塗り替え工事の様子その5-内部の廊下塗装編- | 東海村のペンキ屋さんのブログ

東海村のペンキ屋さんのブログ

佐藤建装代表、塗り替え・塗装で笑顔と輝きを!
茨城県内全域を安全第一で施工します!
また,東日本大震災から学んだことを生かし,目先の利益にとらわれず,これからの子供たちの未来を明るい方向へ導いていく,そんな経営者になりたいと思ってます!ONE LOVE,ONE PEACE!


テーマ:

ども(^^)


ブログ連投です(笑)



時間が空いて、なおかつヤル気出たときに一気に書いてしまわないとまたサボってしまいますので、今日は一気にやっちゃいますw



今回は廊下の塗り替え編です。




KENSTYLEのブログ


とても日当たりの良い廊下なので日焼けがすごく、濡れたままのバスタオルを干してしまったとかでシミもものすごいことになってます。


アップするとこんな感じ



KENSTYLEのブログ


これがフローリングの場合、私のチカラで復活させることはできないので大工さんに張替えをお願いすることになるのですが、無垢材の場合は綺麗にすることができます(状況次第では張替えを薦めますが^^;)



では作業に入っていきましょう(^^)



まず、オービタルサンダーで研磨していきます。



KENSTYLEのブログ


削り過ぎないよう注意しながら作業していきます。



KENSTYLEのブログ


見事に綺麗な木肌がでてきました(^^)

KENSTYLEのブログ


KENSTYLEのブログ


あっ、床の塗装なのに高い場所、サッシや障子が養生してあるのは、舞い上がる粉、埃が付着すると掃除が大変なので塞いでいます。




そして研磨では落ちなかった隙間の汚れやカビなどを落とすためにあく洗いで使った薬剤を塗布します。



KENSTYLEのブログ



薬品がある程度乾いたら、お寺に修行に行ったつもりで何度も雑巾がけをします(笑)


絞ってはゴシゴシ、絞ってはゴシゴシ・・・、



このうえに塗装していくわけですが、水分をたっぷり含んだ廊下を乾燥させないと塗装ができませんので、初日の作業はこれで終了です(^^)




そして廊下が完全に乾いたら、サンジングシーラー、クリアーと塗り重ねていきます。


今回は2液型のポリウレタン塗料を使用しました(^^)



KENSTYLEのブログ


1回塗ったら研磨、



KENSTYLEのブログ

またもう1回塗ったら研磨、


目の細かい研磨紙で優しく仕上げていきます(^^)



4回くらい塗り重ねると、最終的にこうなります。



KENSTYLEのブログ



KENSTYLEのブログ



ピッカピカーー!!!\(^o^)/



次の日には歩けるくらいは乾いてます。


重いものを置いたりする場合は、念のため数日待ってもらったほうがいいかとおもいます(^^ゞ


このままでも数年は大丈夫かとは思いますが、やはり塗料は紫外線に弱いので、塗膜が完全に乾いたら、この上に市販のワックスでも塗っておけば更に長持ちするかと思います。


プロに塗装してもらったから大丈夫だ!ではなく、マメな掃除や自分でもできるメンテナンスをすることにより外壁も廊下も長持ちさせることができると思います(^^)



さて次はっと、


塗り替え工事の様子その6-○○○塗装編-



お楽しみにw



KENSTYLEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス