05/21 DAY460(移植後340) 一つ克服【翌日5時40分最終】 | 健太の白血病闘病記~余命半年を生き抜く~ブログ

健太の白血病闘病記~余命半年を生き抜く~ブログ

余命半年を生き抜く混合性急性白血病患者の闘病記

予後不良タイプで余命宣告を受ける。また、末梢血の白血病細胞(ブラスト)の数が、54万個/μLと、病院の最高記録を大幅に更新した。(もはや、血液機能は失われており、いつ死んでもおかしくない状態だった。)


テーマ:
今回のニューモシスチス肺炎を発症前の器質化肺炎(まだ治療中)の時から、服用している咳止め薬の副作用、『便秘』が凄い。
入院初日から、かなり強力な下剤とマグネシウム補給剤で下剤作用を持つマグミットを4日間飲んで、ようやくお腹が動いた。

昨夜の昼食後2時間空けて、座薬を試したが、雲とも寸とも言わない。

12時間後の今朝、4時に悪戦苦闘の末、お通じがどっちゃり。

そして、夕食後、SpO2計を見ながら90%台後半を越えたら息み、80%台前半に下がったら回復を待つ。その繰り返しで、どっちゃり。
その後、22時30分までに2回の排便に成功。

最後は薬物は、尿か排便で排出されるので、体内残留を考えると、大きな前進だし、自分で努力できる余地は残っていました。プライドを捨てて、オムツにし、若い看護師さんに処理してもらう、辛い判断でしたが、よいタイミングで決断したのかな。

引き続き、咳止めは服用するので、安心は出来ませんが、今夜は安静に寝られそうです。

【22日13時20分追記】
再びどっちゃり。しかも臍の下に鈍痛。次は土砕流、鉄砲水が?眠れそうにありません。出たあとの速やかな撤去が4人部屋のマナーと思うのであります。

【22日3時40分追記】
鈍痛は予兆でした。水っぽくは無いですが、ちょっぴり毒素がありそうな匂いを放ってました。

【22日5時20分追記】
30分前から鈍痛。かなり体力的に厳しい。スポーツドリンクを飲む。飲んだ安心感で、意識を失うようにマスクを外したまま眠むった。当然、ナースが飛んでくる。左手にマスクを掲げ、右手に蓋を開けたままの状態で寝ていたそうな。
そのまま、匂いの強い軟便を出し、持ち帰って頂いた。彼女の夜勤は、さぞ辛かっただろうな。

日に日に体力的勝負を実感。

健太さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ