2012年01月19日(木)

川原で遊んだ記憶ありますか?

テーマ:気まぐれつぶやき
某コミュニティーラジオのパーソナリティが、
わしのラジオネームを"河原(かわはら)"と読みはった。
都会のお人やさかい川原(かわら)で遊んだことないんやろな?

まだ30年ほどの間であるが、急速に日本の自然は破壊されてきた。
一見昔と変わらぬ自然の姿を見せているが、山には鳥が居ないし川には魚が居ない。
そして竹竿でバケツ一杯つれた磯の魚も居なくなった。

日本の約80%近くは森で、そこから四方八方に川が流れている。
ちょっと前まで、
人々は流域の豊かな恵みのなかで生活し文化を育ててきた。
台風や豪雨などによる洪水も、水が逝いた後には山や森から運ばれた自然の肥料で大豊作がもたらされるのである。
人々は大自然の危険と恵みの中で生きる知恵を歴史のなかに刻んできた。
子供たちも森や川原で遊び、生活の知恵を学んで育った。
夏休みになると、なにも持たずに家を出て夕方まで遊んで過ごした。
水も食べ物も皆自然の恵みで事足りたのである。
時として他人の畑の作物を盗んだりもしたが、
農家の人は笑顔で"仕方ないな(^_^ゞ"と見逃してくれたものだ。
年寄りも子供たちに危険なことや自然との上手な付き合いかたを教え伝えてきたものだ。
「尖って痛そうな砂利よりも丸くて柔らかそうな石ころの方が歩くときは痛いんやで」と、
うんちくのある話を今でも覚えていて教訓を今までの人生で生かしてきたものだ。

人工物の中で産まれ人工物の中で育って大人になる今の若者がこれからの国造りを担うのだが、わしの孫たちの時代にはどんな社会になっているのだろう?

鉄腕アトムの漫画家"手塚おさむ氏"はきっと、
こう言うだろう。
「地球も宇宙の星のひとつだから、
 地球が"宇宙ステーション"のようになって、
 人間は皆宇宙服を着ているだろう(^0_0^)」と。


〈蛇足〉わしのラジオネームが"川原"でなくて"河原"なんは、川より河の方が渡り難いよって、まだそう早ようあの世には行きとうないさかい"河"にしただけの、つまらん話ですf(^_^;。



Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パクポコジッジさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。