またしても松戸市。

国土交通省関東地方整備局は、3Dや遠隔操作を用いた建設技術を学べる人材センターを開設したとのこと。

実際にパワーショベルを遠隔操作して盛り土を掘削したというのだから驚く。もうそういう時代になったのか・・・。まさかそれを松戸市内でできるとは。

私も正直体験してみたい・・・。

いずれにしても、こうした公共事業でDXを試みること、さらにその研修所が松戸市内にあること、素晴らしいの一言。

最近松戸市、引き寄せ力があること、否定できない。