塗り替え工事の様子その2-下地処理編- | 東海村のペンキ屋さんのブログ

東海村のペンキ屋さんのブログ

佐藤建装代表、塗り替え・塗装で笑顔と輝きを!
茨城県内全域を安全第一で施工します!
また,東日本大震災から学んだことを生かし,目先の利益にとらわれず,これからの子供たちの未来を明るい方向へ導いていく,そんな経営者になりたいと思ってます!ONE LOVE,ONE PEACE!


テーマ:



お疲れ様です!






塗り替え工事の様子その2、ほぼ完成まで書き上げたのに間違って余計なところをクリック、文章全部消えました(ToT)



メッチャ萎えましたがもう一度書き直してUPするぜぃ!!



くそっ、負けん!!(なににだw





さて、今回は下地処理編を書こうかと思いますが、前回の高圧洗浄編を読んでない方はそちらを読んでから今日のブログを読んでみてください(^^)





「左を制するものは世界を制する」



って言葉がありますよね?



これに例えて、



「下地処理を制するものは塗装業を制する」



と言いたいくらい、塗装工事をするにあたって下地処理はとても重要だと私は思ってます(^^)



では、まずは下の写真を見てください。




KENSTYLEのブログ



KENSTYLEのブログ



KENSTYLEのブログ


震災の影響なのか、20年蓄積されたダメージによるものなのか、



おそらく両方が原因だと思いますがあちこちにクラックが入ってます。



クラックというのは、構造物に入るヒビ割れや裂け目、割れ目などのことを言います。



髪の毛ほどの細いクラック(ヘアークラック)は塗料やカチオンフィーラーの擦り込みで埋まりますが、少し大きめのクラックはシーリング、更に大きめのクラックは「Vカット」処理をしなければいけません。



Vカット処理とは何かというと、



①クラックを更に電動工具(Vカットサンダー)で広げる

②広くなったクラックにシーリングを注入する

③カチオンフィーラー、モルタルなどでコーキングを隠すように埋めて平面にする

④平らになった補修面を既存の外壁面の模様に合わせる(吹き付け作業や鎖骨ローラーなど)

⑤ここからようやく通常の塗装作業をすることができます\(^o^)/



本当は写真付きで説明したいのですが、今年の5月、去年の秋にVカット工法の現場をやったときに・・・、




写真を撮っておくのを忘れたのです・・・(´;ω;`)




ブログやホームページを作ろうと思い始めたのが最近だったので、そこまで頭がまわりませんでした・・・。




話を戻しますが、このクラック処理がうまいかヘタかで最終的な仕上がりが極端に変わってきます(^^ゞ



外壁面にミミズが這ってるようなコーキングの跡が見えてたり、いかにも補修しました!とわかるような跡がでてたりするよりは、なるべく補修面が綺麗に隠れてたほうが美観的にいいですよね(^^)




今回この住宅では、私が塗装工事に入る前に大工さんと左官屋さんが建物の状態をチェックし、大きく壁が破損していたところは左官屋さんが補修、大工さんが壁の補強でビス止め作業などをしてあります。写真に写ってる小さい白い丸いものが見えると思いますが、それはビス止めしたあとビスの頭にシーリングをしたものです(^^)




では、この現場でのクラック補修写真です(^^)



KENSTYLEのブログ
このように、電動工具は使わず、カッターで少しクラックを広げます。

なぜ広げるかというと、広げることによりヒビ割れの奥までシーリングが注入できる、シーリングの接地面が増えることによりより強度が増すからです(^^)



KENSTYLEのブログ
広げたクラックにプライマーを塗ります。これを塗らないでシーリングすると密着が悪く剥がれの原因になります。




KENSTYLEのブログ
そしてガッチリとコーキングを注入!




KENSTYLEのブログ
ヘラでしっかりと押さえます。



コーキングが壁にはみだしても問題ないのですが、これが窯業系サイディングだったり、はみだしちゃいけない仕様の場合はマスキングテープを使用し、シーリングします。



今回の作業は、外壁が単層弾性塗材にてゆず肌模様ということもあり、Vカット工法まではいかない、Vカットもどき的な補修をしました。



Vカット工法をする場合は、シーリングが表に出ないようヒビの奥だけに注入し、その上にカチオンフィーラーやモルタルでふさぎます(^^)



単層弾性塗材にてゆず肌模様の場合、外壁にかなり厚みが付きますので、このくらいのクラックだと綺麗に隠れてしまいます(^^)



コーキングの特性上、外壁面より少し凹みますので、写真の工程のあと、次の日に凹んでる部分に再度コーキングを載せました(^^)




このあと、コーキングでたいらになってしまった部分をまわりとの模様合わせをするのですが、




その作業は次回の日記で書きたいと思います(^^)



次回は、塗り替え工事の様子その3-外壁塗装編-です(^^)

KENSTYLEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス