第23回 市民公開講座を開催しました。 | 湘南慶育病院オフィシャルブログ

湘南慶育病院オフィシャルブログ

湘南慶育病院のオフィシャルブログです。


テーマ:

湘南慶育病院 広報室の大金です。

毎日暑い日が続いていますが、皆さん体調はいかがでしょうか!?

本日もお暑い中、ご参加いただきありがとうございますニコニコ

本日は、前回と同様に糖尿病内科の竹川幸男医師と西上郁子管理栄養士の講演をいただきましたマイク

 

 

前回のブログの続きで、本日は西上管理栄養士のお話を!!

「食習慣改善で糖尿病予防!」と題しての講演ですおにぎり

 

糖尿病になる代表的な要因が「食事・肥満・運動不足・ストレス・加齢」と言われています。

今回は、そのうちの食事についての講演でした。

まずは、ご自身の体格を把握しましょう!

そして、ご自分にあったエネルギー量を覚えましょうえー

(1)身長をもとに標準体重を計算します。

   身長(m)×身長(m)×22

(2)標準体重に一定のエネルギー量を掛ける。

   成人で軽作業の人・・・・・25~30kcal

   太っている人、高齢者・・・・・25kcalかそれ未満

実際に「湘南慶太郎さん」の例で計算してみましょう。

 身長が170cm、現体重80kgです。、

 標準体重は1.7m×1.7m×22=63.5kg

 BMIは80kg÷1.7m÷1.7m=27.6

 自分の必要エネルギー量は63.5kg×25~30kcal=1580~1900kcalとなります。

ご自分のエネルギー量がわかったら、摂取量を気を付けましょう。

上のスライドのチェック項目を1つ1つ実践しましょう。

 

食事の順番でも血糖に変わる速度が違います。

 

最初にサラダ、メインディッシュ、ごはんの順番が良いそうです。

適度な飲酒の量は1日純アルコール量で約20gです。

その量に相当するのは、ビールだと中瓶1本、日本酒だと1合など生ビール日本酒

 

まとめ(食習慣改善のポイント)

・できることからすぐにスタート(清涼飲料水をやめる、間食を控える、油を控えるなど)

・基本は朝・昼・夕の1日3食。就寝が近い夕食は軽く、朝食はしっかり食べる。

・間食はなるべく避け、飲酒は適量に。

・つい食べ過ぎてしまった時、どうしても食べたい時があっても連日の過食は避ける。

 

 

ご心配なことがございましたら、是非ご相談ください。

 

なお、糖尿病内科は月・火・水の午前中です。

 

次回の市民公開講座は

8月7日(火)・29日(水) 14時~

「ココが重要!健診結果でわかる病気のサイン」

講師:総合診療内科 椎橋 元 医師  

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

湘南慶育病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります