初著書『プロレス きょうは何の日?』は“プロレス孫の手本” | KEN筆.txt

KEN筆.txt

鈴木健.txtブログ――プロレス、音楽、演劇、映画等の表現ジャンルについて伝えたいこと


テーマ:

BGM:P-MODEL『SPEED TUBE』

 

5月22日(火)に河出書房新社より初の著書『プロレス きょうは何の日?』が発刊されます。プロレス界の出来事を日付ごとに365日分(厳密には2月29日を含めた366日分)集めたもので、初心者にとってはプロレスへの入り口及び今からさらに知るためのデータ集、マニアにはすぐに歴史的な出来事を抽出できる一冊です。雑学本として話のネタにもできると思われます。

 

週刊プロレス在籍時の先輩である市瀬英俊さんの言葉をお借りすると「かゆいところに手が届く、孫の手のような一冊」を目指しました。書き手としてのカラーよりも、まずはプロレスの楽しさ、歴史、奥深さ、それらを内包する素晴らしさをより多くの方々に知っていただくのが一番の目的です。

 


「イッテンヨンだけじゃない、ファンは毎日が記念日! 名勝負、事件、旗揚げ、戴冠、デビュー、命日…一年365日、プロレス界で何があったか、一冊でわかる。すべてのプロレスファン必携」(版元煽り文より)
 

表紙を含むイラストは『プロレス語大辞典』著者・榎本タイキさんにご協力いただきました。365日の出来事以外にもサイプレス上野さん、獣神サンダー・ライガー選手、益子寺かおりさんが「わたしのプロレス記念日」を語ったインタビューを掲載。

 

 

鶴見青果市場にまで漂着しながら“イッテンヨン”公式テーマソングを手がけたミュージシャンの上野さん、ファン時代とプロレスラーになってから“ハッテンニーロク”“イッテンヨン”“ジュッテンキュウ”の3大「○・○」を実体験しているライガーさん、そして女性としてプロレスによって人生を変えられたかおりさんがそれぞれのプロレス愛を語り、忘れられない日付とその出来事を語っています。3つの視点から共感できると思われる内容です。

 

また、読み物としてはその異様なまでのデータ記憶力で高名なDDT・石井慧介選手をとりあげたコラムを掲載。日付、歴代王者はもちろん、いつどこでどのタイトルマッチがおこなわれ、何分何秒何固めで何度目の防衛に成功したかがスラスラ出てくる巨匠が憶える秘訣を明かすとともに、日付と記憶の楽しみ方もレクチャー。これを実践すれば、観戦とは違った形でプロレスをより楽しむことができると思われます。

 

さらに特別付録として、日本の主要プロレスラーの誕生日を日付順にした一覧もあり。それぞれの生まれた年(亡くなられている方は没年も)明記されており「今日はどのプロレスラーが生まれた日かな」と思いついたさいに、見つけやすくなっています。

 

昨年秋頃にこの企画をいただいた時点では「365日といってもほとんどが知っていることだし、それを集めればいいだけだろう」と考えていたのですが、まず一日ごとの項目を決めるところからあーでもない、こーでもないとなりました。同じ日に大きな出来事があると、どちらを優先するべきかで悩むからです。

 

ようやく項目が決まると、今度は出来事の重要性によって“枠”を決めなければなりません。本書ではその月でもっとも大きな出来事を見開き2ページで月頭に持ってきて(1・4は27大会分の歴史を6ページで。全大会の主要試合結果つき)、それ以外は1ページ、さらに1ページを6分割し4枠(2/3ページ)、2枠(1/3ページ)、1枠(1/6ページ)モノに振り分けました。これらを極力日付順が崩れることなくハメ込んで、ようやくページ割が決まりました。

 

そこから怒濤の原稿執筆がスタート。ただでさえ歴史に残っている出来事なのですから、書くべき情報はいくらでもある。でもそれぞれを限られた文字数で収めなければいけないので、いったん書いてから削る作業の方に時間を費やしました。それが365日分というのは、想像以上に大変でした。

 

執筆中もプロレス界は動いており中邑真輔選手やASUKA選手のレッスルマニア出場等もあって、そこまではなんとな入れ込むことができました。年代的には1883年~2018年の185年間分の出来事が網羅された形となっています。新日本&全日本の二大老舗団体、UWF系、インディー、女子、海外と幅広く集め、まずはお好きなところより入ってそこから他のカテゴリーも知っていただくための一冊です。

 

ひとつの出来事からさかのぼることでさらに詳しく知っていただけるよう、関連事項が載っているページへのリンクが貼られています。ネットで検索し、その先へ飛ぶのと同じ感覚で読めます。

 

ファンの皆様には「きょうは何があったか知ってる?」「あなたの誕生日はいつ? その日はこういうことがあったんだよ」といった感じでコミュニケーションツールにしていただければと思いますし、実況や解説を務めている関係者の皆様には中継前に目を通せば、その日に何があったかを確認し番組で活用できるかと。もちろん、記事を書くさいの資料としてもご利用いただけましたら幸いです。

 

それ以外の著者としての意図は「はじめに」「おわりに」にて書きましたので、ご覧ください。現在、Amazon等で予約を受け付けています。ぜひお買い上げいただき、カバンの中へ常備していただけたらと思います。よろしくお願い申し上げます。

 

『プロレス きょうは何の日?』CONTENTS

わたしのプロレス記念日

・サイプレス上野(サイプレス上野とロベルト吉野)

・獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス)

・益子寺かおり(ベッド・イン)

1・4【東京ドーム】

1月のプロレスの日 川田×小橋60分フルタイム/藤波がWWWF世界ジュニア王者にほか

2・10【「時は来た」「1、2、3、ダーッ!」】

2月のプロレスの日 雪の札幌テロ事件/レインメーカーショックほか

3・1【小橋がGHCヘビー初戴冠】

3月のプロレスの日 「破壊なくして創造なし!」/大阪城ホールに海賊男が乱入ほか

4・6【墓掘り人のレッスルマニア初黒星】

4月のプロレスの日 アントニオ猪木引退/「橋本真也34歳 小川直也に負けたら即引退!スペシャル」ほか

5・5【大仁田電流爆破】

5月のプロレスの日 蝶野が三沢、小橋と2年越しの連戦/新生UWF旗揚げほか

6・26【猪木×アリ格闘技世紀の一戦】

6月のプロレスの日 「おまえは噛みつかないのか?」/高山善廣×ドン・フライほか

7・29【闘魂三銃士結成】

7月のプロレスの日 「愛してます!」/小橋×健介チョップ合戦ほか

8・26【夢のオールスター戦で一夜限りのBI砲】

8月のプロレスの日 第1回G1で三銃士時代到来/ALL TOGETHERほか

9・26【ハンセン×アンドレ伝説の田コロ決戦】

9月のプロレスの日 高田延彦vs天龍源一郎/パンクラス衝撃の秒殺旗揚げほか

10・9【新日本対Uインター】

10月のプロレスの日 PRIDE..1高田がヒクソンに完敗/飯伏×ヨシヒコほか

11・19【前田顔面襲撃事件】

11月のプロレスの日 ブル中野が金網ダイブ/「この一勝はドームよりも重い」ほか

12・2【馬場が日本人初のNWA王者に】

12月のプロレスの日 力道山×木村政彦昭和の巌流島/TPG乱入で両国暴動ほか

【Column】石井慧介が教える「日付と記憶」の楽しみ方「僕にとって数字は“娯楽”です」

主要プロレスラー誕生日一覧

単行本四六版176ページ/1400円+税

 

河出書房新社紹介ページ http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309279435/

 

 

 

さらに! 恵さん情報によると、セブンネットで予約すると生茶がもらえるとのこと(5月31日まで)。生茶を飲みながら読もう。

セブンネット https://7net.omni7.jp/detail_isbn/9784309279435

生茶クーポンキャンペーン情報  https://7net.omni7.jp/general/sp/180402namacya?intpr=7ns_loc_general_0000007ns

 

鈴木健.txtさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス