第21回 市民公開講座 開催しました。 | 湘南慶育病院オフィシャルブログ

湘南慶育病院オフィシャルブログ

湘南慶育病院のオフィシャルブログです。


テーマ:

こんにちは。

湘南慶育病院の大金です。

本日、第21回市民公開講座を開催いたしました。

先週に引き続き、飯ケ谷医師による「戦国武将から考える高血圧診療」ですマイク

本日も沢山の方のご参加ありがとうございました爆  笑

前回の続きですニコニコ

「高血圧の診断」

上の血圧を「収縮期血圧」、下の血圧を「拡張期血圧」といいます。

病院での測定で149/90mmHg以上

ご自宅での測定で35/85mmHg以上を「高血圧」です!!びっくり 

 

また、脈圧が高くなったら要注意ですガーン

脈圧は次の計算式で算出します。

※(収縮期血圧(上の血圧))-(拡張期血圧(下の血圧))=脈圧

 

この脈圧が増大する原因としては

①加齢に伴う動脈硬化②心臓弁膜症③甲状腺機能亢進症が疑われます。

 

高血圧を予防するものは「食事療法・禁煙・十分な睡眠・薬・ストレスを減らす・運動療法」などがあります。

 

食事療法では塩分摂取に気を付けましょう。

 ①塩分制限 6g・・・塩分1gあたり約1mmHg降圧します。

では、減塩のコツとしては

 ①重点的な味付け・・・・全部のお料理が味気無いものではなく1品のみちゃんと味付けをするこ  

  とにより全体の塩分を抑える。

 ②香りや風味で味付け・・・塩や醤油を使うのではなく、、胡椒などを上手く使いましょう。

 ③旨味のある食品を使う.

 ④酢や砂糖で調味

 ⑤減塩醤油を使う

 ⑥味噌は白みそを使う

 ⑦ケチャップやマヨネーズを使う

大変かもしれませんが、上手に調味料を使う事で「脳卒中」や「心筋梗塞」を減らすことができるようですビックリマーク

【まとめ】

①動脈硬化が進む前にきちんとした生活習慣や治療をおこなうことが大事。

②高血圧に対する知識を深めてうまく付き合っていけば怖くない。=高血圧は友達。

③高血圧になり始めが肝心・・・・自宅での血圧測定で高血圧かな?と感じたら是非受診をお勧めしますビックリマーク

 

皆さん、健康寿命を延ばしましょう爆  笑

 

次回は7月10日(火)、7月25日(金)のいずれも14時から

「食事や生活習慣の改善で糖尿病を予防!」・・・講師 糖尿病内科 竹川幸男 医師 の講演です。

どうぞ宜しくお願いいたしますおねがい

湘南慶育病院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります