気温25度
水温20度
 
天高く、馬肥ゆる秋。
 
そんな言葉が沸き浮かぶ、この、抜けるような青空!
少しずつ色づき始めるもみじ(*^^*)

「日曜日らしい」と嬉しくなる賑わい。

参加された方が同じ趣味の活動の方々に声掛けをされてお友達の輪が広がり、

参加された方のご家族がご一緒に来られてご家族の輪が広がり、

「心地良さ」を、身近な方の輪で共有しあう、嬉しい伝播(*^^*)

代表世話人のKさんのトレードマーク(?)の法螺貝。

「この法螺貝を吹くKさんの姿に半年前宮島で出会いました…!」

そんな再会も引き寄せちゃう?滝友の輪!!

 

「滝壺は、足元がでこぼこしてるから、先に入る方が地ならしをしてくれるんよ」

ひとあし先に滝入りを経験した方が、今日初めて滝入りする方に伝えてくださいます。

良い風景(*^^*)

 

「はいろうかどうか悩んでる」

「滝に入るのは勇気がいる」

そう話してくれた男の子が、おかあさんといっしょに滝入り!!

3人のこどもたちが滝入り。

「うわぉ♪」って身震いしながらも、おそるおそる目を開けて滝のなかからの風景を眺めていたり、

「少し顔を上げてごらん」って声をかけられて呼応したり、

自然体で滝入りする子どもたちは、

見て聞いて声を出して、

全身で滝を受けとめている姿に大人たちは感動。

前回来た時に、入れなかった男の子は見事な滝入り。

「また滝に入りたい」

そんな感想に拍手。

 

「滝に入る」そんな非日常に興味を持って実行に移す大人の姿を見て、

恐る恐るながらも自ら体験する子どもたち。

 

自然を味わう体験、

そんな体験を味合わせてくれるこの場所、その歴史。

 

広がる輪に、

心が躍る、そんな日曜日の朝の滝。

 

今日もありがとうございます。

 

☆付記

 

滝入り後、いつものようにお参りしに上がったお不動さんのお堂。

たまたま通りかかられた方に、滝入り後のHさんが声をかけられご一緒にお参りすることに。

 

出会ったご縁から、「被爆お不動さん」の由緒を聞いていただき、

 

その方のお話を伺うと、

この滝の観音に通われ、お堂への階段の昇降をご自身のための「修行」と課されているとのこと。

 

またきっとお会いできる。

そんな重なりを感じました(*^^*)

 

☆付記2

 

18時からは第五期献水の滝物語総会でした。

コロナ禍で状況がどうなろうと開催できるよう、Zoomでの開催。

総勢12人で、

第五期を振り返り、第六期、新しいいちねんに臨みました。

(Zoom総会開催中の写真を撮れなかったことだけが残念です(:_;))

 

これまでの経験と、予測や計画を踏まえながら、

真摯に、柔軟に、

また、あたらしい献水の滝物語のいちねんを、

繋がりながら力と知恵を合わせながら創っていきたい所存です。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

*****

 

6がつく日の滝入りは7時から

 

満月、新月の滝入りは20時から

 

第一日曜日の滝入りは10時から

 

滝入りスケジュールをご確認くださいませ。

第六期 10月〜12月滝入りスケジュール

 

コロナ禍、悪天候などによる急きょの開催予定変更につきましては、

献水の滝物語Facebookページにてご案内いたします。

 

どうぞご確認くださいませ。

献水の滝物語Facebookページ

 

献水の滝物語HP