今日の日経新聞に心から賛同したい。
「緊急事態の連発より医療体制の充実を」

記事によると、国立病院機構が運営する全国140病院の総病床数は5万床を超えるが、コロナ患者向けに確保した病床数は約1800病床にとどまるとのこと。

全体の約6%

昨年の第1波~第2波、第3波と十分時間があったのに、東京都知事をはじめ、各都道府県の知事はなぜ病床確保をしてこなかったのか疑問が残る。

第5波がきてから医療崩壊と言われても、
総数5万-1800=48200病床も残っている。

病床を増やさない理由がみつからない。

果たして菅総理だけが、一方的に非難される事案だろうか。今こそ、地方の首長には医師会へ働きかけ、コロナ専用病床を増やす努力をするべきだと思う。間違っても政府の責任だけに押し付けてはいけない。