どもmotomasaです。

前回までは結構気合入れて、
優秀さについてお話ししました。

結局は優秀さというのは、
その場その時に最も最適化された状態のこと
だと思うんですね。

そしてまわりから優秀だと評価される。

僕は優秀でなくてもいいから、

その場、その時に必要なことを自分の最大限の能力を使って対処すべきだと思っています。

人生生きていればなかなか思い通りの場所に行けないことの方が多いかもしれません。
なかなか自分が考えた通りにいかないときの方が多いかもしれません。

だからこそ、優秀なことよりも一番大切なことは

いつでも全力で取り組める姿勢、
ものごとを考え抜く思考力、
最後までやる抜ける健康

この3つなのかもしれません。

まぁすべて僕にはないものなので、
徐々に鍛えていかなければいけないことですが・・・

こーゆー力をつけてくれる学校があると日本は明るいのですが、

教師間のいじめとか、
そんなことやってるヒマがあるんならもっと、
勉強せい!と思うこともしばしば。

学校という場は教師にとっても、生徒にとっても
特殊な場であることをもっと自覚して社会との接点をもっと意識した方が
より良い学校になっていくのではないかと思っています。

出来ることを少しずつ。

ということで、
今回はこの辺で、

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

motomasa