今できること・・・・。

テーマ:

それは先週金曜日、昼過ぎでした。

高等学校の卒業式が終了し、会派の同僚議員と予算案について意見交換をさせていただきたいと意気込んでいました。

 

母からの電話です。

『緊急入院することになった・・・・』

 

血液検査で異常数値が出たようで即入院。私の両親は群馬県太田市に住んでおり、事情を同僚議員に説明し、急遽帰省をしました。担当医から説明があり、腫瘍か結石かわからない何かがCTに映っているとのことです。母本人は至って普通で何の痛みも感じていないのでただただびっくりしていました。

 

翌日には内視鏡による処置?手術がありました。

私も祈るようにその時間を待ち、再び担当医からの説明です。

 

『腫瘍がありました。検査結果が1週間ででます。それまでは何とも言えませんが、悪い病気だと思ってください・・・・・』

 

私は何とも言えない状況に唖然としました。母は『12月の人間ドックで何も異常がなかったのに、たった3ケ月で腫瘍ができるのはおかしい』と言い、『良性』の結果がでることを祈るだけです。

 

母が入院をしてわかることは、母親への有難さです。父は家事のすべてを母に任せており、家の中に何がどこにあるのかさっぱりわからない状況です。加えて洗濯もお風呂も入れたこともなければ、もちろん食事も作ったことがありません。一体どこまで母親に頼っていたのでしょう。

 

そんな父親も普段の元気はなく、珍しく意気消沈していました。せめても私たち家族が両親を喜ばせようといろいろ試みました。妻が母親に代わって実家の家事をしてくれたことに感謝します。長男は入院している母を見て、びっくりしていましたが、お手紙を書き『がんばってね』と母を勇気づけていました。長女は何もわかっていなく、ただただ笑顔でいました。

{C6787669-4337-4B29-B432-E2BD24D8CCEB}
思った以上に母の入院は精神的に追い込まれます。何も手がつかない状況です。しばらくその状況が続きました。しかし、やっぱりこのままではいけないと気持ちを切り替えました。私に与えられた使命はまず予算委員会。『まつど自民』の会派を代表しての予算委員のため、決して恥ずかしくないような議論展開をすることが、今私にできる最大限のことです。

 

いよいよ今週から予算委員会がスタートします。松戸市民の幸せを考え、全力で委員会にのぞみたいと思います。

 

*****************************************************************

松戸市議会議員 大塚けんじ

ホームページ:http://k-kaikaku.com/

ブログ:https://ameblo.jp/kenjiotsuka77/

メール:kansha.sunao.geza@gmail.com

kansha.sunao.geza@hotmail.com

24時間無料相談受付

https://www.itsuaki.com/yoyaku/webreserve/staffsel?str_id=2264949612

※ベストスマイル松戸HPhttps://bsm.chiba.jp/

****************************************************************