柔道と勉強

テーマ:
こんにちは!

広島市東区牛田の少年柔道の道場
賢心舘牛田新町道場の山口です!


「勉強嫌いな人!」

この質問に、
ほとんどの子が手をあげた。。。(^-^;



確かに、
なかなか勉強が大好き!

って子はいないですよね。


大好きでなくても、
せめて好き程度にはなってもらいたいと思いますが、
それもなかなか難しい。。。(^-^;



でも、
こんな風に考えることができたら、
勉強が嫌いでもやろうと思ってくれないかな・・

という私なりの持論がある。




柔道は頭を使う。

勝負している試合中は、
とっさの判断や閃きが重要な役割を担ってたり、
体が勝手に反応したり動いたりして、
無意識な技が出て勝てたりすることもある。


無意識であっても、
体が動いてその技が出たということは、

脳が反応してたといえる。




賢い選手は強くなる。

というか、
強い選手は賢い。


頭の回転が早い選手は強くなる。

というか、
強い選手は頭の回転が早い。



それこそが、
試合中のとっさの判断や閃きにつながり、
むいしきに出る技にも繋がるのではないかと思うのです。




脳を意識的に使うこと。

それには、


考える


という事が脳を意識的に使ってることになる。



勉強すると考える。
考えるということは、
脳が活性化する。

脳が活性化するということは、
脳の回転が早くなり、
閃きやとっさの判断が早くなる。


結果的に強くなる。。


ということに、
繋がっていきはしないか。。。




何も東大に行くレベルにまで勉強しろと言うことではなく、

最低限の、、
そして、
当たり前の事をきちんとする。


出された宿題はちゃんとやる。
授業は真面目に受ける。

たったこれだけ。


たったこれだけを、
勉強をする意味付けが出来てないと、
なかなか面倒くさくなって、
やりたくなくなる。



でも、
大好きな柔道が今より強くなるために、
脳の回転を早くしなければならない!

そのためには、
脳を活性化する必要がある。

そのためには、
勉強をする事で考えることができ、

それが、
脳を活性化させ、
頭の回転が早くなり、
柔道が強くなる。。。


ということが理解できれば、
ただ勉強がキライだと思う子でも、
そのためならやろうかなと思ってくれないかな。。。

また、
最近は高校で柔道をやりたいと思っても、
ある程度の成績以下の子は受験すら出来ない高校もある。

そんな子には、
自分が行きたいと思う高校があったり、
高校から声がかかったりしても、
勉強してなくて成績が悪すぎたら、
その高校には行けなくなる。。。


そこにスイッチが入れば、
仕方なくでもやることはやるようにならないかな。。。(^-^;




なんて思ってて、
それをこれまで何人かの道場生に話したことがありましたが、

昨日は全体に話す機会があったので、
みんなに伝えてみた。。。



全員ではないにしても、
一人でも二人でも、


あっそうか!
とか、

なるほど、、
と思ってもらえて、

勉強を真面目に取り組もうとする子が出てくれたなら良いなと思いました。。。