はぐれバンカーの呟き ~人生マルチンゲール~ -45ページ目
<< 前のページへ最新 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45

マルチンゲール

ブログのタイトルにあるマルチンゲールというのは、「公平なギャンブル」という意味です。

例えば、コイン投げで100円を賭け、勝てば200円、負ければ0円となる博打をした場合、この博打の払い戻しの期待値は100円となります。このように、確率的な事象において将来の期待値が現在の値に等しくなる性質のことをファイナンスの世界ではマルチンゲールと呼んでいます。

リスクをとって賭け事をしているのに、期待値が現在と等しいなんてイヤーん、と思ってしまいますが、世にあるギャンブルは胴元の取り分があるので、たいてい将来の期待値は現在値を大幅に下回ります。(私の知る限り、かつての長寿番組クイズダービーで「はらたいらに全部!!」賭けた場合は将来の期待値が現在の値を上回ります・・・。古すぎたか。)

このマルチンゲールが成立しているギャンブルは・・・・・(くどいので割愛)

私はわりと楽観主義者でのんきに人生を過ごしています。水戸黄門の「~人生楽ありゃ苦もあるさ~(古いですか?古いですね)」には非常に共感を覚えてしまいます。

そんなわけで、大学院のオプション理論のクラスでこの概念を知ったとき、私の脳内BGMは水戸黄門の主題歌「あゝ人生に涙あり」が大音量で鳴り響いていたわけです(もちろん脳内BGVはうっかり八兵衛の「待ってくださいよ、ご老公~」のお約束)。

結論は、ブログのタイトルに大した意味はない、ということ。以上。

おススメの本2

今日は統計のテキストを紹介します。レベル的には中級でしょうか。
大学時代を含めて、統計の勉強をしたことがありませんでしたので、この本には本当にお世話になりました。統計というより計量経済がメインですが・・・。

Introduction to Econometrics
G.S.Maddala

今も論文の作成にあたって、一番参考にしているテキストです。繰り返し何度も読むことで力がつきますよ。できれば練習問題を含めてやってみて下さい。

なお、日本語訳版が出ていることを最近知りました。何だよー。

待合室

右目が充血してしまったので、勤務先の近くの眼科医に出かけました。比較的大きな病院なので、待合室は非常に込んでいました(難民キャンプと形容するのは不謹慎かも知れませんが・・・)。
午前中早い時間に受付を済ませたにもかかわらず、午後1時近くになっても診察は始まらず、外出の予定のあった私は、結局受付をキャンセルしてしまいました。3時間以上の時間が無駄に終わったわけです。

サービス業として医療を考えた場合、顧客を待たせることが常態化しているというのは、いかがなものでしょうか?病院側の事情もあるとは思いますが、競争原理が働いていないことも一つの要因でしょう。ビジネスの種は、こんなところにあるのかも知れませんね。

まあ、要するに、待たされてムカついた、ということです。あしからず。

おススメの本1

大学院に入学して、指導教授に3冊の本を薦められました。
数学と統計と方法論に関するベーシックな書籍です。
ファイナンスを勉強していく上でとても便利なツールになりましたので、皆さんにご紹介したいと思います(洋書なので少し読みづらいですが)。

まず1冊目。



著者: Michael Hoy, John Livernois, Chris McKenna, Ray Rees, Thanasis Stengos
タイトル: Mathematics for Economics

私は完全な文系人間なので、数学は本当に苦手でしたが、この本はとても懇切丁寧に説明がされていて、理解させようという著者の努力が伝わってきます。日本にはなかなかこのような力作がないのが残念です。英語はそれほど難解ではないので、トライする価値はありますよ。

大学院

某大学の大学院でファイナンスを勉強しています。早いもので、卒業まで4ヶ月となりました。現在論文の作成で四苦八苦です。
仕事と学業の両立、なんて肩肘張って努力したつもりはないのですが、周りの助けもあって何とかこなしている、というところです。

最近社会人大学院がたくさん開設されてきて、勉強する社会人も珍しくなくなってきましたね。学んだことを実務ですぐにフィードバックできるのが、社会人大学院生の強みだと思います。私も今の仕事で勉強した知識を活かしています(思い込みかも?)。

卒業したらどうしようかな?
博士課程に行くというオプションもありますが、少し場違いな気もしています。

はじめに

<注意事項>

本ブログは、リベラル右派(powered by ポリティカルコンパス)の管理人がお届けしています。本ブログの内容には、以下のバイアスが掛かっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

政治的な右・左度(保守・リベラル度)      -1.25

経済的な右・左度(市場信頼派・政府介入派)  4.32

ポリティカルコンパス

~ブログ始めました~

Kentと申します。

~冷やし中華始めました~ 風なノリでスミマセン。
あまり気負いも準備もなくブログを始めてしまいました。
とりあえずの抱負は明日までに更新をすること・・・。

気の向いたときに気の向いたことを書いていきます。
気の向いたときにお読みください。
<< 前のページへ最新 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45