エメラルド整形外科疼痛クリニックの益子竜弥による『幸せについて:復習編』の続きです。

 

「思考の力」が減少する原因の1つ目、「自制」についてご説明します。

 

「自制」とはその名前のとおり、「自分を制御する」ことです。

「選択」同様、われわれは、日々の生活の中で膨大な「自制」を迫られています。

 

例えば、車で出勤し、ちょっと遅れそうな時、「信号無視」をしたくなるかもしれません。

もちろん、「信号無視」は良くないです。

でも、ちょっと遅れそう。

その場合、われわれは、「信号無視はダメ」と「自制」します。

 

また、電車を待っているとき、ちょっと「横はいり」したくなりますね。

実際、「横はいり」する人はいますが、多くの人はしません。

この時にも「自制」が働いています。

 

このように、われわれが「自制」をするときには、「社会の規範」によることがありますが、そのほか、「個人的」なルールによることもあります。

 

「マラソンの試合が近いから、ケーキは好きだけど今はダメ」、というのも「自制」です。

 

このように「自制」をする際に、「思考の力」が働いています。

ですから、「自制」を繰り返すことにより、「思考の力」が減少してしまいます。

 

==========================

ご興味がある方は、チェックしてみてください。

ブログ http://ameblo.jp/kenkoukannri

エメラルド整形外科疼痛クリニック:www.emerald-orthopedic-pain-clinic.com

『7つの叡智®http://www.atopy-choukenkou.com

『直漢法®』 http://www.kampo-chokukanhou.com

Facebookページ https://www.facebook.com/7eichi/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCUx-uN6AMUtdEaLbxAwyv0Q

==========================