本日のシシノバ部技練、お疲れ様でしたニコニコ


今日はちょいとアクティブなアップから始めてみましたルンルン

キック系も回数は少ないけどしっかりやって、カットとヘリコプタードリルもしっかりやって、そしてハイキックもしっかりやるスター



すると…




めっちゃ動けるやんニヤリルンルン

てことは、普段のアップが足りないというアップ不足…

というより、基本的に運動不足やねニヤリムカムカ



アップをトレーニングだと思って、日々やり続けたまえ!



そして、よく大会会場でアップというより練習してる選手を見かけますが、アップと練習は違います注意

ギャラリーの目があって気持ち良く動けるのはわかるけど、本番直前にいつもと違うリズムで動けば上手くいくはずがないし、上手くいった選手を見た事がないグラサン

トップ選手はさすがにそういう危険な事は頭でも肌でもわかってるので絶対にやらないけどね星



てなわけで、しっかりと息が上がるまでアップをしましょう流れ星



宿題は、ダブルクランチと仰向けのパイクとストラドルですよルンルン




スズキさん、そりゃないですよえーん




https://news.yahoo.co.jp/articles/00f05d4c9c37d8c0304ab68519b9a4b2fdb592b8




少し前からこの噂はありましたが、正式にスズキ側が認めてしまったタラー



まだ最終的な決定ではないけれど、ここまで来たら本当に撤退かな…



今年のマシンもライダーも力強いだけに、本当に残念…ショボーンショボーンショボーンショボーンショボーン



エアロビックは大丈夫か?






本日のシシノバ部技練、お疲れ様でしたニコニコ


今日は久々に「エアロビックポジションの捉え」から電球


よく「もっと力を抜いて」とか「脱力」とかの声掛けがあると思うけど、全ての力が抜けるわけもなく、適切な緊張と弛緩のバランスなのです星



そこで本当のリラックスのポジションや「休め」の姿勢や重心で動いてしまったり、逆に安易に「引き上げ」や「アライメント」と呼ばれるものをやってしまうと落とし穴にハマっている人を多く見かけますグラサン



エアロビックポジションの時とそれ以外の時の足裏の体重のかかり方は?


膝と股関節の弾力は?


この「エアロビックポジションの捉え」は、日頃からどのポジションで動いてるかが赤裸々にわかってしまうという恐ろしいメソッドで御座いますニヤリキラキラ



そしてこのエアロビックポジションを常に捉える事が出来らるようになると、エアロビクスが効率良く効果的に動けるようになるし、エアロビック競技でのエアロビックムーブメントも勝手に体が弾むし、ジャンプも理論通りに跳べるようになる!



このポジションで動く事は基本中の基本なので、しばらくはコレをやり続けましょうウインクキラキラ