場所

      元旦の朝刊紙面に 企業挨拶の全面広告と ある住宅メーカーのメッセージ 実の家” 育った家 懐かしい家 帰る家 家族に還る家 世界にふたつとない幸福な場所 ”父母亡き後も 姉弟で集った実家が懐かしい数年前 豪雨水害で流れた実家は 実の家 心にふれた○○ハウス時代は移りゆくもの嫁いだ娘が 孫娘が 遊びに来る家 くつろぐ場所思えばわが家も あらたな家族を繋ぐ実の家

      2
      テーマ:
  • 31Dec
    • 戌年

      けんたは戌年生まれ 今年12才 25k前後の中型犬 人間年齢69才1代目のコロちゃんは20年生きたご長寿犬コロちゃんに肖ってけんた君も生き生き元気に ガンバ!!みんな一緒 今年も元気でがんばりましょう

      テーマ:
  • 18Dec
    • トライアングル

      感性も個性も強い友だちがいる関わりは大切に 孤独も愛す銘々に絵を描く術を知り 辺りを照らす月夜のようなまったりとした昼下がりのような印象深い色調色彩を得意とする絵心忘れて文字好む者は 折々を書き綴る三人三角はこじれ易く その関係性を トライアングルの音色のようにと努めたい

      テーマ:
  • 23Nov
    • 成り立ち

      友情の成り立ちは見せかけでなく他力に惑わされることのない有難いもの今は会わずにおこうと思うときがある声かけようか躊躇うこともあるいざその時 一目一言で真情は伝わる ひとりでに頬ゆるみ 気持ちやわらぐ

      テーマ:
  • 26Oct
    • 面目躍如

      突然の旋風に 時間も算段もなく希望を追い求めて吐いた一言不用意とはいえ言葉の矢を 大上段に振りかざし敵も味方も蹴散らして思わぬ結果に一先ずは面目躍如 都政邁進をと激励したい

      テーマ:
  • 28Sep
    • 『ナミヤ雑貨店の奇跡』

      昭和30年代と現代を繋なぐ時間と空間『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 公開を確認して10時のチケットをゲット TOHOシネマ六本木へロケ地 豊後高田市の街並みはナミヤ雑貨店にとどまらず 心引かれる昭和が映える店主・浪矢役の西田敏行さんは『エデンの東』 と 『理由なき反抗』若手二人のキャスト それぞれに いろんなジェームス・ディーンが重なる との弁頷けます 同感ですシンガー・セリ役 門脇麦さんの歌声には若者の哀愁と希望 人生観がただよい山下達郎さんの“REBORN”がうつくしく流れるスクリーンから伝わる涙を覚え思う若者たちよ どの時代に生きても 境遇に負けないで 隣人友人と笑顔で繋がり明日に向かってほしい『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 万人に望ましい作品です  

      1
      テーマ:
  • 15Sep
    • 須佐歴史民俗資料館

      ホテルを出発 向かう先は須佐の町歴史民俗資料館へ直行『古地図を片手にまちを歩こう』ガイド担当者の案内で町筋を訪ね歩いた萩藩の永代家老 益田氏の本拠地であった須佐は上・中・下流武士の暮らしに町割りがあった志士たちの隠れ処 憩い談合の地でもあったとか松下村塾と塾生交換を行なった郷校『育英館』は母校・育英小学校の前身であり時代を変えた逸材を輩出している 生まれ育ったわが町への思いが深まり風土は古のまま脈脈と息づくものと認識土地の人たちの実直さにも絆されて新たな発見ありの意義ある帰郷となった墓参を済ませて ふるさと須佐を後にした

      テーマ:
  • 10Sep
    • 無風

      綿毛のように ふわり ふわり浮世の風に乗ってやってきて思えばここで幾年かおいおい先は 無風の丘に舞い戻り父母の眠る木陰あの基の際に休らおう

      1
      テーマ:
  • 30Aug
    • 老犬

      猛暑の夏を息絶え絶えにがんばっていた近所のワンちゃんの鳴き声が消えた老犬の姿が見えなくなった夏の初め頃には 友人が愛犬を突然死で亡くしているわが家には暴れん坊で勇ましかった犬 けんたがいる黒と焦げ茶の毛並に白毛が増えて 炎天と雷雨の8月に辟易しているもう勘弁してよ 動作はまさにご老体主も犬も ともに高齢の域だから楽しく散歩 健やかに寄り添ってゆこう

      テーマ:
  • 16Aug
    • 長雨

      前日 前々日 降る雨途切れず 明日も確か雨予報長雨じめじめと気持ち蝕み 内向き黴臭く光り差し込む朝の目覚めが恋しい 西の空に入り日が待ち遠しいお日様 お出ましはまだですか 

      テーマ:
  • 26Jul
    • 子供の事情

      舞台は4年3組 放課後の教室三谷幸喜さん作・演出 『子供の事情』 が新国立劇場・中劇場で公演されている10才と言えば 子供の間でも力関係が生まれ各自で立ち振る舞いを心得ているクラスの居残りメンバー10人にはおのおのが抱える子供の事情がある 大人の役者が子供服を着て ランドセルを背負い学期毎に起こる小競り合いや言い争いを自然体で熟し 観客席に それが面白おかしく伝わってくるホジョリンは中間に立つ子 全体を静観して正義をよろこぶ気弱な泣き虫でもあるが 清い目を持つ男児ベテラン俳優陣の胸を借りて最年少俳優が 中立の立場のホジョリン役を 清々しく演じている

      2
      テーマ:
  • 06Jul
    • カンバス

      慮って うつむいて  見過ごした6月の空雲の流れを感じ 雨足を追って黙思の日々堰を切って胸襟開けば初夏の大地に広がるカンバス薄紫色のラベンダーが咲きそろい君も台地の花のようにとエールを送る

      テーマ:
  • 26May
    • 15の春

      15の春の少女たち小さな町に生まれ育った同級生があの春 各自の目標に向かって旅立った 一足早く 社会へ出た二人進学の三人は上りと下り 別々の汽車通学新たな環境下で高校時代を過ごした空白の時を経て 数年前から偶に集い今年も5人揃い 伴侶を亡くした1人を囲み時の流れに溜息ついたり 笑い涙で納得したり共通の記憶 15の春を懐かしんだ 

      テーマ:
  • 15May
    • 哲学

      ここは迷路か 方位定まらずにいるたとえ居場所を誤ったとしても日を追って 自己に立ち返れば 私の人生観 世界観の中に教わり習うものではない哲学がみえてくる

      テーマ:

プロフィール

Ka

自己紹介:
山口県萩市 出身 著書 『あの春以来』

続きを見る >

フォロー

このブログのフォロワー

フォロワー: 1

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス