2017年05月24日

日本糖尿病学会2017で面白かった話題③;肝細胞がんと高脂肪食・アシルカルニチン

テーマ:ブログ

[東大消化器内科の中川勇人Drらの研究]

マウスに高脂肪食を与え化学発癌させた癌部では、様々な炭素数のアシルカルニチン(AC)が著明に増加してており,それはACをカルニチンとアシルCoAに分解する酵素CPT2の低下によって生じていた.CPT2の低下はβ酸化を抑えてlipotoxicityから回避すると同時に,ACを蓄積させることによってSTAT3活性化を介したstem cell propertyの獲得にも寄与しており,肥満環境下での発癌促進に重要な役割を果たすと考えられた.またNASH-HCC患者は血清AC濃度が有意に上昇しており、ヒトでも大事な可能性。

この発がんメカニズムは、大腸がんでも大事なのではないか。

大腸がんの生活習慣上のリスクは、①高脂肪食②赤身肉の摂取過剰(週500g以上)だ。カルニチンの含有量は、ラム肉>牛肉>豚肉。鶏肉や魚の含有量は少ない。カルニチンの摂取量が多いと、大腸や肝臓でアシルカルニチンが蓄積しやすくなるかどうか、が興味あるところだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月24日

②日本糖尿病学会2017の面白かった話題;T-カドヘリン

テーマ:ブログ

アディポネクチン受容体はAdipo-R1、Adipo-R2が東大の山内敏正らにより同定されているが、非特異的な受容体としてT-カドヘリンが存在し、これが血管内皮細胞に発現しているという。T-カドヘリンに結合したアディポネクチンは細胞内にエンドサイトーシスによって取りこまれ、分解されずにまたエクソサイトーシスによって細胞外に放出されるという。

 

これは、免疫グロプリンと、やはり血管内皮細胞に発現している胎児Fc受容体との関係と同様だ。胎児Fc受容体は、胎盤を介してお母さんから赤ちゃんに免疫グロブリンを渡す役割をはたしており、成人においては免疫グロブリンの半減期延長に役立っている。

 

発表者らは、T-カドヘリンの意義を細胞内セラミドを減少させるメカニズムとして重要と位置付けていたが、そうではなくてアディポネクチンの半減期延長に役立っているのではないか、と思った。

 

なお、今年3月にNature誌に、アディポネクチン受容体(Adipo-R)の構造解析から、受容体自身に低いながらもセラミダーゼ活性があるとフランスのグループから報告されているが、これはどうやら重要ではなさそうだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月24日

①日本糖尿病学会2017の面白かった話題;プロリン水酸化酵素(PHD)阻害薬

テーマ:ブログ

PHDはHIFを不活性化する蛋白で、これを阻害すると体内(肝臓・腎臓)のエリスロポエチン産生を促すため、PHD阻害薬(経口薬)が開発中という。

このPHD阻害薬が乳酸アシドーシスの治療薬にもなるという。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年04月05日

東京の放射性物質

テーマ:ブログ

ここ数日の東京の大気中の放射性物質は平常時並み、水道水中の放射性ヨウ素はピーク時の1/10程度になっている。小児でもおおむね安全な状態だ。


原発が一刻も早く冷温停止し、再臨界の危険性が去ることを祈る。

低濃度汚染水の海中への放出は、やむを得ぬとはいえ近隣諸国の危惧をも深めているようだ。

汚染を最小限に食い止める日本の底力を信じたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年03月27日

東京の水道水の放射性物質

テーマ:ブログ

全国の水道水の放射能が毎日文部科学省により測定され、公表されている。

東京 ではここ数日放射性ヨウ素の濃度が30Bq/Lだ。


1日2リットルの水道水を365日摂取したとして、現状が1年間不変であれば、放射性ヨウ素による年間被ばく量は


0歳     3.1mSv/年

1~6歳  1.6mSv/年

7~14歳  0.8mSv/年

15~19歳 0.5mSv/年

20歳~   0.35mSv/年


就学前までのこどもはミリSvという単位の被爆だ。

放射性ヨウ素による被爆は、ほぼすべて甲状腺に集中する。

福島の原発からの放出が止まらなければ、厳しい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年08月17日

偽善の医療

テーマ:ブログ

『偽善の医療』

里見清一 著

新潮新書


めちゃめちゃ面白い。

肺がんを専門とする腫瘍内科医の本音トーク炸裂。



章立ても最初から


患者さま撲滅運動

消えてなくなれセカンドオピニオン

「有力者の紹介」は有難迷惑

安楽死を人殺し扱いしないでくれ

・・・


といった感じ。


タリバンホスピスとか、インフォームドコンセントハラスメントなど、思わずふきだしてしまうネーミングもあった。

毒気の中にも、なんというかユーモアというか愛を感じる。

最終章だけは蛇足というかちょっと微妙。



著者は行き過ぎたインフォームドコンセントをハラスメントだと喝破しているが、よく考えると、そう言えるのは本人ががんを専門とし高度な医療を日常的に手がけているからだ。消えてなくなれセカンドオピニオンというのも、著者が自分の能力を上回る説明を必要とする患者に会う、つまり別の医師に説明と判断をゆだねたいと思うことがめったにないからそう思うのだろう。他の医師の判断を追認することがあまりに多い著者にとっては、セカンドオピニオンが迷惑であるわけだ。方針を追認されてしまった患者の不満に対応するのも大変であろうことは容易に想像できる。


本書はあくまでも、国を代表するレベルの『がん専門病院』に勤務していた、ファイナルアンサーの出し手である一流医師の視点から見た『現場』に対する極めて正直な所感である、とは思う。


『がん専門病院』で、がん患者の初診時に、DNRの同意を得るというのは確かにハラスメントとしか思えない。著者がもっとも言いたかったのはここだろう。人間の感情というものをあまりに軽視しているし、そんな姿勢は到底まっとうとは言いがたい。そんなものは最後まで取る必要はないかもしれないし、取るとしても最低医師患者間に人間関係、信頼関係ができてからすべきだ。ここがやっぱり暴露本なのかな、だからペンネーム?ペンネームには、『がん専門病院』を辞職した理由に対する矜持がちょっと控えめにこめられているのでしょうね(里見脩二じゃない)。


この部分の記述で著者はべらんめえ調になり、最も毒気を放散していると思う。お怒りはごもっとも。

『がん専門病院』は確かに、深く反省すべきだろう。もしやっているのなら、これは確かにちょっとひどいから、NHK等が取材しても良い問題かもしれない。


ただ、著者はもっと根本的に、『がん専門病院』にそんな態度を取らせることになった、世の中の風潮やマスコミの論調に怒っているようにも感じられる。例えば、富山県射水市で起きた終末期患者の人工呼吸器取り外し事件について、著者は完全に外科部長の方針を支持している。本音を言えば、かなりの医師が同様な思いでいるはずだ。この外科部長のように勇気がないだけだ。著者がペンネームにした理由はここにもあるかもしれない。


単なる暴露本ではなく、医療の根本について考えさせられる本だと思う。著者がどなたか存じ上げないが、爽快なまでに率直な内容であり、ペンネームで書かれたことに関してはどうかとも思うが、日常生活の自衛のためにまあしようがないかと感じる。


お勧めの本である。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。