四万十川 鮎1回目(解禁日) | 四万十川鮎釣りブログ

四万十川鮎釣りブログ

四万十町在住。

6月1日

四万十川本・支流が解禁した。

前日からの雨で本流は30〜40cmの高水で竿出しできる

場所が限定された。

比較的高水でも竿出し可能な所は三島周辺。

昭和地区「藤の瀬」

6時前から5人が竿を出し、午前中いい人で20尾ほど

型は12、3〜20cmとばらつきがある。

三島「第二沈下橋」の上下で7人、いい人で50尾ほど

型は20cm級がボツボツとの事。

      

       ーーーーーーーーーーー

 

支流「梼原川」はやや活水ぎみだったが、多い人で70〜

100尾の釣果だったらしい。

この橋下流では

2時頃までで60尾前後との事。

 

      ーーーーーーーーーーーー

 

 

今シーズン初竿出しは9時20分から「藤の瀬」の瀬肩から

20分ほどで初鮎、18cmあるなし。

13cm前後のリリースサイズもポツポツ掛かる。

約2時間で5尾を取り込む、バレも4、5尾。

 

昼食を挟み12時半から釣り開始。

午後からやや追いが良くなり15尾を追加し、2時半納竿。

計20尾

 

竿・・・・H2,5 90−95(ソリッド穂先)

天糸・・・フロロ0,8号

上付け糸・PE0,5号

ライン・・ハイパーMステージ0,05号

下付け糸・フロロ0,4号

鼻かん・・少々

中ハリス・フロロ0,8号

尾針・・・ピットサカサ2号

針ハリス・1号・1,2号

針・・・・8号・8,5号2本ヤナギ+バランサー