第20回 市民公開講座 開催しました。 | 湘南慶育病院オフィシャルブログ

湘南慶育病院オフィシャルブログ

湘南慶育病院のオフィシャルブログです。


テーマ:

こんにちは。

湘南慶育病院の大金です。

6月12日(火)に第20回市民公開講座を開催しましたニコニコ

今回は「戦国武将から考える高血圧診療」と題しまして

当院、「腎臓・高血圧内科 飯ケ谷嘉門医師」による講演でしたマイク

 

今回もお暑い中沢山の方にご参加いただきました爆  笑

 

家庭で血圧測定を実施されている方も多くいらっしゃると思いますが

正しく測定していますかはてなマーク

 

<正しく血圧測定するためのポイント>

①寒い所で測定はしない。

②二の腕で測定。二の腕は心臓の高さに。

③1日2回、朝起床時後1時間以内と就寝前。その平均値をとる。

 

戦国武将の”上杉謙信”は、

高血圧性脳出血を発症し49歳で死去されているとのことガーン

※上杉謙信は戦場では負けませんでしたが、病気には負けてしまいましたショボーン

どのような生活を送っていたかというと

①食生活

「酒豪・酒の肴は干物、梅干し、塩やみそ」日本酒おにぎり・・・これら塩分の高い食事は上杉謙信の体に高血圧を引き起こした可能性が高いと考えられていますびっくり

②低い気温

4月とはいえ北陸の厠の気温はかなり低いと考えられ、「寒さ」により急激に血圧が上昇した可能性が考えられます雪の結晶雷雨

③ストレス

戦国武将であることから日常的に命の危険にさらされ、ストレスの高い状況が続いたことも容易に想像できます手裏剣手裏剣手裏剣

 

戦国武将のみならず、現代社会にも通用しますねビックリマーク

皆さんも塩分の取りすぎ、ヒートショック、ストレスには要注意!!

 

 

血管に問題がある場合も、高血圧を引き起こす可能性が高くなると考えらえれます。

①血管収縮性物質が上がる。血管拡張性物質が下がる。→血圧が上がる上矢印

②血管の内側の細胞が傷つくと血管が収縮する。

③血管の修復を行った後、血管は硬くなり、でこぼこする。・・・動脈硬化。

 動脈硬化が進むと血圧が上がる。→高血圧になる。

 

血圧を決める因子はこのスライドのようです。

 

高血圧をそのままにしておくと

心臓・脳・腎臓・目の病気になる確率が高くなります。

心配な方は是非、診察をお勧めいたします。

講演内容の続きは次回のブログにて記載したいと思います。

待てない方は是非次回の講演会にご参加ください照れ

 

次回6月21日(木)14時~ 同一内容で講演を行いますので

是非、お越しください。

湘南慶育病院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります