パンフで満足できないあなたへの“ノアマガジン”を作りました | KEN筆.txt

KEN筆.txt

鈴木健.txtブログ――プロレス、音楽、演劇、映画等の表現ジャンルについて伝えたいこと


テーマ:

BGM:KRAFTWERK『Music Non Stop』

 

新体制となるプロレスリング・ノアが3・10横浜文化体育館大会より発売するオフィシャルプログラム「NOAH the Style」Vo.21より、誌面を全面刷新。その編集を担当させていただくことになりました。これまで以上に読み物、企画ページを充実させ、カラー4ページ増でお値段据え置きの1500円(オールカラー36ページ)でお買い求めできます。そのコンテンツをいち早く紹介。

マガジン感覚のデザインによる表紙及び裏表紙は、3・10横浜のメインで激突する清宮海斗と丸藤正道。GHCヘビー級のベルトを巻く若き王者に対し、ノアの象徴がその裏からニラミを利かせる構図です。



巻頭インタビューは決戦直前の清宮海斗を直撃。新星にとってのプロレスとはどういう存在なのか。またあこがれだった三沢光晴さんとの“出逢い”についても明かしています。ここで語られていることを頭に入れた上でタイトルマッチを見れば、違った視点から楽しむことができますので、試合前にご一読ください。



3・10横浜後からスタートするツアー「Spring Navig. 2019」にて、ノアは3月17日に最後の博多スターレーン大会を開催します。今月31日をもって閉館される“西の聖地”で、ノアは数々の激闘を刻んできました。そして忘れることのできない2009年6月13日という“あの日”の翌日、悲しみを背負いながらそれでも闘ったのも、博多スターレーンでした。今回、さよならスターレーンとしてノアにおける激闘史を写真で振り返るとともに、2009・6・14を現場で取材した井上光・週刊プロレス編集次長による特別寄稿コラムを掲載。皆様の心にもスターレーンを刻んでください。



リニューアルパンフレットは、入場から大会開始を待つまでの時間も楽しんでいただくために、読み物を充実させています。新たにスタートしたのは、選手が自身のプロレスの入り口について語る「マイルーツ」。第1回は、海を越えてやってきたクワイエット・ストームが登場。ニューヨークで生まれたプロレス小僧が日本へたどり着くまでの物語が描かれています。影響を与えられた存在、経験してきたこと、そしてその中で感じてきた思いをもっと知ることで、より選手の魅力を感じ取ってください。



また、読み物だけでなくグラフィカルなページもあり。旬のノア戦士をクローズアップし、リング上では見られぬ素顔をノアオフィシャルカメラマン・宮木和佳子さんが撮影。今回は2・24後楽園で新GHCタッグ王者となった中嶋勝彦&潮﨑豪「AXIZ」をさっそくキャッチし、ベルト持参で特写しました。2004年デビューの同期コンビの息の合った様子が伝わってくるグラビアです。



これ以外のコンテンツも以下の通り充実!

★シリーズ参戦選手データ
所属だけでなく他団体選手、フリー、そしてレフェリー&リングアナウンサーのデータを網羅。ツィッターアカウント、テーマ曲、キャッチフレーズ、獲得全タイトル、血液型も一目でわかります。

☆3・10横浜文化体育館大会全カード見どころ解説
タイトルマッチだけでなく、第1試合までを含むすべての観戦する上でのポイントを3ページに渡りガイド。当日は試合ごとに目を通し、より楽しんでください。

★ノアフォトGP
前回よりスタートした連載企画がリニューアル後も継続。来場された方のツィートを紹介するコーナーです。ツィートの際に「#ノアフォトGP」をつけてつぶやかれた中から、今回は「今後期待する選手!」のテーマでセレクト。あなたのツィートしたフォトが、ベストショットに選ばれたかもしれません。次回のお題は「こだわりの得意技」。横浜大会からパンフレット掲載を狙ってどんどん撮影してください。

☆2・1&2・24後楽園ホール大会PLAYBACK
3・10横浜までの流れはここで予習できます。主要試合を中心に写真で振り返りました。

★語れ!ノア愛
ノアに対する熱い思い入れを持つ関係者や他ジャンルで活躍する皆様に語ってもらうインタビュー。スタートは、社長として経営者の立場から携わる不破洋介ノア・グローバルエンタテインメント代表取締役による所信表明です。「デジタルな世界とは違う人生の楽しみ方を子どもたちに教えたい」と題し、至近距離から見た選手や今後の戦略を語っています。

☆公式モバイルサイト『プロレス格闘技DX』連載「ノア航海日誌」出張版
プロレスリング・ノア公式モバイルサイト『プロレス格闘技DX』では「ノア航海日誌」として選手が日替わりで執筆中。公開済みの日誌の中からセレクトし、パンフレットでも紹介。これを見て「もっと読みたい!」「ほかの選手のも見たい!」と思った方は今すぐプロ格DXへ入会してください。今回はどの選手の日誌がセレクトされているか。

★グッズコーナーも充実
3・10横浜より発売されるNEWロゴマークが入った新グッズはもちろん、すでに販売されているアイテムで会場売店にて購入できるものもまとめてありますので、会場で迷わずに購入できます。また、会場で購入できない場合、あるいは買い忘れた場合のオフィシャル通販サイト「NOAH THE SHOP」のご案内もあります。

 

既成のパンフレットでは満足できないあなたにとって、このプログラムが“ノアマガジン”と呼ぶにふさわしいボリューム&内容になるよう、今後も製作していきますのでお楽しみに!

鈴木健.txtさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ