はれて協議離婚 | はぐれバンカーの呟き ~人生マルチンゲール~

はれて協議離婚

フェニックス・キャピタルの安東氏ら、独立し新ファンド


 事業再生ファンドのフェニックス・キャピタル(東京・千代田)の安東泰志・元社長(48)らが独立し、投資ファンドを設立する。成長余力がある企業や事業に投資し、経営を支援する。国内の機関投資家などから年内に100億円程度を集め、来春までにファンドを500億―800億円に拡大する計画。

 10月2日付でフェニックス・キャピタルを会社分割する。分割後の「フェニックス・キャピタル」はすでにあるファンドの運用を継続する。安東氏ら数人が、新設するLLP(有限責任事業組合)「ニューホライズンキャピタル」に移る。新ファンドの運用期間は10年。幅広い業種に投資し、投資先企業の経営陣との信頼関係を重視するとしている。

(NIKKEI NET)


ニューホライズンといえば、中学の英語教科書 を思い出して、涙してしまうのだけど、違う教科書を使ってた方はまったく共感しない話。安東氏がニューホライズンを使ってたかどうかの情報もない・・・。


去年、MUFGから渡辺氏が送り込まれて安東さんがはじかれてから、虎視眈々と独立をもくろんでたみたい。もともとフェニックスキャピタルは安東氏他で設立したわけで、4割ぐらいは安東氏が持ってたはずだから、MUFJにあれこれ指図されたら面白くないだろうな、とは思ってた。とはいえ、ファンド運営会社だから、投資家との契約上、独立も簡単じゃなかったはず。まぁ、うまくいくといいね(他人事)。


LLPへの会社分割ってのが不思議に思ったんだけど、フェニックスキャピタルのサイト を見た限り、安東氏が100%保有する株式会社鳳凰(センスゼロ)とフェニックスキャピタルとに分割したみたいね。察するに、この鳳凰がニューホライズンキャピタルに種銭を入れるのかねぇ。自分の持分キャッシングして悠々自適の生活を送るって選択肢もあったのに、なんて働き者なんだろう・・・。


それにしても、安東氏が独立してすぐファンドをできるってことは、CIOのくせにキーマンクローズの対象じゃなかったってことなのかしら。余計なお世話だけど、なんか寂しい話。


ひと昔前のようにボケッとしててもファンドが儲かった時代でもないし、競合ファンドも数多あるわけで、独立した安東氏がうまくいくかはお手並み拝見というところ。生暖かく見守る所存。