1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年12月31日(木)

完全仕事納め!

テーマ:理学療法

年末です!

やっと、今日で完全に2009年の仕事納めをしました!


以前お話したように、障害者支援施設という特性上、入所者がいらっしゃいます

ですので、基本的に業務は24時間365日体制で行っています。

年末年始は”気分だけ”でありません。


今日はさすがに年末ということもあり、外泊をする方がちらほらいて、入所者の人数も少なかったです。

ということで、今日は、機能訓練の業務は許してもらって、たまりにたまった書類類を片付けました。


歳のせいなのでしょうか…ひとつの作業を始めると、他のことを同時にできなくなっているようです。

以前は違ったのにな~って…


おまけに、期限のぎりぎりじゃないと始まれない…結果として「貯め」て仕事などをするようになってきています。

ですので、読まない本も貯まっているわけで…


それでもちょっと時間があるときに、ひとつのパラグラフでも読んでいる本があります。
      Knock on The Door
林 成之著 「脳に悪い7つの習慣」です。


この方は、脳神経外科医で救急救命医であり、ご存じの方はご存じでしょうが…「脳低温療法」を見いだした先生です。

今はやりの「脳科学本」なのですが…


今年1月に、アスレティックトレーナーの研修会に参加したとき、この先生のお話を聞く機会がありました。

はじめは…

  「どうして脳外科医の先生がスポーツに?」…

  「スポーツにおける頭部外傷(脳しんとう)の話か…」と勝手に思い込んでいました。


ところが、その前年の北京オリンピックで、日本水泳陣にメダルをもたらした”陰の功労者”だった訳です。

特に、北島康介選手には大きな影響を与えたそうです。


勝てる選手、負ける選手には、勝負にかける考え方、気持ちが違う…ということでした

そんなことは以前から言われていることでしょうが…

それを「脳科学」からみた勝負について説明していただきました。

林先生に言わせると、「脳のクセ」を理解することで、勝負に勝ち負けが分かれるという話でした。

とてもおもしろかったです。


そんなわけで、たまたま寄った本屋さんで、林先生の本を見つけ、購入しました。


余談ですが…(そのときに話で)

脳にとっては、身体の水平位が確認でき、維持できることはとても重要なことだそうです。


水平位の確認修正は、視覚、平衡感覚で行われますが…

もう一つ、肩甲骨の位置感覚も重要と…


これはまた別の機会に…


その本の中で、人間の思考は繰返すことによって高まる。その思考を繰返し、隙間を埋める作業をするが重要だと言っています。

ですので、仕事でも課題でも、早いうちに取りかかって、何度も何度も検証し、修正することで思考が高まると…

そのような過程の中で、「脳低温療法」が生まれたと、林先生は言っています。


今まで、このブログでも、思考が…思考が…って嘆いてきました。

この前のゼミでのプレゼン…いろいろ思い当たる節はあります。


取りかかりが遅い!

だから、十分に思考ができていない!


反省です。


来年は、早め早めに取りかかり、思考を高めていきたいと思います。


最後に、今年、いろいろお世話になった方々へ

ご迷惑、ご面倒をおかけいたしましたが、来年もよろしくお願いいたします。


また、私のブログを気にかけて覗いていただいた方々

お礼を申し上げます。


こんな、おっさんの苦悩ぶりを来年も伝えていきたいと思います。

賛否両論、コメントくださいね。


来年、皆様にとって最高の年になりますように、心からお祈りいたします。






AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。