新聞という媒体の終わりの始まり | はぐれバンカーの呟き ~人生マルチンゲール~
2007-09-25

新聞という媒体の終わりの始まり

テーマ:ニュースに脊髄反射

新聞より早く速報を出す--MSと産経グループが組んだ「MSN産経ニュース」 (CNET Japan)


新聞社が本気でweb媒体に力を入れたら、もっといろんなサービスが提供できるだろうね。

記事の掲載期間が延びます、だけじゃなくてね(それも大事だけど)。


発行部数が少ないからこそ思い切った方針転換ができるんだろう。

成長する媒体にシフトしていくのは戦略的に正しい。


こういうのは、紙媒体世界一を誇る某新聞社にはなかなかできない話。旧来の環境に適応しすぎると、新しい環境に適応するのは容易じゃないからね。


何十年後かに振り返って、「ああ、あれが分岐点だったか」と思うときがくるかも知れない。猿と人間の進化の分岐点だって、森にとどまったか、木から下りたかの些細な違いに起因してるしね。些細なきっかけでも、将来の勢力図を変えるには十分。


こういう前向きな取り組みには素直に反応。

今後、記事のリンク先はなるべくMSN産経ニュースにしていく所存。

kent0606さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス