やっててよかった!!健康習慣 (あつまれ!美健人ビスコット)

「健康で自立した生活」を送れるようにNPO法人国保ヘルスアップ事情支援協議会 http://www.tokuhi-kenkou21.jp/の運営

一般社団法人日本ブローゴルフ協会:「呼吸」による健康法を提唱http://www.blow39.com/
  
(有)サンハアト:http://www.y-3810.co.jp/


テーマ:

睡眠中は、基礎代謝だけの体温の発生になる。


主要臓器だけの活動によって発生している体温。


パソコンに向かっているデスクワークなどは、基礎代謝だけに近い体温発生になっている。


体を動かして何らかの活動をしている人は、熱が発生して体の体温は充分高くなっている。


このような状態で、エアコン(冷房)をかけた部屋での人の体感温度はかなり差が出てくる。


レストランで働いている人は、その部屋が暑く感じる(長時間いるため慣れる、動いているため)


レストランのお客さんは、待っている時は、寒く感じる。


食事をはじめると、暑く感じる。


手足などの末梢の体温は環境の温度に左右されやすい。


低温の部屋での場合手足などの血行が阻害される。


こんな時、上に一枚はおる上着を持ち歩くと良いのでは、ないでしょうか。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「面の皮が厚い」 ・・・ づうづうしい人、何を言われても表情を変えない人。


顔の皮膚は、薄くてその下には、毛細血管が数多く存在します。


恥ずかしかったりすると赤面したり、お酒を呑んで顔が赤くなったり、怒って頭に血がのぼり顔が赤くなる。


顔の表面の毛細血管に血液が集まって、顔が赤く見えるのです。


「面の皮が厚い」人は、顔の表情を変えない人なのですが、顔色が悪かったり、血行が良くなくて頬がピンク色でない人は、不健康に見えます。


女性のお化粧も、その時代のメイク方法がありますが健康な感じのする色合いが好感をもちます。


あッ!思い出したことがあります。

ずいぶん前の事になりますが、お医者さんに見てもらう時、仮面をかぶったような濃い化粧をして、受診する人がいるそうなんですが、 その医師曰く 「顔色がわからない」 とおっしゃっていました。


診察の時の情報としても、顔色は大事な要素なんですね。


生活習慣で血流が、悪くなっている現代人、 「キレル」だけでなく喜怒哀楽でときには、赤面するのも忘れないでほしいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

生活習慣で姿勢が悪いと、血液の流れが悪くなり肩こり・腰痛・膝痛などの原因として末梢の血液循環が、悪い事が考えられます。


ヨガや、整体などにより体全体のバランスや、関節のズレ・歪みが矯正されると血行・血流の改善がなされ炎症も改善され痛みなども取れるという事があります。


何時しか、右に傾いていたり、後ろに重心が行っていたりで知らず知らずの内に生活習慣の姿勢になっていませんか?


仕事でも、同じ姿勢でいることが多いですよね、そんな時は、その姿勢と反対の姿勢を1~2時間に1回3~5分のストレッチが出来れば姿勢も矯正されます。


年齢とともに、固まって行く体をほぐしながら姿勢に気をつけて生活したいですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

未病

  

未病は中国医学(漢方医学)に由来する。


2000年以上前の中国の書物「黄帝内経素問」(こうていだいけいそもん)などに未病という言葉は見られます。「聖人は既病を治すのではなく、未病を治す」というような事が書かれています。


未病とは「未だ病まない」病気に向かう状態を指しているといえます。


日本では江戸時代、貝原益軒(かいばらえっけん)の「養生訓」に未病の言葉がみられます。



貝原益軒【1630年・江戸時代 寛永7年~1714年8月27日 84歳 没】

筑前福岡藩士の医者の五男として生まれる。

江戸時代を生き抜いた人としては、長寿者である。

孔子の教えを基本とする儒学の研究に専念する。

旅が好きで、福岡から江戸に12回・京都まで

25回の旅をした記録が残っている。    



粗食で、歩く(下半身の筋肉を鍛える)

貝原益軒・・・すごい人ですね。









いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

WHO 従来よりの健康定義


Health is a state of complete physical , mental and social well-being and not merely

The absence of disease or infirmity’


健康とは、完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、単に疾病または病弱の存在しないことではない(昭和26年官報掲載)



1998年 spiritualdynamic(スピリチュアルとダイナミック)の二つの語を新しく加えた文章に改める提案をWHO総会へ提出するための検討がはじめて行われた。



第52回WHO総会では議論の結果、審議入りしないまま採択も見送りとなっている。理由としては、現行の憲章は適切に機能しており緊急性が他案件に比べ低いなどである。それ以降、この改正案について目立った新しい動きは出ていない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

現代人は、(特に若い女性)低体温の人が多い。


体を温める筋肉


人間の体重の約45%が筋肉(女性は約36%)


この筋肉が約40%の体温を生み出している。


体全体の筋肉の70%は下半身にあるといわれている。


やっぱり、歩く事の大切さを実感します。


毎日、生活習慣として、下半身を動かしていますか?


スクワットで有名な森光子さんは、一日に150回以上するそうですよ。


歩数でいうと1日1万歩を目指したいものですね。


若い女性のファッションは、冷房の効いた部屋では体を冷やす原因ですね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本の長寿は、和食のおかげ。



ごはん


具だくさんのみそ汁


漬け物


野菜や芋類や豆類の煮物


納豆



海藻


みそ


醤油


伝統のある長い歴史の日本食


この日本食も、洋食傾向に傾き 米や味噌や醤油離れも起きています。


洋食は、和食に比べ脂肪やカロリー・肉・乳製品が多く高脂肪食になっています。


日本人は、高脂肪食に弱い遺伝子を持っているため、欧米人と同じような食習慣を続けると、欧米人以上に肥満や糖尿病になりやすい事もわかっています。


生活習慣の基本の食習慣の改善と、もう一度伝統ある日本食を多く取り入れたいものです。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

  「 微小循環(毛細血管)の不思議 」のDVD


丸善書店さんからのお話をいただき全国2000箇所の書店さんで販売していただける事になりました。


販売方法は、お客様より購入依頼が丸善書店にありますと、丸善書店本社さんより依頼のあった書店さんに配送になり、お客様の手元に届く事になります。


東急ハンズさんでも取り扱っていただいております。


皆さんに見てもらい、少しでも、皆さんの健康にお役に立てればと思って専門医の先生の監修のもとに出来上がっています。


生活習慣の改善で、健康予防に気がつくと思います。


血液の流れをよくして、体の中から本当の健康になりたいものです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。