2011-02-27 23:30:47

ついて来てくれないか?

テーマ:松田のプロフィール
一番大変だったのが、妻に決意を話した時で、本当に必死でした。

「贅沢はさせられないかもしれないけれど、
食うには絶対困らせない。
ついてきてくれないか?」

嫌な顔をされると思いましたが、妻は、「あなたがいいのなら」と言ってくれました。

あの時は、本当に嬉しかったです。

なぜかというと、彼女は商売をしている家庭に育っていて、家族が顔を合わせることがないという生活を、ずっと、していたからです。

家族が揃って食事をしたり、旅行をする事も殆ど無かったそうです。

だからこそ、「結婚するならサラリーマン」と思っていて、やっとサラリーマンのお嫁さんになれたのに、突然、私が独立と言い出したのです。

彼女に対しては本当に申し訳なく思いましたが、その分、幸せにしてあげたいと思いました。

実は、まだ国鉄にいた33歳の時に、2級建築士の資格を取得したのですが、子供もいて、酒好きの友達も沢山いるなかで、毎朝2時・3時に起きて勉強しているのを
見ていてくれたからかもしれません。

こうして、私は、35歳で建築業界に挑戦することになりました。


飛栄建設 株式会社
代表取締役 松田順治
〒062-0933
札幌市豊平区平岸3条16丁目2-50
TEL:011-821-9886
ご相談はこちらのメールフォームからどうぞ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

シックハウスの苦しみと戦う健康住宅会社の松田順治さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。