パンは大事にケースに入れられ売っておりました。

囚われのパンたち。

 

コロナは続くよ、どこま。。。

 

J2再開・負け

 

基本・病人

まだまだ、コロナ。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

コロナによるマスク着用によって困っています。

ん〜〜〜〜!

 

シライはマスクをしていない状況で、

怒ってる?」と言われる事があります。

 

もちろん、怒っておりません。

理由としては顔に表情が出ていない事が原因です。

 

懐かしのライブ会場でもあります。

 

そして、今回のコロナ。

口元が隠れると「更に」感情が伝わりません。

実は笑っている!!!

 

と言う訳で、

シライさん、怒ってる?

と思われた方、どうぞ安心を!

 

怒ってません!!!

 

ただでさえ、感情を伝えるのが下手なのに、ホント困ります!

 

マスク解除はいつ!?

 

すっかり忘れていた、5月メモ

 

今年はすっかり記憶にないGW

 

初Zoom打ち合わせ

 

非常事態宣言・25日全面解除

 
アベノマスクまだ来ない
 
10万も来ない。
申込みはした。
 
写真は去年の台風にやられた木々たち。
傷跡を発見したので資料として、
撮っておきました。
 
 
 
 
 

 

2020年 5月25日(月)曇り

我が、千葉県も間もなく非常事態宣言が解除されそうです。

一時期に比べると、町の中も人が増えている印象。

 

シライの最近の楽しみは、アシガールの再放送です。

黒島結菜と伊藤健太郎(当時は健太郎)の青春時代劇、タイムスリップありの内容で、若い2人の演技が印象的です。

 

この枠の新作ドラマがコロナで延期になっての再放送で、時間も金曜夜10時という良い時間で話題になっている模様。

2017年当時は、土曜の夕方というなかなか、難しい時間帯で。今のようには話題になっていなかったので、今回、話題になり嬉しい限り。今の2人の活躍があっての放送ってのが大きいでしょうね。

 

唯役・黒島結菜の「若君様〜〜!(伊藤健太郎)」への一直線なところ、天然な様子が素晴らしい。他局で放送中のドラマ、行列の女神らーめん才遊記でも彼女にぴったりの役柄を演じていて、そちらも目が離せません。ほぼ唯なのではというほど。

 

アシガールでは足の速さ、行列の女神〜では、料理センス、という才能を持ってる部分も近く感じられて、おそらくアシガールの演技があっての採用だったのではと勝手に思っております。

 

いやー改めてみると、伊藤健太郎の殺陣も素晴らしく、当分、楽しみは続きそうです!

 

写真は、落ち武者ではなく、DONNY BENETのLPです。

今年一番好きかもな、カラー盤です。

 

 2016年に参加した展示で作ったZINEは、他の参加者がイラストメインなのに対して文章メインと反抗しており、第一特集は、シライケンのイラスト人物のアゴ・輪郭の変遷検証。いったい、いつから割れ出したのか?自分でも認識していなかったので、張り切って作った。のだが、展示で売れたのは僅かばかり、せっかく過去資料を振り返り作ったのに。。なので、今回2020年に大公開します!

以下、ZINEより

まずはこちらを見て頂きたい。現在、シライが描くキャラクターである。

自分ではあまりキャラクターの認識はないけれど。一般的にはキャラクターになるのであろう。いつからかこの目になっていた。いつからかこのアゴ割れになっていた。目は、眩しげな目というか、見開いていない感じ。そして、アゴ割れ。自分でもいつからこのキャラクターが登場したのか分からない。いつの出来事か覚えていないがアゴ割れに対してこういったやりとりがあったのは覚えている。

 

 

 「知らないうちにアゴ割れてた事件」

 

 

某仕事の時に言われた事だ。 「シライさんの絵のキャラクターってアゴ割れてますよね?」 「?」 何の事か分からなかった。よくよく自分の絵を眺めると確かにアゴ割れキャラ。そう自分でもいつからアゴを割ったのか気がつかないまま誕生していたのである。

 

描いている本人でも気がつかないうちにこのキャラクターは日々変化している。他者から見ると同じに見えるのだが。キン肉マンのように初期後期で絵が変化したように。あらゆる漫画でそうあるように。自分の過去作品を見るとその変化に自分自身驚かされる。特にアゴの変遷が興味深い。  誰に望まれたわけでもないが自分自身で興味があり今回検証して行きたいと思った次第である。検証にはシライケン・オフィシャル大人気ブログ?を見ていくのがベストと考え遡ってみた。

 

ブログ開設が2008年、特に絵はアップされていない。どうでもいい記事はアップされていた。例えばAERAの表紙の男性、当時のイヴ・サンローランのクリエイティブディレクターに就任したステファノ・ピラーティが元サッカー選手・ラモス瑠偉に似ているという記事。本当にどうでもいい。2009年1月を見てみると、4コマとして絵はアップされている。まだ割れていない。1年後、2010年1月、割れている。パックリ割れている。2009年を詳しく調べ直す、1月、2月、3月上旬そして、3月下旬、遂にアゴ割れが初登場。それがこのコマだ。

 

 

今よりも細長な顔に遠慮気味なアゴ割れ。2010年を見ると完全に割れだした。

 

ちょっと鋭利なアゴも登場である。 2011年になると極端なアゴ割れも誕生。

 

 

2012年頃からキャラクターの判別のためアゴ割れとアゴ割れてないキャラクターの混合が行われていた。

 

2013年頃、今にも続くガッチリアゴキャラクターが登場。

 

2014年頃からはあえてアゴを割らない方向へシフトしていった。何故なら仕事でNGになるため自粛。要因はいくつか、外国人に見えてしまうなど。アゴで修正が入るとそれは面倒な事に。単にあごを丸めるだけでは済まないのだ。極端なアゴ強調のためバランスが一気に崩れてしまい簡単な修正作業ではなくなってしまう。そういった事もあってなるべくアゴを割らない方向で進めていたのだ。こちら、じいちゃん?孫?な摩訶不思議な日常の図。

 

 

そんな中、プライベートワークではその反動か割って割って割りまくるという事態に。それが功をそうしたのか思いっきりアゴを割った絵がイラストレーションファイル2015の下巻表4、アクアさんの広告に採用された。

 

2015年頃からは鋭利なトンガリアゴも登場した。

 

今回の検証により先に述べた、知らないうちにアゴ割れてた事件は2009年3月以降でありブログ以外の調査によりその事件が2010年の出来事だと断定された。この時期は過渡期のようで目の表現は眩しげな物と丸だけまたは横棒のような物が混合されて描かれていた。加えて、眩しげな目の表現はアゴ割れよりも早いようだ。2007年の時点で確認できた。しかし起源の断定は難しい。今回、非常に興味深い調査であった。

 

手を動かしてさえいれば何か変化が生まれる事が分かった。自分で言うのも何だが、うまくもなっていたし、(成長していないと困る)過去の絵に恥ずかしさもあったり。個人的にこれからの更なる絵の変化が楽しみである。好御期待。自分に。その時点でのベストを描くため日々精進致します。このどうでもいい、検証に最後までお付き合い頂き本当に感謝致します。

 

ZINE内容終了

 

こちら、最近のファミカセ展に参加したときのモノです。ナイスアゴですね!

 

アゴ割れてた事件が2010年。ゆるっとこれをまとめようかなと思ったのが、偶然にも2020年。

そう記念すべき10周年!素晴らしい!!

これからも日々進化して行くシライケンイラストにお付き合い頂ければ幸いです。

お仕事のご依頼はこちらから、お気軽にご相談くださいませ!

https://shiraiken.tumblr.com/contact

ここまで読んで頂いた御礼に、シライ所蔵のナイスなパン画像を!

 
 
noteにも書きました。どこかが違うようですよ。https://note.com/kenshirai/n/n950c2d4ecb4e


世はコロナ。みなさん基本引きこもって、あつまれどうぶつの森をしているのでしょうね。僕はスマホのゲームも触らないので、全然ついて行けていません。ゲームは常に進化しているから、イラストレーターなるもの、そういった進化について行かなければいけないのでしょうね、本当は。ちなみに得意なゲームはテニス系です。

シライの引きこもりライフは、読書。主に雑誌。Numberを買いました。カズが表紙の創刊40周年記念特集 日本サッカー希望の1ゴール、
スポーツ雑誌は試合がないから、企画で乗り切る現状。Numberはまだ色んなスポーツを取り上げられるからよいけど専門誌は辛いとこです。昔、持ち込みでイラストを見せに行ったけど、今のところ、依頼はないですね。ははは。そろそろ!?

カズのインタビューでは人生の11ゴールを上げていて、その中に観に行った試合も入っていた!1997.9.7日本代表対ウズベキスタン戦ワールドカップアジア最終予選・国立競技場。初戦で、カズが4点取った試合。
あの時の歓声はホントに凄かった。何人くらい入ってたのかな、6万5千人かな。ホームだからスタジアム全員が熱狂って感じで、ゴールの時の金属音に近い歓声、国立揺れてた、完全に揺れてた。同じ経験はあのあとはないかな。主な観戦がJ2千葉戦になったのも要因。
カズの存在を知ったのは、中学生の時。黒板に山下君がカズと書いていて、誰?と思って調べた記憶がある。山下君のあだ名がヤムチャだったけど、何でなのかは謎のまま。

年のせいか、昔を振り返ると少し泣けてきます、この頃。特に体験した事を思い出すと。いやいや、いかんいかん。過去ばかり振り返っていては!
なので、現在のジェフ千葉の試合を早く観たい、あースタジアムに行きたいなーと強く思う。

コロナ的時間があるので、また、近々書こうと思いまっす。

 
コロナは広がる一方ですね。
マスク2枚とか、おかしな事がたくさんあって、この辺の事を書いていたら、自分の頭がおかしくなりそうなので止めておきます。
 
さてさてJリーグは、どうなってしまうのでしょうか。もしかすると、新たな開催方式で今年の後半に試合はあるかもしれませんが、リーグ戦は中止なのではと勝手に思ってます。昇格、降格共になしで、来年へ向けての準備year?今も選手にコロナが出ている状況で、今の広がりで他にも出てきてもおかしくない。プロ意識のある、あの選手がかかるくらいだから。完全にコロナ終息は難しいのが頭の痛いところ。収束で手を打つのでしょう。
 
エルゴラは企画企画で、頑張り。サッカーダイジェストは再開後の事とかチーム現状の報告。と言ってもチームがクローズしていたり情報が限られていて、いつもに比べると情報量・文字が少ない。致し方ない。出版に近い仕事柄、苦労が見えてしまって、何とか乗り気って、踏ん張って欲しいとしか言えません。
 
1日でも早くフクアリで試合が観たいです。
 
写真は、リリースされたLSTNGTの新譜のビジュアルです!
 
 
 
 
2020・3月メモ
コロナコロナコロナ
延期延期延期オリンピック&たくさん
中止中止中止たくさん
ブラックパンサー地上波
志村けん。。。
 
 
 
 
いやいや、桜も咲き始めて、春〜!な雰囲気になるはずなのに、アヤツのせいでドヨーンとしてますね。毎日、延期、中止、閉鎖とか何かしらネガティブなワードが耳に目に入って来てテンション下がり続けております。ダークサイドに引っ張られ、何年ぶりかに冬の海に行きかけました。危ない、危ない。
なので、谷根千界隈のパン屋を巡ってきて留まりました!こちらについては、いずれ書こうかな。
 
Jリーグは開幕してから早1ヶ月。開幕戦から延期になって2節以降は開催されず。今季のレギュレーションもだいぶ変わるようで目が離せないです。
 
春になってもあまりテンションが上がる方ではないけど、今年は、着なくなった服でも引っ張り出して着てみようと思います。最近、同じ服ばかり着ている感じで、いかん。少しは気分が良くなるかもしれない。よし実行だ!!!
 
写真は大平製パンのコッペパンサンド・ナポリタン、接写です!旨い!