皆様こんばんは。

松戸市議会議員の大塚けんじです。いよいよ一般質問も後半戦となります。明日は我が会派の杉山市議と大谷市議が登壇されます。勉強させていただきます。さて、本日も貴重なご意見を頂戴しましたのでご紹介させていただきます。

 

市民の声:『21世紀の森と広場にもっと「花」を植えたなら・・・』

 

ご存知、地理的に松戸の中央部に位置する「21世紀の森と広場」ですが、誰しもが「何かが、少し足りない」と感じていることと思われます。僕自身の分析では「インスタ映え」する箇所がもう少し点在していれば、人気に拍車がかかるのでは?と思っています。

もしかしたら、昔から指摘されてきたかもしれませんが、公園内に(コストの割に反応の大きい)綺麗な花をもっとたくさん敷き詰めた方が良いのではないかと率直に思います。花々を求めて埼玉県や茨城県などに遠出しなくても、「21世紀の森と広場に行けばいいじゃないか」と思わせたなら、しめたものです。

公園が綺麗な花々で敷き詰められていれば、武蔵野線からも「あの綺麗な花の公園は何だ?」という視覚的な引っ掛かりが通勤客に芽生えるし、「週末にはあの公園に家族で行こうか」と思ってくれるはずです。

公園の両側に位置する新市立病院や千葉西病院の患者さんも、「あの公園に散歩に行きたいなぁ・・・」と思ってくれたなら、前向きな良い材料となりそうです。また、視覚的な綺麗さは、言葉がなくても老若男女、外国の観光客をも強く引き付けます。

また、以前にも書きましたが、パークセンター内の一角でも良いので、市内全域をカバーする、チラシなどのインフォメーションスペースがあれば、シティプロモーションに拍車がかかることと思います(例えば市内の北部・南部・東部・西部に分けてとか・・・)


 

以上貴重なご意見を頂戴しました。以前ブログで江戸川にフラワーラインをという記事も書きましたが、花はだれが見ても美しいです。私も市民の方に同意で、21世紀の森と広場を花いっぱいにするべきだと思います。

 

引き続き皆様のご意見をお待ちしています。