塗り替え工事の様子その3-外壁塗装編- | 東海村のペンキ屋さんのブログ

東海村のペンキ屋さんのブログ

佐藤建装代表、塗り替え・塗装で笑顔と輝きを!
茨城県内全域を安全第一で施工します!
また,東日本大震災から学んだことを生かし,目先の利益にとらわれず,これからの子供たちの未来を明るい方向へ導いていく,そんな経営者になりたいと思ってます!ONE LOVE,ONE PEACE!


テーマ:

お疲れ様です(^^)


バタバタと忙しくて前回の下地処理編 から間が空いてしまいましたが、外壁塗装編いきたいと思います(^^)/



まずは養生という作業をします。


養生とは非塗装部分(塗装しない部分)をビニールなどで隠す、塞ぐことで、




KENSTYLEのブログ


この写真のように、瓦屋根や窓、天井との境目、雨樋などを養生していきます。


KENSTYLEのブログ




ガムテープ、紙でできたマスキングテープ、マスカー(ガムテープとビニールが一緒になった便利なもの)などを使って養生していきます。


瓦屋根の養生で使う緑色のビニール(1枚目の写真参照)はノンスリップになっており、普通の透明のビニールと違って歩いても滑らないし丈夫だしで屋根養生には必需品です(^^)




KENSTYLEのブログ


養生部分のアップ写真です。



うちの会社の場合、まずマスキングテープ(緑色)を貼ってから、そのうえにマスカーで養生してます。


マスカーを直接貼らずにマスキングテープを貼る理由は、


・非塗装部分にガムテープのノリが残らない(夏季は特に残りやすいです)


・ガムテープよりマスキングテープのほうが塗料の滲みが少ない


などの理由があります(^^)


少し手間が増えますが、それだけの価値があり、仕上がりも綺麗になります。



今回の現場は単層弾性塗材にてゆず肌模様にするため、更に細いテープ(黄色)を貼ります。



これはなぜかというと、ゆず肌模様の厚付けの中塗りをしたあと、そのまま上塗りすると養生が剥がれにくくなるのを防ぐためです。


文章ではわかりずらいと思いますので、あとで写真付きで説明しますね(^^)





まずはこのようにゴロゴロと下塗りを塗っていきます。

ローラーで入らないところは刷毛を使って塗っていきます。
KENSTYLEのブログ



そしてクラック補修したところを、鎖骨ローラーで模様をぼかしながら付けておきます。
KENSTYLEのブログ





下塗りと補修したところの模様付けが完全に乾いたら中塗りです。

鎖骨ローラーでゆず肌模様を付けていきます(^^)


KENSTYLEのブログ


そしてここで中塗りが完全に乾く前にさっきの細い黄色いテープを剥がします!



KENSTYLEのブログ


KENSTYLEのブログ

この工程が抜けると最後に大変苦労することになります(笑)



そして最後に上塗りです。


丁寧に塗り重ねていきます。
KENSTYLEのブログ

普通は中塗りと上塗りは同じ色を使うのですが、今回は写真でわかりやすいよう、中塗りを上塗りより薄い色で塗ってます(^^)


ここまで一気に書きましたが、一日1工程くらいなので、だいたい三日から四日かかってます(^^ゞ



アップした写真で見ると、



これが、


KENSTYLEのブログ

これになりました\(^o^)/

KENSTYLEのブログ

最初のガサガサした触り心地に比べると、弾力のある、優しい感じの壁になってます。



これが
KENSTYLEのブログ

こうだ!


KENSTYLEのブログ



これが。。。


KENSTYLEのブログ


こうだ!!(笑)


KENSTYLEのブログ

画像をアップにしてよく見るとサッシの際の塗料の滲みがまだ掃除されていませんが、ご心配なく、このあと綺麗に補修と掃除はしていますので(^^ゞ(笑)



外壁編はこれにて終わりです(^^)



次回は・・・・・、すぐ更新するのでお楽しみにーーw

KENSTYLEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス