日本人必読の書ですね!

これを読んでいろいろ勉強して家族を守りましょう!!

 

でも、反対の否定的なレビューの多さに驚きますね(ヤバイ笑)

 

「医師として、これだけは書いておきたい。」
がん治療の常識を変えた医師が、医学界の新たなタブーを指摘する。

・乳幼児に7種同時接種で急性脳症を発症
・川崎病の発症に、BCGその他のワクチンが関与している
・HPVワクチンで子宮頸がんを防げた例はない
・麻しんワクチンに脳症のリスク
・接種直後に心肺停止でも、専門家は因果関係を認めない
・新型インフルエンザワクチンの「異常に高い死亡率」

 

インフルエンザワクチンもみなさん感染予防効果があると思って

接種していると思いますが、感染予防効果はありません!!

厚生労働省も「重症化の予防に一定の効果がある」と言っているだけです。

 

メディアもワクチンの供給が足らないとか煽っていますが、

誰の為のものか不明ですね!?

 

インフルエンザワクチン、WHO「感染予防効果は期待できない」

免疫悪化との研究も

http://biz-journal.jp/2015/03/post_8689.html