塗り替え工事の様子その4-あく洗いと木材保護塗装編- | 東海村のペンキ屋さんのブログ

東海村のペンキ屋さんのブログ

佐藤建装代表、塗り替え・塗装で笑顔と輝きを!
茨城県内全域を安全第一で施工します!
また,東日本大震災から学んだことを生かし,目先の利益にとらわれず,これからの子供たちの未来を明るい方向へ導いていく,そんな経営者になりたいと思ってます!ONE LOVE,ONE PEACE!


テーマ:


おはようございます(^^)

今日は朝からブログ更新です(笑)

今回は化粧垂木軒天の保護塗装編です。

外壁編より書くのがあとになってしまいましたが、本当は外壁より先に天井を仕上げるのがセオリーです。

基本、高い場所から塗装は仕上げてきます(^^)

なので外壁編を書いたときにはすでに天井は仕上がっていました(笑)


高圧洗浄

研磨紙で軽く研磨

キシラデコール(カスタニ色)を2回塗りしています(^^)

1回目


KENSTYLEのブログ

2回目


KENSTYLEのブログ

すべて刷毛で地道に塗装していきます。

1回塗りと2回塗りではしっとり感がぜんぜん違います(^^)

破風


KENSTYLEのブログ

矢切り


KENSTYLEのブログ

矢切りはキシラデコールのスプルース色を2回塗りです。

今回、元請けさんである建築工房佐藤さんが矢切りを作り直しましたので、新品で気持ちが良いです(^^)


完成写真


KENSTYLEのブログ




さて、ここからは「アク洗い」について書きたいと思います(^^)

今回の現場、玄関は明るく気持ちよい感じにしたいとの要望により、玄関の天井だけはアク洗い作業を行ったので、その様子を書いてみたいと思います。

木材は古くなってくると日焼けや木のアクにより黒ずみます、この黒ずみや汚れを漂白する作業をあく洗いと言います(^^)



アク洗い前の写真


KENSTYLEのブログ

高圧洗浄したあとの写真なので真っ黒だった状態に比べると少し綺麗になってますが、まだまだ古い感じは残っていますね。


これを綺麗にしていくのですが、今回、株式会社MIYAKIのアクロンAB、レブライト、ノーベルABの3種類の薬品を使用して作業しました

強力な薬剤なので、庭木や関係ないところに薬剤がかからないよう、しっかりと養生します。


KENSTYLEのブログ


そして噴霧器を使ってアクロンABを塗布していくわけですが、



KENSTYLEのブログ

社長(私)自ら出陣です!

決してふざけてるわけではありません、身を守るのに必死なんです(笑)

皮膚に垂れるとメッチャ痛いし、目に入ったら失明しかねませんから(^^ゞ


準備ができたら、柱、梁、桁、天井と下のほうから塗布していきます。


最初に、基本、塗装は上からと申しましたが、あく洗いは上からやってしまうと垂れシミができてムラになってしまうので下から塗布していきます。


アクやヨゴレが泡を吹いてるのわかりますかね?



KENSTYLEのブログ


一通り塗布して少し時間を置いたら水洗いをします。


KENSTYLEのブログ


そしてブロアーで桁や梁の下に溜まった水滴を飛ばしていきます。

これは水滴による輪シミができるのを防ぐためです(^^)

そして乾燥するのを待ち、ヨゴレが落きってない場合はもう一度アクロンABを塗布し、ここまでの工程を繰り返します。


KENSTYLEのブログ

しっかりと完全乾燥させ、シミ、日焼け、カビなどが落ちきってない場合、レブライト、ノーベルABと塗布していきます。

しっかり乾燥してから次の工程をやらないと塩素ガスが発生しちゃったりしますので注意が必要です(^^)


あく洗い終了写真


KENSTYLEのブログ

新築に近いくらいの感じなりました(^^)

それにキシラデコール(スプルース色)を2回塗りで、


KENSTYLEのブログ


大変な作業ですが、お客様にとても喜んでいただけるのでやりがいのある仕事かと思います(^^)


次回は塗り替え工事の様子その5-内部の床塗装編-

を書きたいと思います(^^)

KENSTYLEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス