あともう一歩イタリアを楽しむために

あともう一歩イタリアを楽しむために

1級合格は、通過点。
外国語での会話は、卓球のラリー。
イタリア語を上手に話せるようになるコツを研究するブログです

 

 飛行機を使わずに世界一周をしたイタリア人 Claudio Pelizzeniさんの著書、L’ORIZZONTE OGNI GIORNO UN PO’ PIÙ IN LÀ からイタリア語の表現を学んでいくシリーズの、Capitolo5-1です。 

 

 

 

 

 僕はこの本を読んだ後、たいてい体を動かしたくなります。人間の気分ていい加減なものなんですが、それを逆手にとれば、この本を読んだらイタリア語もパワーアップするし活動エネルギーが生まれやすくできるということなので、新しい活用法かもしれません。笑

 

 各例文は、ぜひ音読を繰り返してみてください。ただし、イタリア語を普段ほとんど聞いていない人は自己流の(変な)イントネーションに陥りやすいですからすぐには音読をしない方がいいでしょう。だいたいこんなもんかな、とイメージができるようになってからにしてください。

 

 

Ho la sveglia alle sei e mi rigiro nel letto in attesa che suoni.

目覚ましは6時にセットしてあるので、鳴るのを待つ間ベッドの中でモゾモゾしていた。

 

 この場合のセットとは設定するという意味で、impostare がだいたいの場合をカバーします。目覚ましに関しては日常的には mettere が使われます。また、セットする場合には前置詞を per にします。上の文章ではすでにその状態にあるため、a が使われます。

 rigirarsi するのはベッドの中の動作ですから nel が使われます。そこに向かうときに使う a と区別します。

 

 

Carico lo zaino sulle spalle, scendo le scale

リュックを肩に担ぎ、階段を降りる

 

 Caricare は荷物をどこかに乗せたり、あるいは積み込んだりする動作です。では荷物を降ろすことはどういうでしょう? それくらいは自分で調べてみてください。Caricare の対義語をまずは自分で頭の中でイメージできるかどうか、ですね。よくある動詞の作り方、とでも言いますか。

 Scendere は他動詞としても使います。では、自動詞の場合、le scale の前に前置詞が必要になります。それはなんでしょうか? 読解経験が足りている人なら、自然とわかるはずです。

 

 

Mi siedo per terra, lo zaino a farmi da cuscino

地べたに座り、リュックを枕がわりにする

 

 per terra という言い方とは別に a terra も表現としてありますよね。使い分けできてますか?

 lo zaino 以降には動詞が省略されていますが、それはなんでしょうか。僕のレッスンで読解を続けてきている人ならきっと覚えているはずの、あのよくある表現です。

 

 

i pescherecci cinesi vengono a pescare e a contrabbandare i prelibati cetrioli di mare

中国漁船がやって来て美味なナマコを不法採取していく

 

 peschereccio は漁船という意味なんですが、ぱっと見では語尾からすると魚関係の単語に嫌悪を示す suffisso がついた何かしらの単語に見えます。でも意外と、これがデフォルトの意味のようで。

 あと、海のキュウリと書いてナマコなんですね。変だと思いますか? 僕はそうは思わないです。これについては、もともとキュウリといっても野菜だけを意味するわけではないので、細長い物体の一部を cetriolo と表現しているんだなと考えるのが正しいでしょう。だとすれば、ナマコも(種にもよるでしょうが)そういう概念に含まれると考えるのもあり得るだろう、と。

 

最後に

 今回はここまでです。例文を音読すると、定着しやすいです。ただし、どっちみち使う機会がないでしょうからすぐ忘れるんですけど。笑

 あ、でも、一回頭に馴染ませたものは、思い出したり、次に覚えようとしたときに一度目よりも短時間で可能になると言いますから、やって無駄ってことはないです。

 

 

○ KEN M.I. がおすすめするイタリア語の本はこちらです

 

Su consiglio di KEN M.I.

 

 

 今年開催されたイタリア語検定の問題を、イタリア語検定 1級合格、CILS C1合格の僕が解いたらどうなるのか、というのを試しにやってみました。重視したのは、時間、その次に精度。この場合なにが通常と違うかと言うと、

 

・正解を見つけるための材料探しを最小に止める(さらなる証拠を探しに行かない)

・見直しをしない

 

ということになります。

 その結果、精度を犠牲にするのをどこまで最小化しつつ解答速度をどれだけ最大化できるか、というワクワクする精神状態になることができます。笑

 

 

解いた設問と解答方法

 全ての級共通で、

・筆記のみ

・作文は除外

を対象に行いました。

 また、解答は問題用紙に直接印をつける方法で行い、マークシート記入はしていません。

 

 

2級の結果

 

設問数

  正解数  

正解率  

時間

1問あたり

I

21

  18

86%

4分33秒

13秒

II

9

  9

100%

1分37秒

10.8秒

III

7

  6

86%

6分50秒

58.6秒

合計

37

  33

89%

13分01秒

 

 

 パートI、パートII は、だいたいどの級でもかかる時間は似たようなものになるということが分かってきました。特にパートII では、知識で決まるものがほとんどであるため、特に短い時間で解けることが多いです。もし、逆にパートII の方が時間がかかる傾向にある人は、正解数がどうであれ、知識が不足していると言えます。そういう人は、普段使っている教材から少し離れて、もっと手広くイタリア語に触れることが必要です。知らないうちに、ある一定の範囲内のイタリア語にしか触れていない現状を変えるということです。

 

 パートI で restarsene という表現が出ていました。これは starsene という表現が過去問でも出ていたことがありましたね。また、検定問題以外でも、日常的に普通に使われる表現の一つです。restarsene 自体は僕は触れる機会はありませんでしたが、starsene の件を当てはめて正解することは可能だったなと思います。

 

 パートIII では、自分にはやりようがない設問でのミスがありました。解釈の問題とも言えると思うのですが、筆者と共著の言い方が違うと問題作成者は言いたいんだろうなと思います。最後の問題のことですね、今話しているのは。

 

 先日お話しした「2人は友達である」という設問と筋の悪さでは共通する気もしますが、今回の方がなにか合理的な説明があるような気はします。いずれにせよ、この手の問題は深追いしないで、他の”まともな”問題を軒並み正解していけば十分だと思います。

 

 

 

1級の結果

 

設問数

  正解数  

正解率  

時間

1問あたり

I

21

  19

90%

8分24秒    

24秒

II

9

  6

67%

5分23秒

35.9秒

III

7

  6

86%

11分12秒

1分36秒

合計

37

  31

84%

25分01秒

 

 

 全体としては妥当な得点率かなと思います。パートII の3ミスについては、良くても1ミスまでしか減らせなかったでしょう。soglia という単語は馴染みのあるもので、essere alle soglie という表現も知っていたため、これは仕留めうる設問でした。他のは初めて見る単語または用法だったため、今回解いた時点では正解の可能性はなかったと言えます。もっとも、accudire についてはその後偶然、”教材作り”をしている中で見かけたため、もう少しその作業を前倒しでしていれば正解できていたことになります。この辺は紙一重ですね。

 

 ちなみにパートI の2ミスはいずれも前置詞に関する設問で、うち1つは仕留めうる問題でした。今回の1級のパートI は、これまでと比べると筋の良い出題だけだったと評価しています。一通り普通に知っておく方が良いと言える、無理に深掘りしていない、イタリア語に向き合っている人なら正解できそうな問題でしたね。

 

 

 

まとめ

 不正解の数って、やっぱりそれなりにあるものなんですよね。大事なのは、その原因をちょうどよく分析することだと僕は思います。こう言える背景には、僕は満点を取ることに大した価値を見出していないことがあります。以前いらしたオンラインのイタリア語レッスンの生徒さんの中には、「○級を満点で合格するのが目標です」と言っている方がいらっしゃいました。こういう目標設定は、試験・資格をとること自体が目的になっている人ならいいとは思うんですが、僕はそういう興味は持ちません。

 むしろ理想としては、手広く知識を蓄えておき、だいたい何を聞かれても8割5分以上は正しく理解できるレベルを日頃から目指す、というスタンスを持つことです。

 

 

このシリーズのまとめ(イタリア語検定との付き合い方)

 イタリア語検定はそれを目指して勉強するものではなく、自分が好きなようにイタリア語を学びスキルアップしていくなかで、気が向いたときに受験してみるようなものだ、と僕は思います。言い換えると、寄り道する場所だということです。腕試し、です。もっと言えば、Gioco です。

 

 それから、イタリア語検定の試験の内容はいわゆる4技能の測定の方法とそのバランスに偏りがあると僕は思います。これはまた別の記事としてまとめようと思ってはいるのですが、イタリア語検定の最大の課題は「運用能力についての測定が不足していること」だと僕は常々感じています。だから、イタリア語検定だけを自分のイタリア語スキルの評価軸とすることはあまり良いとは思っていません。

 

 この点、僕は自分の経験上、CILSが最もバランスが取れている試験だと思っています。しかも、そのCILSを、日本ではなくイタリアで受験し合格することが本当の自信につながると思っています。この辺の話はまた改めて記事にします。今回はここまでです。

 

 

○ KEN M.I. のおすすめのイタリア語の本はこちら

 

Su consiglio di KEN M.I.

 

 

 今年開催されたイタリア語検定の問題を、イタリア語検定 1級合格、CILS C1合格の僕が解いたらどうなるのか、というのを試しにやってみました。重視したのは、時間。その次に精度。

 

 この場合なにが通常と違うかと言うと、

 

・正解を見つけるための材料探しを最小に止める(さらなる証拠を探しに行かない)

・見直しをしない

 

ということになります。

 その結果、精度を犠牲にするのをどこまで最小化しつつ解答速度をどれだけ最大化できるか、というワクワクする精神状態になることができます。笑

 

 

解いた設問と解答方法

 全ての級共通で、

・筆記のみ

・作文は除外

を対象に行いました。

 また、解答は問題用紙に直接印をつける方法で行い、マークシート記入はしていません。

 

 

3級の結果

 

設問数

 正解数

 正解率 

時間

1問あたり

I

22 

 20

 91%

4分33秒

12.4秒

II

7

 7

 100%

1分

8.6秒

III

7

 5

 71%

5分4秒

43.4秒

合計

36

 32

 89%

10分39秒

 

 

 第 I 問で触れたいのは、前置詞の本来持つ意味の違いに関する出題をミスったところです。知識は足りていたのですが、最終的には自分の持つ知識と理論を最後の最後で曲げてしまったわけですね。具体的には in と a の違いです。これを letto という”場所”を示す言葉につなげるわけですが、設問上、関連する動詞が dormire だったわけです。この時点で、in が合理的な解答になります。ただ、ここで僕はまず確信が持てなかった。もし仮に結果的に正解していたとしても、確信が持てなかったという事実はすでに僕の限度を示してるわけです。ま、気づけたから手当できるので、そのこと自体はなんとも思っていませんけどね。

 ということで、自分の理解を”やはり”信じていればそれが正しいのだ、と結論づけました。

 前置詞は、英語でもそうですが、やはり動詞との組み合わせが最も大事な要素であり、その次に名詞が何かというのが多少の影響を持つ、ということになるなと改めて思いました。

 

 第 III 問は、ミスのうち1つについては「AさんはBさんの友達である」という聞き方が僕を惑わせましたね。友達とは何か、ということですよ。一旦そう頭の中で繋がってしまった以上、正解には辿り着けなさそうな雰囲気がしますもんね。案の定、その設問は不正解でした。が、こういう落とし方なら「誰でも、いつでも起こりうる」と思うので、気にする必要はないと判断します。

 

 

 

準2級の結果

 

設問数

 正解数 

正解率 

時間

1問あたり

I

21

 20

95%

4分13秒

12秒

II

9

 8

89%

1分50秒

12.2秒

III

7

 7

100%

5分40秒

48.6秒

合計

37

 35

95%

11分45秒

 

 

 第 I 問のミスは、設問を読むのを途中でやめて、中間の段階で生じた「あ、あれを聞きたいんでしょ、はいはい。。」という感じで解答したので、ちゃんと整合するかをみてなかったのが原因でしたね。この手のミスは、時間をかければ減らせるでしょうが、同時に、一定程度までしか減らせないとも言えます。いずれにしても、このスピードで21問で1問こういう落とし方をしただけなら十分です。

 

 第 II 問のミスは、知識不足です。不足と書きましたが、その不足の理由は、単に自分のこれまでの経験の中にそれが含まれてなかったという話に過ぎないと捉えてます。僕はイタリアでトランプで遊んだことがなく、またトランプについて記事を書いたり、そのために語彙を調べたりしたことがないんですね。

 つまりは、僕の生活圏、行動圏のなかにトランプがなかった以上、これはどこまで行っても僕の頭には入ってこなかった可能性が高い。ということで、この設問を落としたことはたいしたことではないと結論づけました。逆に、もし自分の生活圏に十分含まれている言葉に関して落としていたら、それは日頃の重ね塗り不足だと捉えるでしょうね。

 

 

 

まとめ

 不正解というのは、知識不足が原因で発生するだけではなく、設問のポイントを早とちりしたり、設問の趣旨が自分にとってはピンとこなかったり、といろいろな原因で起こりうるということです。

 見方を変えると、少なくとも知識不足が原因で不正解になるケース数だけはちゃんと減らしていかないといけないと言えます。自分の準備不足が原因ですからね。その一方で、それ以外の理由での不正解は、試験という状況を考えれば、一定数は発生してもやむをえないと考えるものだといえます。

 そうなってくると、過去問を解いてみた時に、同じ不正解の問題でもその原因を自分目線で見直しをして、分析の結果次第では「全く気にする必要なし」から「準備不足、情熱不足」までさまざまに色分けする必要があると言えますね。なんでもかんでも真面目に「原因が」「なぜ不正解??」などと考え過ぎても得策ではないでしょう。

 

 

○ KEN M.I.がおすすめするイタリア語の素材はこちら

 

Su consiglio di KEN M.I.

 

 

 今年開催されたイタリア語検定の問題を僕が解いたらどうなるのか、というのを試しにやってみました。重視したのは、時間、その次に精度。この場合なにが通常と違うかと言うと、

正解を見つけるための材料探しを最小に止める(さらなる証拠を探しに行かない)

見直しをしない

ということになります。

 

 昨日5級と4級を解き、今日は3級から1級までを一気に片付けました。そのあと全体を振り返ってみると、「不正解の仕組み」が以前よりももっと具体的に分類できるようになりました。

 

 そこで、試した結果とアドバイスのようなものをみなさんにもお伝えしたいと思います。今日は5級と4級のみです。

 

 

解いた設問と解答方法

 全ての級共通で、

 

・筆記のみ

・作文は除外

 

を対象に行いました。

 

 また、解答は問題用紙に直接印をつける方法で行い、マークシート記入はしていません。

 

 

5級の結果

 結果と時間は以下の通りです。

 

設問数

正解数

 正解率 

時間

1問あたり

I

20  

20

 100%

1分52秒 

5.6秒

II

9

9

 100%

59秒

6.6秒

III

7

7

 100%

3分22秒

28.9秒

合計

36

36 

 100%

6分13秒

 

 

 5級の読解を解いたのは初めてですが、読解の本文は3級や準2級を受験する人たちが作文問題のベース知識にするにはちょうどいい内容だなと感じます。読めるレベルとアウトプット(話す、書く)のレベルに大きな乖離がある方は、参考にしてみるといいのではと思います。

 

 

4級の結果

 

設問数

 正解数

 正解率 

時間

1問あたり

I

22

 21

 95%

2分53秒 

7.9秒

II

7

 7

 100%

1分7秒

9.6秒

III

7

 7

 100%

4分4秒

34.9秒

合計

36

 35

 97%

8分5秒

 

 

 4級では、1問ミスしました。空欄埋めで、最後まで文を読まずに先頭部分だけ見て「これでいいでしょ」と先に進んだ結果でしたね。

 先を急ぐという展開は、結果的には誰でもありえるケースですが、そんなときでも問題を最後まで読んで、選んだ単語が全体に馴染むかどうかの確認は省略してはいけませんね。裏を返すと、そこまでに要する時間以上には急いで解くことはできない、ということですね。

 なお、正解率や時間の合計、平均時間はそれぞれ小数以下を適当に処理しています。

 

 

まとめ

 問題には簡単な問題と難しい問題とがあると考えると、どのレベルの人であれ、簡単な問題はどれくらい短時間で正解できるかがポイントで、難しい問題はひとまず正解できるかがポイントと言えると思います。また、どれくらいのスピードで行うと精度を犠牲にしてしまうのか、またその犠牲はどれくらいなのか、それを一番ちょうど良いバランスでするには、、なども考えてみたいですね。

 検定5級や4級にすでに合格している方でも、そういう意味では、どれくらい短時間でより多く正解できるのか、を試してみるというのも有効なトレーニングだと僕は思います。自分のトップスピードに挑むことでしか気づけないこともありますしね。ぜひ年末年始のどこかで試してみてください。

 

 

○ KEN M.I. のおすすめのイタリア語関連の本

 

Su consiglio di KEN M.I.

 

 

 イタリア語を学んでいるみなさん、今までに一度は考えたことあるんじゃないですか?

 

Numero と Cifra の意味の違い。

 

 ここで、(ときどきいるんですが)Cifra って初めて見た聞いたという方は、続きを読む前に意味を適当に(でいいので)確認してきてください。

 

 さて。

 

 手元に普通の辞書(=イタリア語のみの辞書)がある方は、それぞれの意味をもう一度確認してみましょう。そして、ここが大事なんですが、自分の頭で考えてみてください。両者を分ける分水嶺が果たして見つけられるかどうか、を。

 

 自分の頭で考えてみてからでないと、この先読んでも

1)つまらない

2)なるほど、と思ったとしても、明日には覚えてない(通過して終わり)

のどちらかになりますから。

 

 

で、僕なりの結論をまず言うと、

1)両者の意味(というか守備範囲)には共通するところと、そうでないところがある

2)共通しないところは以下の通り

の2点です。

 

2)については以下の通りです。

 

Cifra:

数字は数字だが、数の概念に照らして、その値の大小関係に注目が集まる場合が多い。言い方を変えると、文脈などにより、その単位が想定済のことが多い。

 

 

Numero:

同じく数字だが、数学的にはこちらが各種用語の中で用いられるという優位性があるのと、日常生活においては数の概念はさほど重要ではなく、住所のように他と区別することが主目的であることが多い。

 

 

 もちろん、辞書を上から下まで読めば上の”定義”からはみ出す部分もあるのですが、全体を満遍なく見渡した限りでは、まぁだいたい上のように言えるでしょう。

 

 

まとめ

 似たような言葉同士の使い方の違いを、いつもとは言わないけど時々くらいは立ち止まって考えてみることができる人は、言語が好きな人なんだと思います。そして、好きな人は無意識に深掘りができる人です。そういう人は「がんばらないと」とか意識しなくてもイタリア語が上達していくはずです。だから、安心してそのまま続けてください。

 

 辞書を読んで意味を確かめて、それを覚える。それだけだと、受け身すぎる姿勢だと僕は思います。ある辞書で意味を確かめた上で、それが今自分の目の前にある文脈でも有効かどうかきちんと考えたり、複数の辞書における解説(定義)を比較してどれが一番自分にとってしっくりくるかを考えたり、といったことを続けていくことが「定着」にもつながると思います。

 

 まぁ、、、あとは「定着」を自分が望むかどうか、ですけどね。

 

 

Su consiglio di KEN M.I.