ラーメン二郎 【 F 】☆ 八王子野猿街道店2 ♪ | 燃える ☆ 美食 ♪

燃える ☆ 美食 ♪

 
☆ 贅沢ではない。美味しく作り、美味しく食べる。そんな美しい料理に囲まれたい。ココロにも美味しい食事、それが “ 美食 ” だ。 ☆

  おうちゴハン/外食その他、気ままに綴ったブログです【 笑 】♪
 

 

 皆さん、ごきげんよう。


 燃える🔥美食へようこそ♪



 今日は久しぶりにラーメンが食べたくなった( 笑 )。



 涼しさからもラーメン欲を掻き立てられて、松戸市の自宅からどこでもドアで・・・、





 ラーメン二郎☆八王子野猿街道店2にワープ( 笑 )

 渋滞が酷くて2時間半掛かったけど、早めに出たので10時半には到着🎵

 お店に着いたら真っ先に食券を購入して並びに着くと、な~んと Fじいさん も来店して真っ先に食券を購入( 笑 )

 そう

 野猿二郎では食券先買い制になっています

 その他、お客さんへのスムーズなサービス提供の為に守って欲しいマナーがあるので・・・、

⇩ コチラも是非ともご参考お願いします




ルール ④ マスク着用他、感染予防処置




 いやいやFじいさん、お久しぶりです( 笑 )

 軽くFじいさんを紹介すると、彼は Ken-G. なんかよりも遥かに長らくラーメン二郎に精通していて、二郎に関しては大先輩であり、かつ広島カープファンでもある。時折カープネタで殷を踏むブログのリーディング☆リズムも素晴らしく、他にも二郎あるある等バラエティーに富んだ内容で過去の記事から見るのも楽しいブログページになっている。

 そしてFじいさんのチート能力として、彼の脳内には “ ヤサイスカウター ” が内蔵されており、ヤサイの盛りの量からモヤシの本数を算出したり、仕入れに来た車から降ろされた野菜の量からその日作るラーメンの杯数を割り出したりと、驚くべき精緻なヤサイ分析能力を持つ

 そしてご自身もヤサイが非常~に大好きであり・・・、




 人間離れした量のヤサイを食べないと気が済まないという、まさに人間離れしたメンタルと胃袋の持ち主であり、一言に要約すると、変態

 今日は本当に久しぶりにご一緒出来てテンションも上がる🔥




 Fじいさんもノリノリ🎵

 除菌ウェットティッシュで卓上全てを除菌する Ken-G. の潔癖症をほくそ笑んでいるところに・・・、




 先ずはプルコギ味のきまぐれたまごが登場🎵

 そして・・・、




 キタ━━━━━( 笑 )

 元祖ヘルメット盛りの、“ プチくないプチ二郎 ”

 ぷ、プチでこの盛りだと小ラーメンの Ken-G. のわ・・・、




 小さくない小ラーメン・・・。




 も、盛ラレた【 爆 】!!

 戦慄必至の凶暴な野猿二郎が、目の前に2丼も・・・、




 着丼

 ラーメン二郎☆八王子野猿街道店2:小ラーメンニンニクマシマシ + ネギ + 和風BB + きまぐれたまご、Fじいさんとカップル愛情盛り【 笑 】!!




 今回、Fじいさんからボウルが付いて来た時にはボウルごとヤサイを取り分けるテクニックを伝授して頂いた( 笑 )

 ⇨ なるほと、崩れやこぼれも少なくヤサイを分けられるスマートな食べ方、流石ヤサイマニア




 月豕さん❤は丼に収まるギリギリのデカい奴( 笑 )

 しかもリフトしたら崩壊しそうなほど柔らかくて・・・、

 うま❤



 プルコギは食べたこと無いけど、たぶん本物のプルコギよりも美味い、きまぐれたまご( 笑 )

  半熟加減と味の沁みが絶品で・・・、

 うま❤

 


 大量のヤサイを乗せられても微動だにしないややウェーブ☆パツパツ、八王子野猿街道

 丼の底でタップリと濃厚スープを吸った、プレーンな状態でズバズバ啜ると・・・、

 ショッパ❤うま( 笑 )

 おいおい今日のスープ、ヤバいぞ( 旨 )

 この旨ショッパは、何と言っても野猿の真骨頂:ヤサイといっしょに食べてこそバランスされる

 そう

 野猿二郎の強烈なスープは、二郎界随一のヤサイの量にも対応する為のストロング☆テイスト

 今日はこのスープが大当たりで、無我夢中で食べていると、

 『 せっかく拭き上げたコショウ、使っていませんネ( 笑 ) 』とFじいさんから言われるまで、コショウの必要性も忘れるほど・・・、





  🔥 い【 笑 】!!







  ぜ【 笑 】🔥🔥🔥








  ぜ【 笑 】!!!


 ブッ飛んだ美味さ、野猿二郎

 コレはKK ❤しないと勿体ないでしょ( 笑 )

 Fじいさんの存在も、美味さをブーストしてくれたのかも


 ホーム❤野猿は、今日もレベチな圧巻の美味さだった🔥

 Fじいさん、また野猿でお会いした時には、いっしょにヤサイマシマシ頼みましょうネ( 笑 )