128歳満期個人年金プラン

本プランは香港の保険会社F社が提供するプランで、高格付け債券と株式を組み合わせた運用によって、契約開始日から5年後の解約返戻金は元本以上の金額となり、それ以降は個人年金プランとして毎年配当金を受け取りながら、最長128歳まで運用継続可能なプランとなります。

また、将来的な相続対策として、運用途中で契約者が亡くなった場合、相続人となる受益者が新たな契約者となり、新たな契約者名義でも最長128歳まで運用継続可能です。相続人となる受益者は何度でも変更することができるため、何世代にも渡って永続的に運用継続が可能です。

本プランの保険料支払い方法は一時払いのみで、最低保険料はUSD10,000からのご提案となりますが、契約時の保険料の金額によって、以下の割引保険料が適用されます。

◎USD50,000以上=4%
◎USD100,000以上=6%
◎USD300,000以上=8%

契約開始日から5年経過後、個人年金プランに契約変更することも可能で、ご希望の受け取り期間と金額を設定することが可能です。例えば、以下のようなプランの提案が可能です。

【35歳申込の場合】
一時払い払い保険料:USD50,000
一時金解約返戻予定額:10年後USD70,466、20年後USD108,685、30年後USD164,633
(配当収入の場合)
運用期間:35歳~65歳、受給期間:65歳~100歳の場合
年間受給予定額:USD9,841x36年、総収入予定額:USD354,409(元本の7.09倍)

【45歳申込の場合】
一時払い払い保険料:USD100,000
一時金解約返戻予定額:10年後USD143,931、20年後USD221,997、30年後USD336,273
(配当収入の場合)
運用期間:45歳~65歳、受給期間:65歳~100歳の場合
年間受給予定額:USD12,206x36年、総収入予定額:USD439,482(元本の4.39倍)

【55歳申込の場合】
一時払い払い保険料:USD300,000
一時金解約返戻予定額:10年後USD441,179、20年後USD680,469、30年後USD1,030,751
(配当収入の場合)
運用期間:55歳~65歳、受給期間:65歳~100歳の場合
年間受給予定額:USD23,675x36年、総収入予定額:USD852,334(元本の2.84倍)

上記各プランの解約返戻金は、確定利回り(Guaranteed Value)と非確定利回り(Non-Guaranteed Value) の合計金額となります。非確定利回りは金利変動によって将来の受取額に変動があります。

本プランはご自身の老後資金を安全に運用しながら、運用利益を個人年金として長期的に引き出し続けることができ、最終的には相続人となる受益者への相続対策にもなるプランです。

ブログに合格点を!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村