第41回 市民公開講座 『家族や自分の「もしものとき」に備えておくこと』 | 湘南慶育病院オフィシャルブログ

湘南慶育病院オフィシャルブログ

湘南慶育病院のオフィシャルブログです。


テーマ:

こんにちは!

 

3/19(火)市民公開講座を開催しました。

今回は呼吸器内科の若木先生による、

『家族や自分の「もしものとき」に備えておくこと』の第2回目です。

医師として、急性期病院や在宅診療を行っている病院での勤務経験を踏まえて、

重症の病気等のため意思疎通できなくなった時に備え、

「もしものときはどうしたいって言ってた??」をテーマに、

ACP(アドバンス・ケア・プランニング)

今後の治療・療養について患者・家族と医療従事者があらかじめ話し合う自発的なプロセス

をどのように行い、またどのように実行していくかについてお話いただきました。

 

講演後は看護師と社会福祉士も加わり、参加いただいた方からの質疑応答タイム。

たくさんの質問をいただき、医師・看護師・社会福祉士がそれぞれの専門知識を活かし

回答をさせていただきました。

 

前回同様、医師・看護師・専門相談員による相談会も行いました。

たくさんの方のご参加ありがとうございました!

 

【これからの市民公開講座の日程】  

・4月16日(火)、23日(火) 14:00~15:00

 テーマ:「胃がんは早期発見すれば治る病気ってホント?」

 講師:消化器外科 入野 誠之 医師

 

・5月15日(水)、29日(水) 14:00~15:00

 テーマ:「胆石症・すい臓がん・肝臓がんの病気について(仮題)」

 講師:消化器外科 堀 周太郎 医師

 

(広報室 亀卦川)

湘南慶育病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります