2011-04-22 12:00:06

健康住宅に取組むきっかけ

テーマ:松田のプロフィール
2001年の夏、飛栄建設が健康住宅に取組むようになった、とても、印象深い出来事がありました。

それは、西区にお住まいのあるおばあちゃんから、お孫さんのアレルギーの事でご相談を頂いたのがきっかけでした。

田舎にいるお孫さんが中学進学のために札幌にいるおばあちゃんと一緒に暮らす事になったのですが、アレルギー体質があり、おばあちゃんの家に来ると涙と鼻水が止まらなくなるというのです。

そこで、「お家を増築することでアレルギーに悩まされなくならないか?」というのが、ご相談の内容でした。

数年前におじいさんを失い、一人暮らしをしていたそのおばあちゃんは、お孫さんとの生活をとても楽しみにしていましたし、田舎に住んでいるお孫さんのお母さんも、お嬢さんがちゃんと中学に通えるか、とても心配されておられました。

私は、おばあちゃんの悲しそうな顔をみて「これは何とかしてあげたい」と思いました。

しかし、お孫さんの症状は、いわゆる「シックハウス症候群」。接着剤に含まれるアセトアルデヒドやホルムアルデヒドに反応して起こっており、しかも、結構、敏感なご様子です。

実は、住宅建築に使われる接着剤の殆どには、接着力、防腐効果を出すために上記の化学物質が必ず含まれており、完全にシックハウス症候群を取り除くことは簡単ではありません。

お孫さんが、たまに札幌に遊びに来る事があっても、おばあちゃんの家にくると、目も空けられないくらいに涙が流れてしまいます。それくらい症状は深刻でした。

「これは一体どうしたものか」と、私も、思案に暮れていたのですが、そんな時に、「抗酸化工法」と出逢ったのです。私が噂を聞いて、その会社をセミナーに出席すると、社長さんは、「抗酸化溶液」を使用した洗剤のデモを見せてくれました。

確かに、手も荒れないし、汚れも落ちるし、地球環境にも悪くないということで、感動したしたのですが、理屈を聞いても信じる事が出来ずに私は半信半疑でした。

それでも、お孫さんにとって一つでも良い情報があればと思って、白老の会社に出かけて詳しい話を聞きに行く事にしたのです。行って見ると、すでに「抗酸化溶液」を建築に活用する抗酸化工法のやり方は確立していました。

コンクリートに混ぜたり、クロスの下地に塗ったりするのですが、そんなに難しい技術ではないように思いました。

社長さんは、これで効果があるといいましたが、私は「そんな馬鹿な!眉唾だろう」と思いました。

それでも、他に、その時点でシックハウスに有効な方法はなかったのです。

そして、「抗酸化工法」は、大金がかかるものでもなく、一式、坪2万くらいで可能な工事でした。また、化学物質が機密性の高い室内に放出されないために、強制換気も必要なく、電気代も少なくて済みそうです。

今回は、20坪の増築でしたので、私は、思い切ってお客さんに声をかけてみることにしました。

「実績は無いけれども、開発者のところにいって話を聞いてみました。やってみる価値はあると思います。これまで、本当に有効なシックハウス対策はないんです」

「松田さんがいうならやってみましょう」

おばあちゃんのその一言で、「抗酸化工法」第一号工事にGOサインが出ました。

OKの言葉を言ってくれたことに対して思いました。

「信じてくれたおばあちゃんのためにも、これは成功させなければならない。責任がある。絶対に喜ぶ顔が見たい。

お孫さんが鼻水が出たり、涙が出ると、成績が落ちる。そうすると、娘さん(お母さん)になにを言われるのか分からない。

気持ちよく勉強ができる環境をつくってあげたい。

それに、これが上手くいけば困っている人が沢山いるので、その人たちのためにも役に立てる…」

そして、いよいよ工事が始まりました。私も現場に行って直接指導して、一緒になって取り組みました。そして、完成して12月に引渡し。引越しが終わった後、挨拶に行くと、皆さんびっくりしていました。以前のような症状が一切無いのです。

最初は、みんながニコニコしているのを見て、「ホントかな?」と半信半疑でした。

ところが、翌2002年5月、北海道新聞の取材から、私は、「抗酸化工法」の効果を確信することになったのです。

取材に来た記者に、そのお孫さんが、自分が辛かったことを伝えたそうです。それを横で見ていたお母さんが、びっくりして聞きました。

「あんたそんなに辛かったの?なんでもっと早く言わなかったの?」

お孫さんは「いってもしゃあないしょ」と答えていたそうです。

そういう事がありまして、お母さんからご連絡を頂きました。

「子供があれだけ苦しんでいたのを自分も知りませんでした。本当に感謝しています」

それを聞いて、私は初めて喜びがこみ上げてきました。いや、嬉しかった。本当にやって良かった。そんな経験があったのです。

これをきっかけに、飛栄建設は「抗酸化工法」による健康住宅に力を入れることになりました。

これからも、もっと、もっと、多くの人に知ってもらって喜んでもらいたいと思います。

快適な住み心地と、健康な暮らしの為に頑張った、
お父さん、お母さんの、ウキウキワクワク感動物語
B6版 100ページ


抗酸化工法に取り組むようになり10年以上が経ちました。

これまでに、住み心地や健康状態の改善について、沢山のお喜びの声を頂いています。

お客さまと一緒に手を取り合って喜んだり、感動できる仕事に出逢えた私は、本当に幸せです。

もっと、たくさんの方に喜んでいただきたい。

そこで、このたび、これまでお世話になった、お客さまの体験談をまとめさせて頂きました。

現在、お住まいや健康について、お悩みがある方のお役に立つことが何よりの願いです。

この小冊子では、抗酸化リフォームや、抗酸化製品を利用する事で、暮らしと健康を、より快適に過ごすことが出来るようになった物語をご紹介させて頂いています。

シックハウスが原因で起こる化学物質過敏症や、

お子さまのぜんそくや、お父さんの不眠が、

抗酸化住宅を建てたことで改善した事例を収録しています。

全て、ご本人の体験談ですので、共通するお悩みをお持ちの方のご参考になりますことを、心から願っています。

札幌市と近郊にお住まいで、現在、住まいやご健康にお悩みや、将来のご参考にされたいかたには無料でプレゼントさせていただきます。

下記の必要事項にご記入の上、私のメールか、携帯電話(090-3770-2191)まで、お申込くださいませ。



目次

はじめに 孫のアレルギー、何とかならないかい? 2
第1章 化学物質過敏症の奥さまの物語12
第2章 喘息のお嬢さんとご家族の物語36
第3章 悩みが盛り沢山の社宅に住んでいたご家族の物語44
第4章 抗酸化リフォームをされた元校長先生の物語59
第5章 乳がんの手術後、冷え性になった女性の物語67
あとがき 松田順治の物語 83

必要事項

1)件名「ウキウキワクワク小冊子希望」
2)ご住所 〒
3)お名前
4)お電話番号 例:090*9999*9999
      (×→090‐9999‐9999)
5)冊数 例:1冊
6)その他メッセージなど

※ 頂きました個人情報は、飛栄建設からの
  ご連絡のみに使用させて頂きます。

※ お申込みはアメブロメッセージか、
  matsuda*uki2.biz(*→@にご変換下さい)まで。

※ プレゼントの対象は、札幌市と近郊にお住まいで、
  現在、住まいやご健康にお悩みがある方か、
  将来のご参考にされたい方に限ります
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

シックハウスの苦しみと戦う健康住宅会社の松田順治さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:はじめまして

>美と健康を追求するエンジョイ☆千葉市さん

エンジョイさん、コメント有難うございます。
今札幌で「いのちの林檎」という映画の上映に向けて取り組んでいます。
お互いに相手に喜んで頂けるように顔晴りましょう。

1 ■はじめまして

ペタから伺いました。
相手に喜んでもらえる仕事って
どんなことでも素敵ですね。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。