フレンチブルドッグと一緒にダイエットをする方法

フレンチブルドッグと一緒にダイエットをする方法

少しずつ体力の低下を感じるフレンチブルドッグ愛好家に送る無理のない運動やダイエット方法、
食生活からサプリメントまで気楽に思いつくまま綴るブログです。
人と犬両方が健康でこそはじめて幸せな関係になります。

こんにちは、「ダイエット中のレッド」です。

レッドというのは初めて飼ったフレンチブルドッグがレッドフォーン(フォーンのやや赤みがかった色)で、もう亡くなりましたが哀悼の意味もあって私のネームにしました。

子供のころから常に身近に犬がいました。雑種から始まって和犬、洋犬いろいろ飼いましたが、フレンチブルドッグの虜になってからは一途で、多少の増減がありましたが今は、ブリンドル、パイド、フォーン2頭の計4頭に収まっています。


今まで皆さん何回もダイエットに挑戦されてうまくいきましたか?ほとんどの人は途中で挫折したり、一時的にうまくいってもリバウンドでもとよりひどくなったり・・・と思います。



diet



わたしはそんな皆さんを笑うことはできません。なぜなら私自身が失敗の連続を経験してきたからです。

ダイエットは独りでやると挫折しやすいです。自分との戦いは本当につらいものです。他人に今ダイエットでがんばってる、なんて言えません。失敗がばれたら笑い者です。

私がダイエットに挑戦してまがりなりにも結果を出せたのは、途中何度もくじけましたが、一緒に応援してくれる、実際にはそう思い込んだけですが、相棒がいたからです。

それが我が家のフレブルカルテットです。どんな時も彼らは応援してくれました、はずです。邪魔はしませんでした、はずです。

今日やったこと、明日からの予定、くじけそうになった理由、泣き言・・・何でも彼らに話しかけました。何でも聞いてくれた、と思ってます。

フレブルと相談しながら取り組んでいくうちに新しい気持ちが湧いてきました。それは、ただ痩せることだけを目標とするのではなく、いやそれ以上に大切なこと、「健康であり続けること」にウエイトが変わって行ったんです。



four2



健康でないとブヒ(フレブル)と散歩もできません。もし私に何かあったら誰がこの子たちの面倒を見るのか・・・不安はつのります。

フレブルの飼い主ならご存知のとおり、フレブルは顔に似合わず非常にデリケートで、ちょっとしたことですぐ体調を崩します。獣医通いは常です。

フレブルもあまり太ると腰や関節に負担がかかり故障や病気のもとです。

つまり私かフレブルか、どちらか一方が体調を崩すと、一転して我が家の生活は暗黒の道を歩むことになるのです。

そこでこのブログを立ち上げることにしました。

飼い主である人間と、フレンチブルドッグの両方がいつまでも元気で、適度にシェイプアップが出来るにはどんな食生活をして、どんなサプリメントを取って、どんな運動をすればいいか、気持ちよく散歩するにはどうすればいいか、などなど思いついたままに書いていこうと思います。

どうぞよろしくお願いします。

ダイエットサプリメントはこちらから

フレンチブルドッグ用サプリメントはこちらから

ダイエット生活リズムはこちらから

季節ものはこちらから
Amebaでブログを始めよう!

ご無沙汰しております。

 

今回は体質の個人差について考えてみます。

 

私の周りにもいろいろな体系の人がいます。

 

ぽっちゃり系の人、ガリット君、筋肉質のガテン系、一見痩せて見えるのにポッコリお腹の人など。

その人たちの目標も当然違ってきます。

 

痩せたい、太りたい、筋肉をつけたい、下腹をへこましたい、などいろいろですね。

 

大抵は目指す方向には難しく、放っといても逆に行くものです。

 

ほんの少し食べただけなのに、食べただけ脂肪が付く人。

 

いくらたくさん食べても太らない人。

 

筋トレに励んでも腕も太くならず、胸も薄いままの人。

 

これには絶対的な答えはないのかもしれません。

 

だからこそ、次から次へと雨後の筍のごとくダイエット食品や、家庭でもできるトレーニングマシンや、セミナーや教材が出てくるのもうなずけます。

 

 

実はこれ、犬の世界にも当てはまる気がします。

 

我が家のブヒ6頭(うち3頭は親子)は、毎日同じ時間に同じ量のフードを食べています。

 

運動時間も同じ。

 

寝る時間も同じ。

 

なのに、なぜか、どんどん太っていく子と、だんだん痩せていく子と、変わらない子に別れるんです。

 

親子でも違います。

 

双子の兄弟でも違うんです。

 

みんな元気です。元気に見えます。なのに。

 

 

フレンチブルドッグの理想体型は、と聞かれるとちょっと考えてしまいます。

 

この犬種は体型も幅広くて、それこそイングリッシュブルドッグに近い丸くてがっしり体型のもいれば、テリアの血が濃く出た足の長いスッキリ体型のもいます。

 

獣医さんの中にはそういうフレブルの体型を知らない方もいまして、普通のボクサーやテリアの体型をイメージされて、「もっと痩せてもいいですよ」と言われたこともありました。

 

最後は親である私が判断すべきことです。

 

別に異常がなければ、それでOKです。

 

逆に人間の場合、健康診断を受けると、ウエストが86センチ以上は、体の大きさに関係なく、問答無用で肥満グループに入れてしまう日本の医療制度に、少しばかり違和感を持つのは私だけでしょうか。