子供達の味覚を育てる本当の意味 | 料理がめんどうでも大丈夫!自宅で学べるオンライン料理教室

料理がめんどうでも大丈夫!自宅で学べるオンライン料理教室

今日は何を作ろうか?献立が決まらない。味が決まらない。だから料理キライ。。。こんな方に、おいしく作りやすい、栄養満点料理をお伝えします!
スカイプを使って料理の実演を見ていただく料理教室も開催。パソコンさえあればどこからでもご参加いただけます。


テーマ:

こんにちは、柏木京子です。

 

昨日はよく働いた1日でした。

 

朝から(前日から)お弁当作り。

 

お昼に無事にお届けできて、ホッと一息。

 

素敵な会のお弁当をご依頼いただきました。

 

このことは、また記事に書きますね。

 

 

 

 

さて、それから家に帰り、夕方からのお出汁教室の準備。

 

ひーーーあせる

 

バタバタ、バタバタあせる

 

夜7時過ぎ、みなさんご到着。

 

 

 

お出汁をお伝えしました。

 

 

 

 

鰹節削り、盛り上がる!

 

お出汁の味比べも盛り上がりました。

(写真がない。。)

 

この高揚感、楽しすぎるーラブラブ

(この時間がとっても好きー!)

 

ぜひお出汁教室で体験してみてください!!

 

 

(食べるより削りたいという、かわいい人ラブラブ

 

 

子ども達の味覚がおかしくなってきている、という話を聞きます。

 

子ども達の食が乱れている。

 

食が乱れるのは、生活、心が乱れる危険信号。

 

そうならないためには、子ども達の味覚を育てるのがいいと思います。

 

 

味覚が育てば、本当においしいものがわかります。

 

化学的に作られた旨味か、自然の旨味か。

 

ここがわかれば、

 

自分の体に必要なものか、必要ではないものかを、

 

選ぶことができるようになります。

 

大人になった時に自分で選べる、ここが重要です。

 

 

人間の味覚は、生後3ヶ月くらいがピークで、

 

それから少しずつ鈍感になっていくのだそうです。

 

ジャンクフードを知り、それを好むようになり、

 

何がおいしいかわからなくなっている。

 

大人も子供も、本当においしいもの、体に良い自然の味がわからない。

 

だからこそ、しっかり伝える必要があるのです。

 

 

 

子どもの味覚を育てるという話をすると、

 

「奥さんの料理がまずいっていう子になったら困るわ〜。」

 

という方が時々いらっしゃいます。

 

これは違いますよね。

 

 

 

食べることは生きること。

 

子どもの味覚を育てるのは、

 

自分の体に良い食べ物を、自分で選べる大人を増やすため。

 

自分の生き方に責任を持つためです。

 

 

 

 

昨夜のお出汁教室では、熱く色々なことを語りました。

 

夜遅くまで、お疲れさまでした。

 

 

さあ、たくさんの子ども達、お母さん達に伝えるプロジェクトが始まります!

 

 

 

 

 

自宅料理教室【お出汁教室】は、

11月19日(日)

12月10日(日)に開催します。

お申し込み受付中です。

 

 

 

オンラインクラス【出汁セミナー】は、

11月22日(水)

12月13日(水)に開催します。

お申し込み受付中です。

 

 

 

出張お出汁教室

11月26日(日)に三郷市彦成地区センターにて。

満席御礼!

 

 

 

自宅料理教室【おせち料理】

 12月17日(日)に行います。

 詳細が決まりましたら、アップしますね。

 

 

 

【お出汁cafe】in経堂

「お出汁とkokoro」

〜家族のこころを繋ぐ〜

1月18日(木)

  19日(金)不登校生のママの日

  21日(日)

  23日(火)

お申し込み受付中です。

 

 

 

【お出汁教室】in静岡

1月30日(火)に開催します。

お申し込みは11月16日20時からです。

 

 

オンライン料理教室 今後の予定はこちら。

 

リアル料理教室 今後の予定はこちら。

オンライン料理教室 栄養満点しかもカンタン!柏木京子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス