気温20度
水温18度

前回8日の新月の滝は大雨警報で中止としたため、10日ぶりの滝。
長雨が続いているなか、
警報が解除されたタイミングでの滝入り。
 
8月とは思えない温度だけど、
おしきびの花器の水を汲む柄杓を支えきれないほどの水圧に、
温度を気にする余裕すらない朝です。
滝は砂で埋まっていて、
土砂かきのお手伝いを申し出るも、
今の状態で行うのは危ないので、
滝の勢いが収まってから少しずつやりましょうと話し合いました。

滝壺も、

左脇の窪地も、

その先の流れも、

すっかり同じ高さになってしまっています。

一斉清掃で砂防ダムの下流の土砂を上げたばかり。

この滝の観音は、

地域にとっても、

そして今や私たちにとってもなくてはならない大切な場所。

 

来年は、

ずっと願っている上流の土砂や倒木などの除去に手を付けたいねと、

滝のあとのミーティングで改めて話し合いました。

 

 

和尚さまがまず足を踏み入れます。

背中で受けとめられる水圧が、

どれほどのものかを目の当たりにして、

それぞれの滝入りをそれぞれに考えます。

圧倒される、滝。

それを「受け容れる」。

やみくもに体当たりするでもなく、加減と距離感を測りながら、

自分なりに受け容れる。

心と呼吸を落ち着けて、

丁寧に滝入り。



 

 

全員が輪になり、

すぐに手を差し伸べられる場所で見守りあっている安心感のなかでの、

今日のこの滝。

シェア会。

体験からこぼれ出る想いを、それぞれが言葉に紡いでいきました。

 

 

今日も、ありがとうございます。

 

*****

 

次回、6がつく日の滝入りは9/16(木)の7時から。

 

次回第一日曜日開催は10/3(日)10時から。

 

つきよみの滝入り満月の滝入り」は9/21(火)20時から。

 

つきよみの滝入り新月の滝入り」は9/7(火)20時から。

 

 

見学、体験、どなたさまもお気兼ねなくお越しくださいませ。

お待ちしております。

 

献水の滝物語HPはこちら↓↓↓

 

 献水の滝物語story of peace and waterfallリンクkensui.org